Street Snap Color - 東京残雪地帯 「銀塩VSデジタル」の争いほど馬鹿らしいものはない

c0035245_23324691.jpg

α7RIII Tokina FIRiN 20mm F2 (MF) 国分寺


学生の頃の一時期、三脚担いでの夜間街頭スナップに凝っていた。ほとんど白黒フィルムで、ちゃんとカラーの夜景を撮るようになったのはデジタル時代になってからだ。フィルム時代の長時間露光は、経験とカンが便りで、腹時計で「1、2、3、4・・・」と露光時間を計っていた。不安なので段階露光もするもんだから、金がかかるカラーフィルムを使うのがもったいなかったというのもある。とにもかくも肉眼で見る光景が浄化される白黒の世界に、さらに長時間露光による異世界が浮かび上がるのが楽しかったのだと思う。

翻って、初めてデジタル一眼レフを手にした時に僕が真っ先に反応したのが、「夜でも簡単に撮れる」ことだった。新聞社の写真部にいた当時、会社支給のニコンD1を持ち帰っては夜の街をほっつき歩き、露出をモニターで確認しながらISO800あたりで手持ち撮影を繰り返したものだ。あまりに楽に夜景が撮れるもんだから、逆に三脚に据えてじっくり撮ることが少なくなったくらいだ。

この冬、そんなことを思い出しながら、その当時買った最初期の安いカーボン三脚を引っ張り出して、残雪残る出張先の夜の街を2時間ばかり歩いた。

c0035245_00003235.jpg

α7RIII FE 55mm F1.8 ZA 国分寺


c0035245_00013342.jpg

α7RIII FE 55mm F1.8 ZA 国分寺


c0035245_00031344.jpg

α7RIII Tokina FIRiN 20mm F2 (MF) APS-C Crop 府中


僕は、APS-CのNEXシリーズからソニーのミラーレスを使っているが、フルサイズのα7も3世代目になって、7RIIIを手にしてからはプライベートではほとんどデジタル一眼レフを使わなくなった(今回掲載している写真を撮った半年後の今はα9を追加して仕事もミラーレスオンリーになった)。シャッターを切る前に露出・被写界深度が見えているのは、腹時計で長時間露光をしていた時代から見ればまさに革命である。写真の本質は技術ではなく感性だと考えているので、技術的な面にはなるべくエネルギーを削ぎたくない。技術はもちろん大事だし、技術の裏付けがなければ感性の表現も表面的なものになってしまうことは十分承知している。それでもやはり、写真家は技術者ではなく、表現者だと声を大にして言いたい。

c0035245_00151398.jpg

α7II Tokina FIRiN 20mm F2 (MF) 国分寺

c0035245_00185924.jpg

α7II Tokina FIRiN 20mm F2 (MF) 国分寺

c0035245_00241008.jpg

α7RIII FE 55mm F1.8 ZA 国分寺

デジタルでカラーでミラーレスで、と言うといかにもデジタルガジェット好きの最新機材原理主義者のようだが、このブログの他の投稿を見てもらえば分かるように、白黒写真はもっぱらフィルムで撮っている。ただし、いわゆるクラシックカメラマニアでもなく、使っている銀塩機材はほとんどが自分が生まれた1970年代以降の新しいクラシックカメラだ。さらに、出力までのことを言えば、フィルムを自家現像した後、フィルムスキャナーとインクジェットプリンターで出力するアナログとデジタルのハイブリッドだ。要は、「銀塩VSデジタル」などという古臭くて野暮な議論には全く興味がなくて、結果的にそうなったという話でしかない。僕の場合は、「結果」を追求したらいつの間にか「カラーはデジタル、白黒はフィルム」に落ち着いただけである。

