【21st Century Snapshotman 】ニコンへの回帰2 多摩ニュータウン (2017 6/23)


c0035245_18190931.jpg


前回の投稿で書いたように、Paperpoolでの7月開催のニコンF〜F3で撮影した写真展『EX.F』のために、何十年かぶりにF3を持ち出した。



ちょうど、上のリンクの松原湖での撮影の2日後に東京郊外(昔は「都下」と言ったが、今は「裏日本」同様差別語扱いなようだ。頭の悪い時代である)の多摩ニュータウンで取材があったので、その帰りにF3で追加撮影をすることにした。前回同様、F3&ニッコールだけでなく、OM-4&ズイコーの2台体制である。

c0035245_18331752.jpg


小田急の唐木田駅前からスタート。多摩ニュータウンと言うと、1970年生まれの僕が若い頃は、文字通り新築が建ち並ぶ最新鋭の郊外住宅地というイメージだったのだが、2017年現在は老朽化・高齢化が進む「過去の町」になってしまったようだ。開発は1970年代から90年代にかけて行われたので、築20〜50年の家が多いと考えればさもありなん。とは言っても、やはり現代の時代の流れはあまりに急流すぎる。

駅前に、”シズノ像”が立っていた。シズノ像とは高校時代の仲間内にしか通じないスラングである。シズノさんという80年代後半当時、70年代後半のファッションを貫いていた女子がいたので、その当時から見て一昔前の服装をした女性の彫像をそう呼んでいたのだ。学校の図工室にありそうなこの手の彫像は日本の町角の至る所に建っている。しかし、ほぼ例外なくそのファッションは70年代風で、その他の時代の雰囲気の像はあまり見かけない。こういう彫刻作品を町角に立てるのは70年代特有の流行だったのだろうか?

c0035245_18471596.jpg


c0035245_18482733.jpg


c0035245_18495648.jpg


c0035245_18512756.jpg


c0035245_18531145.jpg


正直なところ、数年前より以前は、こういう新興住宅地に住みたいと思ったことがないし、撮りたいとも思わなかった。国内でのストリートスナップは専ら東京の都心か下町で撮っていたし、国内で住んだことがある場所も少なくとも郊外住宅地ではなかった。だから、この多摩ニュータウンをちゃんと撮り歩いたのは、今回が全くの初めてである。今、なぜ撮れるのかと言えば、このブログで何回か書いているが、6年前に信州の山の中に移住して、人のいない田舎の風景をスナップするトレーニングを積んだからだ。スナップ撮影の幅が広がった結果、食わず嫌いを克服したのだろう。

c0035245_19013354.jpg


c0035245_19023136.jpg


c0035245_19041797.jpg


c0035245_19063768.jpg


c0035245_19073137.jpg


もっとも、自分の中に、こういう「無機質な中に人の営みのぬくもりが見え隠れする」というニュータウン的風景への強いシンパシーがあるのも確かだ。ニュータウンとは言えない都心に比較的近い地域ではあったが、高層団地で子供時代を過ごしたからかもしれない。ヨーロッパへ旅行した際も、歴史的な町並みよりも中心部から外れた郊外住宅地にドキドキしたのも事実である。東京の下町や東南アジア的なぬくもりがある風景が大好きだし、気分を乗せて撮れるのもまた事実なのだが、人には二面性三面性がある。僕の感性の一部にニュータウン的風景を好む性向が巣食っているのは間違いない。ホックニーが描くプールサイドがある情景のイメージが大好きだと言うと伝わるだろうか。

c0035245_19213663.jpg


c0035245_19224644.jpg


c0035245_19234887.jpg


c0035245_19262064.jpg


c0035245_19360463.jpg


c0035245_19374656.jpg


幹線道路を渡る橋を経て団地群から少し離れる。地方都市では、一軒家が集まる新興住宅地も「団地」と言うことを、社会人になって地方に赴任して初めて知った。単に「団地」と言って普通イメージする高層団地は子供の頃のノスタルジーがあってよく撮るのだが、一軒家の「団地」は、日本の風景で最も寡写になるエリアかもしれない。

c0035245_19431702.jpg


c0035245_19442625.jpg


c0035245_19453742.jpg


c0035245_19470777.jpg


c0035245_19483256.jpg


c0035245_19501080.jpg


c0035245_19512527.jpg


c0035245_19524914.jpg


c0035245_19535187.jpg


「団地」を抜けるとゴルフ場が忽然と現れた。住宅地の中にあるゴルフ場というのも、非常にホックニー的な風景である。

c0035245_19563556.jpg


c0035245_19585040.jpg


c0035245_20020644.jpg


c0035245_20030609.jpg


多摩ニュータウン全体では少子高齢化が進んでいると言っても、地方やドーナツ化する都心よりはずっとマシで、今回歩いたエリアでは小学校の児童数は増えているそうである。実は、この撮影前にこの地域のある小学校で取材をしたのだが、そのすぐ向かいに同じ市立の別の小学校が建っていた。いずれも僕が通っていた小規模な23区内の小学校に比べれば超マンモス校である。なおかつ、その2校とも児童数が今の時代に増えているというのだから、驚いた。

c0035245_20094568.jpg


c0035245_20104765.jpg


c0035245_20050655.jpg


c0035245_20114116.jpg


c0035245_20124831.jpg


c0035245_20134649.jpg


そして、戦後の新しい町にも日本古来の神が宿っている。スクラップ&ビルドの文化でありながら、時間的な意味での歴史が長いこの国の不可思議で面白い側面だ。

c0035245_20162501.jpg


c0035245_20175233.jpg


c0035245_20185984.jpg


『EX.F展』には前回の松原湖での撮影行分と合わせて、下のFacebookリンクで紹介した2枚を出品。ニコンって、先鋭的な切れ味はないけど、間違いなくキッチリ撮れるんだよなあ、と再認識した。



【使用機材】
Nikon F3
Ai Nikkor 28mm F2.8 S
Ai Nikkor 50mm F1.4
Ai Nikkor 85mm F2 S

Olympus OM-4
Zuiko Auto-W 21mm F3.5
Zuiko Auto-W 35mm F2.8


    

by hoq2 | 2017-08-31 22:45 | 写真(Street Snap) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://hoq2.exblog.jp/tb/27207492
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。