【ましかく写真】Rolleiflex SL26 ― レンズ交換式インスタマチックカメラを再生


c0035245_22582916.jpg


スクエア・フォーマットに凝っている。135フィルムによる「ましかく写真」を、一般的な35mm判の作品に混ぜ込んでいくということを最近始めた。いったん銀塩写真をやめた際にハッセル一式を売ってしまい、本格的にブローニーを再開するのは色々と大変なので、35mm判のモノクロフィルム作品やデジタルのカラー作品の中に、小さな正方形の写真を混ぜていくことにしたのだ。

それはつまり、どういうことかというと、かつて存在した126フィルムを使う「インスタマチック」という規格のカメラを復活させるということであった。その第一弾として、防湿庫に眠っていた『ローライA26』というコンパクトカメラを現行の135フィルムを126カートリッジへ詰め替えることによって、今の世でも継続的に撮れるように試行錯誤した。それが、前回のこの「カメラ」カテゴリーにエントリーした記事である。

そして、今回は、より本格的なレンズ交換式のインスタマチックカメラ、『ローライフレックスSL26』の復活顛末記である。126フィルムや詰替え利用の基本的なことについては、前回のA26の記事に詳しく書いてあるので、興味がある方はまずは下記のリンクからそちらの記事に目を通していただきたい。

【126フィルム インスタマチックでスクエアフォーマット】 ローライ A26復活への道

c0035245_23165553.jpg


c0035245_23213969.jpg


さて、このローライフレックスSL26は、同じローライのA26よりも、さらに高級路線の126カメラである。カートリッジ式の簡単セットの126フィルムを使うカメラは、1960-70年代におもに女性やファミリー層などのライトユーザー向けに作られた。今で言うコンデジの路線である。最も力を入れていたコダックはトイカメラに近いモデルが多かったが、ローライの2機種、特にSL26はツァイス・イコンのContaflex126と並んでクラス最高級機種と言っていいだろう。ほとんどの126カメラが目測ピントのコンパクトカメラだったのに対し、SL25はレンズシャッター式一眼レフで、28mm、40mm、80mmとレンズ交換ができる。レンズの後群はボディに固定、前群のみ交換する方式で、贅沢なことにいずれもツァイス製のテッサー(Tessar 40mm/2.8 と「前群」を意味するPro-Tessar 28mm/3.2 & 80mm/4)である。だから、小さな手のひらサイズのカメラとはいえ、写りは折り紙つきだ。

追針式露出計内蔵のマニュアル露出で、最速シャッタースピードは1/500。A26に加えてSL26も使いたくなった理由は、レンズ交換式であることと、マニュアル露出であることにより、より正確な露出制御ができるためだ(A26はプログラムAEのみで露出補正もきかない)。コンパクトなA26は、サブカメラとして使ったり、プライベートな記念写真撮りにはとてもいのだが、「ましかく写真」を中心に撮りたいと思った時に、メイン機に求めるものとして、この2つの要素は絶対であった。

c0035245_23532456.jpg


それにも増して、インスタマチックカメラのことを調べているうちに初めて知ったこのカメラの流麗なデザインに、一目惚れしてしまった。こんな美しいカメラは見たことがない。デンマークから取り寄せたこの交換レンズ3本セットの個体は、機能万全、外観もほぼ無傷の良品であった。早速空シャッターを切ると、小さなボディから「バコン!」とハッセルばりの全力のシャッター音。実に心地よい。

そして、テスト用の135フィルムを空の126カートリッジに詰めてテストしてみると・・・シャッターが降りない。巻き上げはできるが、シャッターボタンが物理的に押せないのだ。どうやら、ボディ側のフィルム送り用のポッチがパーフォレーションにしっかりはまらないと、シャッターチャージができない仕組みになっているようだ。説明書には、コマダブリや多重露出のトラブルが起きない機構になっていると書いてあるのだが、その親切機能が、詰め替え利用ではアダになってしまった。実は事前に海外サイトをチェックして、「フィルムは送れるがシャッターがチャージできない」という問題の概要は掴んでいた。SL26を詰め替えで再生している例はネット上にはほとんどない。