c0035245_00510558.jpg

α7II Tokina FIRiN 20mm F2 (MF) 国分寺

c0035245_00353950.jpg

α7RIII FE 70-200mm F4 G OSS 国分寺

c0035245_00363990.jpg

α7RIII FE 70-200mm F4 G OSS 国分寺

どちらもちゃんとやってみれば分かるが、アナログの暗室作業が難しくて高尚で、デジタル暗室がなんでも自動的にMacがやってくれるお手軽なものだなんて言うとバチがあたる。そんなことは割と常識だと思っていたが、特にこの国の中高年層には、銀塩>デジタルと言ってはばからない保守的な層(本人たちは資本主義経済の産物である最新デジタル技術を否定しているという点で革新的だと思っているようだ)が多くてウンザリする。いや、確かに、どっちも誰でも極められるような甘いものではないのと同時に、誰にでもチャレンジできる懐が深い表現手法だ。だからこそ、アナログの写真術とデジタル写真術は対立軸にあるのではなく、連続し、入り混じった同一軸にあるものなのだ。

c0035245_00563925.jpg

α7II Tokina FIRiN 20mm F2 (MF) 練馬

c0035245_01013418.jpg

α7RIII FE 70-200mm F4 G OSS 練馬

c0035245_00593408.jpg

α7RIII FE 70-200mm F4 G OSS 練馬

僕は、フィルムで撮った写真を自宅の洗面所でアナログな道具や「勘」をめいっぱい使って自家現像するが、出力は20世紀のデジタル機器であるフィルムスキャナーで、編集は最新の写真編集ソフトで行う。反対に、デジタルカメラにアナログの光学フィルターを装着して、デジタル暗室では出せない効果を狙いつつ、画像編集ソフトで微調整したりもする。僕なんかよりもずっと力のあるベテランなら、もっと高レベルでデジタルとアナログを融合させているであろう。いや、「融合」ですらなく、道を極めている人ほど同じ地平で捉えているはずだ。

c0035245_01022739.jpg

α7II Tokina FIRiN 20mm F2 (MF) 練馬

c0035245_01042395.jpg

α7II Tokina FIRiN 20mm F2 (MF) 練馬

c0035245_01040341.jpg

α7II Tokina FIRiN 20mm F2 (MF) 練馬

そんなわけで、前回の記事(下記リンク)からリニューアルしたストリート・スナップの投稿は、今後もカラーはデジタル、白黒はフィルム写真で埋められていくことになるだろう。


c0035245_01103526.jpg

α7RIII FE 70-200mm F4 G OSS 練馬

c0035245_01115271.jpg

α7II Tokina FIRiN 20mm F2 (MF) 練馬

c0035245_01125843.jpg

α7II Tokina FIRiN 20mm F2 (MF) 練馬

今はまだその境地に達していないが、白黒とカラーの境界も僕の中ではなくなるだろう。そして、街角スナップだ、風景だ、ポートレートだという定形も、意味をなさなくなる。写真芸術の行末は、そんなふうになっていくと思うのだ。

c0035245_01164547.jpg

α7RIII FE 70-200mm F4 G OSS 練馬

c0035245_01174793.jpg

α7RIII FE 55mm F1.8 ZA 練馬

c0035245_01185239.jpg

α7II Tokina FIRiN 20mm F2 (MF) 練馬

by hoq2 | 2018-09-19 23:04 | 写真(Street Snap) | Trackback | Comments(2)

Street Snap B&W - Mere Winter, ちょっとした冬


c0035245_02184507.jpg

Rollei A26 豊科


このところ、プライベート作品の発表の仕方をリニューアルしたいと考えていた。そのため更新が途絶えていたのだが、方針が固まった。本ブログとSNS(facebookを中心にTwitterとインスタグラムにも連携)、そして時々リアルの写真展に参加したりフォトブックを作るということをしてきたのだが、前段のwebベースでの発表方法を整理することにした。

本ブログは、街角スナップの記録をメインにしているが、これまでは1回の撮影行ごとになるべく多くの作品を掲載してきた。それこそ日記的に、自分のための記録を公開しているという形だった。ただ、それだとSNSで今やっている、五月雨式に写真をバラバラと見せるやり方と被る面もある。ブログの役割そのものも時代と共に変わってきていると思うし、こちらの方はもう少し整理したものを掲載していくことにした。簡単に言えば、更新頻度を落としつつ、SNSよりも厳選した写真を掲載していきたい。そして、最終的には、来年あたり個展と写真集に結びつけたいと思っている。

