人気ブログランキング |

【輸入住宅 MAPLE HOMES】 (3) フレンチスタイル

こちらのカテゴリ輸入住宅(MAPLE HOMES)では、メープルホームズ軽井沢さんより依頼を受けて撮影した新築物件の竣工写真を紹介します。

コンセプト・デザイン・部材の一つ一つまでこだわった"本物”の輸入住宅です。また、量産型のいわゆる建売とは違い、「北欧スタイル」「フレンチスタイル」などはあくまでベースになるコンセプトで、施主の要望で一から自由に個々のデザインに仕上げることもできます。詳しくはHPを参照してください。ちなみに、ここで紹介するのは、軽井沢周辺を担当するメープルホームズ軽井沢さんの物件ですが、MAPLE HOMESそのものは全国展開しています。

仕事を離れた一個人としてメープルホームズさんの家に強く賛同するのは、例えばこちらの赤毛のアンの家のように、それぞれの家にストーリーがあることです。ベースになっている「家」のストーリーにそこに住む家族のストーリーが加わることで、文字通りの「マイホーム」になるのです。

物件そのものにつきましてはメープルホームズ軽井沢さんにお問い合わせください。ここでは掲載許可をいただいた写真を紹介しながら、家のことや建築写真について思いついたことを書いていこうと思います。



c0035245_310612.jpg



今回紹介するのは、昨秋に撮影したフレンチスタイルの竣工写真です。

僕はフレンチ・ブルドッグを飼っていますが、フランスの家や暮らしについては、詳しくないです。住んでいたカナダ、イギリスと撮影に通ったドイツの家や暮らしには肌感覚がありますが、フランスはロンドン時代にちょこっとパリや対岸のカレーなどに行ったことがあるだけです。この家は、パリのアパルトマンというよりは田舎の一軒家のイメージなのですが、日本人がイメージするフランスの田舎は、南仏のプロバンス地方が典型と思います。それについても、こういう本でイメージがある程度です。

そういうわけで、今回はあまり自分の肌感覚を出さずにメープルホームズ軽井沢さんと施主さんがコーディネートしたアンティークを中心としたこだわりのインテリアにスポットを当てて撮ってみました。


c0035245_242680.jpg


c0035245_2444267.jpg


c0035245_2455284.jpg



自分としては、繊細なバルコニーの柵や窓の取っ手の瀟洒な佇まいにフランスを感じます。人差し指と薬指と親指をスリスリする(=フランス人がワインの微妙な味わいなどを表現する時によくやる仕草)あのプチ繊細感覚ですね。ドイツや北欧の厚み・カッチリ感、それよりも余裕を持たせたイギリスの大人感とはまた違う世界です。

それだけに、写真のフレーミングもちょっと角度をつけたり、あえて中途半端に対象物を切ったりしてエスプリを効かせた方が良かったかもしれません。上の2枚は、フランス風のものをいつものクセでドイツ風に撮ってしまった。下の写真のような感じがベターかな。インテリア写真の色味は、ふだんならもっと冷涼感がある色調に調整したくなるけど、今回はあえて国産カメラ特有の暖色系に偏ったAWBのママにしてあります。


c0035245_2541117.jpg


c0035245_2593746.jpg


c0035245_321860.jpg


c0035245_382427.jpg


c0035245_3161011.jpg


c0035245_31823.jpg


c0035245_3185757.jpg


c0035245_320118.jpg


c0035245_32169.jpg


c0035245_3215548.jpg


c0035245_32389.jpg


c0035245_3241857.jpg


c0035245_3252250.jpg


c0035245_3261469.jpg


c0035245_3281036.jpg

by hoq2 | 2013-02-11 03:28 | 輸入住宅(MAPLE HOMES) | Trackback | Comments(0)