c0035245_00092609.jpg


巻き上げレバーを巻き上げると、上の写真の赤丸で囲ってある突起物がパーフォレーションに引っかかり、フィルムを送るわけだが、これがしっかりパーフォレーションにはまらないと次のシャッターがチャージされない仕組みなのだ。下の写真のカラーネガが本来の126フィルムなのだが、このように等間隔で1コマにつき1つ大きめの穴が空いていると、前記の機構が働くのだが、135フィルム(下の写真のモノクロフィルム)だと穴の間隔も大きさも違うので、適当に引っかかってフィルム送りはできるものの、シャッターチャージまではされないということのようだ。

c0035245_00142766.jpg


ならば、理屈としては、135フィルムのパーフォレーションを6コマごとに間を切り欠いて穴を広げればうまくいきそうだ。しかし、それを暗室で手探りでやるには、精巧な治具を自作しなければなるまい。そして、その僕にはその技術はない。ならば、全てのパーフォレーションの間にカッターで切り込みを入れれば良いのでは?それならフリーハンドの手探りでもできそうだ。早速実験すると、シャッターは切れた!だが、これは結局、上側のパーフォレーションの部分をほぼ切り離すということであり、ラボの機械現像ならば問題ないかもしれないが、僕の場合はモノクロフィルムの小型タンク現像(自家現像)が主である。パーフォレーションの片側が切れたり切れかかっているようなフィルムでは、タンクリールに巻くことができない。

その解決策として考えたのが、「パーフォレーションの間に、1コマ置きにカッターで切れ込みを入れる」という方法。「パーフォレーション部分がフィルムから分離しない範囲で、突起がハマる確率を最大限に上げる」という理屈だ。まずは、ジャンクフィルムを使って目で見ながらやってみると、うまく行った。ちゃんと巻き上げてシャッターも切れるし、リールにも巻ける。じゃあ、これを手探りでダークバッグ(チェンジバッグ)の中でできるかというと、練習すればできそうな感じ。パーフォレーションにカッターの刃を沿わしていくとカタカタという手応えがあるので、一コマおきに力を入れて切り欠いていけばいいのだ。適当な定規を作って何度か練習してから、本番フィルムを1本作ってみた(135フィルムの126カートリッジへの詰め替え方は【126フィルム インスタマチックでスクエアフォーマット】 ローライ A26復活への道 を参照)。

c0035245_00360527.jpg


↑ダークバッグの中で自作の定規状のものにフィルムを挟んで手の感触でパーフォレーションの間にカッターで切り込みを入れていく。こういうかなり適当な治具でもどうにかなるので、器用な方は是非、126フィルムと同じ間隔で大きい穴を作る治具を作ってみてはいかがだろうか?成功したら、ぜひ、ご報告願います。

で、「1コマおきの切れ込み」によって、初めてSL26で撮れた写真がこんな感じ。135フィルムを詰め替えると、パーフォレーションが上下にあるために、上のパーフォレーションは絵に重なる。これも良くて、僕はインスタマチックにこだわるのだ。↓

c0035245_00454333.jpg

Rolleiflex SL26 Pro-Tessar 28mm F3.2 Ilford HP5 Plus(135→126)

c0035245_00504427.jpg

Rolleiflex SL26 Pro-Tessar 80mm F4 Ilford HP5 Plus(135→126)

下がこの最初のネガ。コマ飛び、コマダブリが激しいのは切れ込みが甘いのと、巻き上げの力加減などカメラの操作に慣れていなかったせいだ。これもLomography的な味と見れば、これでOKだし、もし確実にコマダブリを避けたければ、僕がA26でそうしているように、1コマ飛ばし(1枚撮るごとにレンズキャップをつけて空シャッターを切って、フィルムを送り、次のコマを撮る)をすればいい。下の2枚目の写真のネガが、1コマ飛ばしで撮ったものだ。それ用のレンズキャップセットも作った。3本のレンズがいずれも口径が違うのがちょっと不便ではある。

c0035245_01032329.jpg


c0035245_01080031.jpg


c0035245_01103774.jpg


僕のこのラフなやり方は、「カッターで傷をつけてしまってもPhotoshopできれいにするからいいや」という、フィルム現像の後がデジタル暗室であり、なおかつある程度後処理の技術を持っていることを前提としている。また、126フィルムは後期のものは24枚撮りが多いが、詰め替えの場合はかなりキツキツ巻かないとカートリッジに収まらない。僕は巻き上げトラブル防止と、切れ込みを入れる作業を楽にするために12枚撮りオンリーにしている。だから、1コマ飛ばしにすると6枚撮りになってしまう。広い暗室と精巧な治具があればきれいに24枚撮りのネガを作ることも理屈としては可能だが、カートリッジも10個ほど確保したし、僕は今のやり方でしばらく続けていくつもりだ。1枚ずつ大事に、「バコン!」と撮っていくのは、とても楽しい。