今回から、そんなスタイルで再スタートという感じなのだが、今まで出したものはそのまま残し、未発表分から順次このやり方で吐き出していきたい。また、今までは東京を中心とした都会のストリート・スナップを【21st Century Snapshotman】のシリーズタイトルで、生活の拠点がある長野県の田舎の無人の光景を中心としたスナップを【Nagano Snapshot】としてまとめてきたが、これも変えることにした。撮影場所にはこだわらず、【Street Snap B&W】【Street Snap Color】と単純に白黒とカラーに分けて出していこうと思う。

c0035245_01471157.jpg

Olympus OM4 Zuiko 21mm F4 旧軽井沢


c0035245_02130801.jpg

Contax S2 Planar 50mm F1.4 豊科


c0035245_02164288.jpg

Contax S2 Sonnar 180mm F2.8 安曇野


今回は、今年(2018年)の2月から3月にかけて撮影した白黒スナップからセレクトした。2016年の春から銀塩を再開したのだが、2018年9月の今、だいぶ撮影スタイルが確立してきたように思う。まず、東京から長野県に移住して「人がいない田舎町」を撮るのに慣れ、それなりに手応えを感じてきた。それに伴い、東京に行った時に撮る街頭スナップも少し落ち着いてきたように思う。

c0035245_02421327.jpg

Contax S2 Distagon 18mm F4 安曇野


c0035245_02443903.jpg

Contax S2 Makro-Planar 100mm F2.8 安曇野


c0035245_02461941.jpg

Contax Aria Distagon 18mm F4 東京駅


技術的な面では、白黒はフィルムで撮って自家現像し、フィルムスキャナーで出力、デジタル暗室(Photoshop/Camera RAW)で調整するというハイブリッドなスタイルが定着した。最近は、新規の若い人ばかりではなく、僕のように出戻りでフィルム写真を撮る人も増えているが、コアな人ほどアナログの暗室作業にこだわる傾向が強い。僕の場合は、紙焼きができないわけでも、やりたいけれど時間や金がないということだけでもなくて、これが表現として自分に一番合っていると思うから、あえて積極的に20世紀末の過渡期に行われていたハイブリッドな手法にこだわり続けている。少ないとは思うが、このブログを見てくれた人で同じような人がいたらぜひ、色々と情報交換したり語り合いたいものだ。

c0035245_02522557.jpg

Contax S2 Planar 50mm F1.4 豊科


c0035245_02534930.jpg

Leica M6 Color Skopar 21mm F4 渡良瀬遊水地


c0035245_02570874.jpg

Contax Aria Vario-Sonnar 28-85mm F3.3-4 丸の内


一方でカラーはデジタル専門で、カラーフィルムは一切撮らない。カラー写真の場合はどう考えても現在の高画素デジタルカメラに分があると思うからだ。単純な画質、そして「味」の面でも、僕はカラーフィルムはあまり好きではないし、デジタルのカラー写真は素直に美しいと思う。そういうことも、カラー編の時にあらためて整理して語りたいと思う。

c0035245_03032962.jpg

Contax S2 Distagon 25mm F2.8 安曇野


c0035245_03043610.jpg

Contax S2 Makro-Planar 100mm F2.8 安曇野


c0035245_03053999.jpg

Contax S2 Makro-Planar 100mm F2.8 安曇野


  

by hoq2 | 2018-09-16 03:14 | 写真(Street Snap) | Trackback | Comments(0)

【見直しの高倍率ズーム 】Sony FE 24-240mm F3.5-6.3  雨模様の高幡不動


c0035245_14170033.jpg

Sony α9 FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS (92mm F6.3)


