人気ブログランキング |

蓼科・八子ヶ峰トレッキングコース


c0035245_2124869.jpg


山に住んでいながら、登山やトレッキングはほとんどしないで過ごしてきたが、定住4年目にしてようやく都会暮らしで鈍っていた体が軽くなり、今夏は少し挑戦。登山とまではいかないが、まずは1周2、3時間の近所のトレッキングコースに行ってみた。

梅雨明け最初の土曜日に歩いたのは、八ヶ岳・蓼科山が眼前に広がる八子ヶ峰の稜線を歩くコースだ。私有地である別荘地やスキー場が起点になっているため、外部の人には取っ掛かりがつかみにくい盲点的な場所だ。今日も2組ほどしか行き合わなかった。犬連れで写真を撮りながらという歩きだと、そういうことも割に大事だ。

c0035245_2291265.jpg


c0035245_2332417.jpg


c0035245_2343282.jpg


c0035245_2353716.jpg


c0035245_2375100.jpg


c0035245_238442.jpg


季節は梅雨が明けて夏山シーズン突入といったところ。山はすっかり青々している。夏山は目で見れば絶景でも、写真に撮るとモヤっと物足りない事が多い。そのため、フィルターワークや後処理も難しい。僕はこの分野では「日本っぽくない日本の風景写真」を目指しているが、その模索に時間がかかっている。

c0035245_2402511.jpg


c0035245_2414841.jpg


c0035245_2434287.jpg


c0035245_2451361.jpg


実は、一番きつい登り始めの急登でかなりバテた。ここ最近珍しく体調が悪く、立ちくらみやめまいに苦しんでいたせいもおおいにある。結局、軽い風邪と肩こり由来だったようで、尾根に出てさわやかな風に当たるとだいぶ落ち着いたのだが・・・。

あと、3日くらい前に食べたさる変わり種のカップ麺も疑っている。僕は決して食のナチュラリストではないが、今回ばかりは食べている最中からヤバイと思った。もう言っちゃうけど、湯切り型のパスタ麺である。その瞬間から、体調がおかしくなった。山頂のヒュッテについたころには、その“悪い汗”がだいぶ出きったようだ。

c0035245_2465282.jpg


c0035245_2541671.jpg


c0035245_255289.jpg


c0035245_257096.jpg


c0035245_2574314.jpg


c0035245_2585392.jpg


僕が風景写真を撮るようになったのは山暮らしを初めてからだ。これが思いのほか難しく、奥が深い。自分が撮る風景写真はスナップ要素が強く、決して王道ではないが、それでもストリート・スナップとは違った独特の難しさがある。その具体例を一つ挙げるとすれば、シャッターを切った時に手応えを感じても、家に帰ってMacのモニターで見た時に、全然ダメだったということがかなり多い。

c0035245_341515.jpg


c0035245_354762.jpg


c0035245_364782.jpg


c0035245_381851.jpg


それから、今回は序盤頭がボーっとしていて、なんとなく最後までjpeg撮影で流してしまったが、やはり風景はRAW撮影でいくべきだと思う。スナップやペット撮影はフットワークよくシャキシャキと「切り取っていく」感覚が大事で、それにはjpegの方が良いというのが僕の考えであり感覚である。僕の場合、風景撮影でもあまり待たないで一期一会を重視する。それでも、他の撮影に比べれば、「切り取る」よりも「描き込む」要素が強い。だから、マジメにRAWで行った方がベターであろうと思う。

c0035245_3134489.jpg


c0035245_3144978.jpg


c0035245_3155088.jpg


c0035245_318032.jpg


c0035245_3184074.jpg


というわけで、写真もそうだが、高校山岳部挫折組の自分としては、登山そのものも未だ試行錯誤段階である。

c0035245_3202388.jpg


c0035245_3203347.jpg


【今回使用機材】

  

Contax Carl Zeiss Distagon 18mm F4

Contax Carl Zeiss Sonnar 180mm F2.8 

     

    
トラックバックURL : https://hoq2.exblog.jp/tb/24386812
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hoq2 | 2015-07-12 03:46 | 写真(風景) | Trackback | Comments(0)

(フォトジャーナリスト・内村コースケ)写真と犬を愛するフォトジャーナリストによる写真と犬の話。写真は真実の写し鏡ではなく、写像である。だからこそ面白い。


by hoq2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31