c0035245_01215354.jpg

Rolleiflex SL26 Pro-Tessar 28mm F3.2 Ilford FP4 Plus(135→126)

c0035245_01242363.jpg

Rolleiflex SL26 Tessar 40mm F2.8 Ilford FP4 Plus(135→126)

c0035245_01264489.jpg

Rolleiflex SL26 Tessar 40mm F2.8 Ilford FP4 Plus(135→126)

c0035245_01283297.jpg

Rolleiflex SL26 Pro-Tessar 28mm F3.2 Ilford FP4 Plus(135→126)

c0035245_01311563.jpg

Rolleiflex SL26 Pro-Tessar 28mm F3.2 Ilford FP4 Plus(135→126)

c0035245_01322855.jpg

Rolleiflex SL26 Tessar 40mm F2.8 Ilford FP4 Plus(135→126)

僕が、今スクエア・フォーマット、しかも6x6ではなくて126にこだわるもう一つの理由は、Instagramである。まだ始めて間もないのだが、とても現代的なSNSで、写真を1枚パッと世界中の人に見せたい時には重宝する。外部アプリを併用すれば横位置も縦位置も投稿できるのだが、デフォルトはスクエアである。これは、前世紀の「お手軽写真」であるポラロイドとインスタマチックへのオマージュだとのこと。Instagramは、スマートフォンでの閲覧が前提なので、フィルムに当てはめれば小型サイズのスクエアになるという感覚は、なるほど、と思う。126の正当な後継者がInstagramだということを知ったのは、A26とSL26を再生した後のことではあるのだが、Instagram方面から引力が働いたのは間違いない。

c0035245_01435844.jpg

Rolleiflex SL26 Tessar 40mm F2.8 Ilford FP4 Plus(135→126)

c0035245_01462562.jpg

Rolleiflex SL26 Pro-Tessar 28mm F3.2 Ilford FP4 Plus(135→126)

c0035245_01475691.jpg

Rolleiflex SL26 Pro-Tessar 28mm F3.2 Ilford FP4 Plus(135→126)

c0035245_01493324.jpg

Rolleiflex SL26 Pro-Tessar 28mm F3.2 Ilford FP4 Plus(135→126)

c0035245_01504795.jpg

Rolleiflex SL26 Pro-Tessar 80mm F4 Ilford HP5 Plus(135→126)

c0035245_01525934.jpg

Rolleiflex SL26 Pro-Tessar 80mm F4 Ilford HP5 Plus(135→126)

c0035245_01535836.jpg

Rolleiflex SL26 Tessar 40mm F2.8 Ilford FP4 Plus(135→126)

c0035245_01551128.jpg

Rolleiflex SL26 Tessar 40mm F2.8 Ilford FP4 Plus(135→126)

まさにミニ・ハッセルという形容がぴったりのSL26だが、小型軽量な点を生かして、田舎の村や地方都市を散歩しながら「人のいない風景」をゆっくりスナップするのに、うってつけのカメラだ。A26とうまく使い分けて、こちらも自分の個性を主張する道具として熟成させていきたい。

c0035245_02021666.jpg

Rolleiflex SL26 Tessar 40mm F2.8 Ilford FP4 Plus(135→126)

c0035245_02040328.jpg

Rolleiflex SL26 Pro-Tessar 80mm F4 Ilford HP5 Plus(135→126)

c0035245_02050911.jpg

Rolleiflex SL26 Pro-Tessar 28mm F3.2 Ilford FP4 Plus(135→126)

c0035245_02063050.jpg

Rolleiflex SL26 Tessar 40mm F2.8 Ilford FP4 Plus(135→126)

c0035245_02081825.jpg

Rolleiflex SL26 Pro-Tessar 80mm F4 Ilford HP5 Plus(135→126)

c0035245_02092024.jpg


c0035245_02102859.jpg


      

by hoq2 | 2016-08-11 15:08 | カメラ | Trackback | Comments(9)