僕は写真は結果が全てだと思っているので、撮影機材に関しては「所有する喜び」だとか、「撮る過程の精神性」みたいなものにはこだわらない。もちろん、「所有する喜び」や「撮る過程の精神性」はよく分かる。それを楽しみたいという心もあるし、シリアスな写真撮影を離れた所ではカメラオタクな部分もある。ただ、なんというか、例えばライカM3やニコンFのモノとしての素晴らしさ、道具としての優秀性は理解しつつも、それが「写真」という結果に結びつかない場合には、どんなに素晴らしいカメラやレンズであっても使用機材の選択肢には入らない。古臭い「銀塩 VS デジタル」という議論もどうでもいい。僕はどっちも撮るし、今はもっぱら白黒写真はフィルムで撮ってデジタル出力するハイブリッドな手法を取っているくらいだ。写真・カメラに限らず、何でも「〇〇は素晴らしい」「〇〇はダメだ」と一言でズバリと言えばキャッチーで分かりやすいのだろうが、真実は複雑で分かりにくいものなのだ。

ただ、唯一の例外が「高倍率ズーム」だった。「高倍率ズームはダメだ」と断言し続け、これまで一度も自分の金で買ったことがなかった。どこかから流れてきたり、家族が買ったものを試してはきたが、どれも満足できる画質ではなかったし、「あえて」を狙った味も感じられなかったからだ。

しかし、先日写真歴30年で初めてその禁を破った。この夏、僕はデジタル機材を長年続いたキャノン一眼レフとの併用からソニーフルサイズミラーレスに一本化したのだが、それに伴って小旅行やちょっとした外出用に高倍率ズームを追加した。その「FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS(SEL24240)」の重厚でソリッドな作りは、従来の高倍率ズームの「安かろう悪かろう」感とは明らかに違った。人の作例を見ても、これまでの高倍率ズーム特有の軽さや雑さが目立たないように感じたので、購入に踏み切った。

c0035245_14545401.jpg


今回は、この24-240で初めてまとまったショット数を撮影した。この日は東京の多摩地区で2、3時間空き時間があり、当初は郊外住宅地の街頭スナップを白黒フィルムと複数の単焦点レンズで撮ろうと予定していたのだが、雨模様となり急遽機材セットをデジタルの高倍率ズームに変更。京王線の高幡不動で途中下車して高幡不動そのものを軽く観光スナップすることにした。条件が悪い中で軽い観光スナップをするのに、高倍率ズームはうってつけだ。ただし、僕は欲張りなので、補助として小型軽量の明るい単焦点(FE55mm/1.8)を組み合わせた。ボディはα9。

c0035245_15065128.jpg

Sony α9 FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS (191mm F6.3)


c0035245_15090198.jpg

Sony α9 FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS (230mm F6.3)


c0035245_15105855.jpg

Sony α9 FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS (160mm F6.3)


例えば写真撮影がメインではない家族や友人との観光や散歩で、ガチャガチャとレンズ交換をするのは野暮だ。かといって画角に制約をかけたくない。そんな時に高倍率ズームはうってつけだ。今回の場合は、「雨時々曇り」というはっきりしない天気の中でレンズ交換をしたり、ボディを2台持ちをするのは嫌だった。高倍率ズームを選んだもう一点の理由は、高幡不動は全く初めてでどういう場所か想像がつかず、焦点距離を限定するのが難しかったからだ。

c0035245_15201556.jpg

Sony α9 FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS (24mm F5.6)


c0035245_15221334.jpg

Sony α9 FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS (28mm F5.6)


c0035245_15243342.jpg

Sony α9 FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS (187mm F6.3)


さて、本レンズで実写してのファースト・インプレッションは、一言「十分に使える画質」。これまでの高倍率ズームは、ピントが合っている部分の描写にも何とも言えないもやもやとした安っぽさがあったが、この24-240は、ピントが合った部分の描写には文句のつけようがない。そこだけ切り出して大口径ショートズームや単焦点の画像と並べても、僕ならどっちがどっちかにわかに当てられないと思う。

