西白樺湖ー車山(2016 12/18) 

c0035245_21431423.jpg


我が家は車山を下った所にある。間にビーナスラインという絶景の観光道路があり、八ヶ岳・南アルプス・中央アルプス・北アルプス・富士山まで見渡せる。家の窓からも木々の間から八ヶ岳が見え、上の写真のような景色が「ホームグラウンドの風景」である。

今回は、ホーム中のホームである、ビーナスライン沿いの西白樺湖ー車山高原スキー場のハイキングコースを歩いた。前回の八方台でプリムスと飯盒で米を炊いたのだが、芯が残ったので、そのリベンジで昼過ぎに出発してスキー場脇のちょっとした峰で飯炊きをした。

c0035245_21525700.jpg


c0035245_21535833.jpg


天気は快晴。白樺湖の上にそびえ立つ蓼科山もくっきりと見える。ビーナスライン脇からハイキングコースへ入ると、少し積雪があった。人間は軽アイゼンを、マメはゴム風船タイプのイヌグツを装着。

今回歩いたのは下の写真の看板の「30分」とある区間である。

c0035245_21585998.jpg


c0035245_22003100.jpg


c0035245_22012582.jpg


車山・霧ヶ峰は、ちょっと日本離れした草原の山で、眺望がとても良い。夏場はニッコウキスゲの黄色い花やレンゲツツジのオレンジ色がきれいである。拙文だが、以下の記事でその様子を紹介しているので、ご覧いただければ幸いである。



空気が澄んだ冬は、やはり山の眺望が素晴らしい。雪をかぶった八ヶ岳やアルプスは、やはり迫力がある。この地方で自然信仰・山岳信仰に端を発する御柱祭(諏訪大社の式年造営祭)が今も盛んなのも頷ける。




ちなみに下は、今年10月に車山山頂で行われた「小宮祭」の様子。古代の人々も、現代人も、山に神々しさを感じるのは変わらない。

c0035245_22234825.jpg


c0035245_22235735.jpg


横道にそれてしまった。我々の本道は、たった30分のなだらかな歩きだ。今日は山がよく見えるので、ゆっくり写真を撮りながら進む。

c0035245_22263862.jpg


c0035245_22272925.jpg


c0035245_22290078.jpg


c0035245_22301921.jpg


c0035245_22312168.jpg


c0035245_22323319.jpg


c0035245_22333260.jpg


c0035245_22345912.jpg


車山高原スキー場脇の遊歩道とぶつかってから、すぐ脇の小高い峰を目指す。昨年に続き、今のところ暖冬。この時期にしては気温も高く、マメもスヌードとセーターなしでちょうど良さそう。

c0035245_22373714.jpg


c0035245_22402368.jpg


目的地に到着。ここでレトルトカレーを食べる。飯盒の蓋の上で温めるには缶詰の方がよかろうと、レトルトではなく、いなばのカレー缶にした。バーナーの風よけは間に合わず。とにかく前回よりも蒸らし(寒いのでとろ火で蒸らす)を長めにしたら、今度はおいしく炊けた。

c0035245_22494824.jpg


c0035245_22463679.jpg


c0035245_22475585.jpg


c0035245_22484865.jpg


c0035245_22481521.jpg


さっさと食べて帰路につく。そういうグルメがあっても良いのだ。同じ道を戻るが、日が傾いて山の趣きが変わっていた。実は、終点に着いてから軽アイゼンが片方外れているのに気づき、スキー場近くまで延々と戻って拾いに行った。結局2往復近く歩いた。しかし、そのおかげで夕暮れの光に浮かび上がる八ヶ岳や南アルプスを撮ることができた。何事もプラスに生かしたいものだ。

c0035245_22542239.jpg


c0035245_22553942.jpg


c0035245_22564079.jpg


c0035245_22573843.jpg


c0035245_22582240.jpg


c0035245_22591729.jpg


c0035245_23000678.jpg


c0035245_23005216.jpg


c0035245_23013027.jpg


【使用機材】

                

by hoq2 | 2016-12-27 23:04 | 登山・スノーシュー | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://hoq2.exblog.jp/tb/26271512
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。