トラックバックURL : https://hoq2.exblog.jp/tb/25890532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pneu_matic at 2016-09-08 21:30 x
はじめまして。
先日Instamatic reflexを入手し、同様の問題で悩んでいました。機構が精緻であるぶんパーフォレーションの誤魔化しがきかず、なかなか対策が進みません。とても参考になりましたので御礼申し上げます。裏紙の穴と拡張した穴の位置合わせはどんな感じでされているのでしょうか?
Commented by hoq2 at 2016-09-09 00:43
仲間がいて、嬉しいです!
実物は見たことがありませんが、Instamatic reflexもほぼ同じような機構のようですね。裏紙の穴と拡張した穴の位置合わせは、私の場合はやっていません。その代わりに、パーフォレーションに一コマ置きに拡張(単にカッターで一直線の切り込みを入れているだけです)する=必要数よりも多めに拡張することにより、当たる確率を上げるという考え方です。このやり方だと時には、コマダブリが置きたり、2コマ分以上巻かないとシャッターが降りないときがありますが、「空シャッターをはさんで1カット飛ばしで撮る」こととの組み合わせで、「撮影枚数が少なくなってもよいから、確実にダブらずに1枚ずつ大事に撮る」という感じで使ってます。
Commented by カカオ at 2017-02-11 13:01 x
特にデザインに魅かれ、このカメラが欲しくて、たまに検索しているとオクで見かけるんですがカビレンズ等で程度の良いものに合えないで居ます。またフィルム調達の難点もあってオブジェにしておくだけでは忍びなく落札に躊躇していました。
貴殿の研究・工夫を拝見して感嘆し、また食指が動いてきました。
今後とも宜しくお願いいたします。

Commented by hoq2 at 2017-02-19 09:32
> カカオさん
ありがとうございます。使い方しだいでは、とても良く写りますし、レンズ交換式でマニュアル露出で撮れる唯一無二のカメラですので、重宝します。私は、「1枚の写真のためにフィルム2本撮る」という限定的な使い方ではありますが、webサイトのフォトエッセイの仕事でも使っています(https://thepage.jp/series/473/)。
また、このブログ記事を書いた後、さらに「下部パーフォレーション部を完全に切り落とす」という方法に変え、10〜12枚撮りを可能にしています。そちらについては、FBに書いています。
https://www.facebook.com/kosuke.uchimura.31/posts/932487243528697
カメラについては、私が購入した際はebayでドイツ、イギリスあたりでレンズ3本セットの美品が結構ありました。「撮れない」ので価格も安かったです。国内ではゼロに近いと思いますが、今でも海外にはチャンスがあるのではないでしょうか?
Commented by カカオ at 2017-02-22 23:58 x
有難う御座います。ebayで探してみます。レンズ1本でも良いのが着いていればと思っています。
Commented by Max at 2018-03-07 14:03 x
初めまして 記事を拝見して、SL26を入手しました。送料込みで2100円でした。ヤフオク。程度はそれなりですが、分解清掃を試みます。フィルムは1本2000円前後ですね。自分は、ブローニフィルムから切り出そうと思っています。これからも、記事を楽しみにしています。
Commented by hoq2 at 2018-03-07 22:22
> Maxさん
SL26購入おめでとうございます!それにしても激安ですね。まさかレンズ3本つきとか?私は不器用なのでブローニーの切り出しは自分では絶対にできないと思います。いい冶具を開発したら教えてくださいw

昨年に続いて、祐天寺のPaperpoolさんで35mmスクエア展に参加します。Maxさんもご興味があれば、参加してみては?135フィルムのスクエアフォーマットの公募展です。
Commented by カカオ at 2018-05-15 15:03 x
ご無沙汰しておりました。最近やっとRolleiflex SL26 40mmをヤフオクでゲットしました。貴殿のブログを参考にしながらボチボチやって行こうと思っています。
Commented by hoq2 at 2018-05-17 21:36
>カカオさん
おめでとうございます!今はこのブログ記事の方法から少し変えて、下側のパーフォレーションをロータリーカッターで半分ザックリ切る方法に変えています。何にしろ面倒なカメラですが、他に得難いので、相変わらず仕事にも使っています。
『愛犬10年物語』内村コースケ
https://thepage.jp/series/473/