一方、ボケ味はやはり、単焦点やショートズームに比べればはっきりと落ちる。F値が暗く被写界深度が深いということを含めての話になるが、ボケ味はすっきりしない。ただ、うまく言葉で説明できないが、荒れているなりに頑張って真面目にまとめている感じがあって、決して単焦点のような透明感はないが、好感の持てるボケにはなっている。周辺光量不足と歪曲収差も比較的目立つが、そこは僕は味として歓迎してしまう方だし、どうしても気になる場合は補正する方法はいくらでもある。F値が暗いためにどうしても開放付近での撮影が多くなるが、それでも周辺部画質の印象は良好だと思う。

c0035245_00373911.jpg

Sony α9 FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS (191mm F6.3)


c0035245_00394079.jpg

Sony α9 FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS (240mm F6.3)


c0035245_00434105.jpg

Sony α9 FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS (178mm F6.3)


ボディ側の話になるが、もう一つ、今回初めて使ったのが、ISO AUTOだ。感度を自動化すれば撮影の幅が広がるだろうなあ、とは思いながらも、今だに「高感度=低画質」という古い感覚から抜け出せず、感度が上がりすぎるのを嫌ってオートは使って来なかった。でも、今回初めてデジタルで開放F値が変わる暗いズームを使ってみると、感度を細々と変えながら撮らないと扱いが難しいことに気づいた。さすがにそれをいちいちマニュアルでやるのは煩わしく、途中からオートにしてしまったというわけだ。暗い林の中でも撮ったが、自動的に設定された最高感度はISO6400。ボディの良さと手ぶれ補正の優秀さにも助けられ、こういう観光写真であれば十分な画質に収まったと思う。今後、明るい条件下であってもこのレンズを使う時はオートにした方が良いだろう。

c0035245_00554859.jpg

Sony α9 FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS (30mm F6.3)


c0035245_00573789.jpg

Sony α9 FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS (62mm F7.1)


c0035245_00591031.jpg

Sony α9 FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS (35mm F11)


c0035245_01002810.jpg

Sony α9 Sonnar FE 55mm F1.8 ZA( F1.8)


僕は中古を安く手に入れたが、FE 24-240mm F3.5-6.3 OSSは、実売10万円前後の高価なレンズだ。高倍率ズームは一般的には入門用レンズという位置づけで、新品価格は2〜5万円台、型落ちの中古なら数千円から手に入る。つまり、この24-240は「高級高倍率ズーム」という新しいジャンルのレンズだと言っていいだろう。よく写って当たり前、大きくて重くて高いのは仕方がないという結論は乱暴すぎるか。

いくら「高級」だといっても、高倍率ズームの宿命として、大きくボカしたい時にはどうにもならない。そこを補うために今回は55mm1.8をサブで持っていった。実際の使い方は、24-240で撮ったが物足りず、55mmで絞りを開けて撮り直すという流れだった。被写界深度やボケのコントロールは絞りだけでなく焦点距離でも行うもので、その点では高倍率ズームは調整幅が逆に広いのだが、単にボケの量の問題でもない時がある。例えば、なんでもない光景から「空気感」を切り取りたい時などには、単焦点の繊細な描写に頼りたくなる。僕はたくさんレンズを持ち歩くタイプなのだが、これまでは画角をカバーすることばかり考えていた。F値でバリエーションをつけるために複数のレンズを持ち歩くのもアリだということも、今回学んだことの一つだ。

c0035245_01193957.jpg

Sony α9 Sonnar FE 55mm F1.8 ZA( F2.5)


c0035245_01180962.jpg

Sony α9 FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS (169mm F8)


c0035245_01210306.jpg

Sony α9 FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS (240mm F6.3)


c0035245_01221210.jpg

Sony α9 Sonnar FE 55mm F1.8 ZA( F2.5)


いくらいいレンズだとは言っても、せっかくのレンズ交換式カメラに高倍率ズームを「つけっぱなし」はもったいない。シーンや被写体による使い分けがとても大事だ。だから、高倍率ズームは初心者用どころか扱いがとても難しい玄人向けのレンズだという持論は今も変わらない。FE 24-240mm F3.5-6.3 OSSは、ベテランユーザーが分かっていて使う、「一周回って良いレンズ」だと僕は思う。

c0035245_01272105.jpg

Sony α9 FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS (115mm F6.3)



by hoq2 | 2018-09-04 01:52 | カメラ | Trackback | Comments(0)