【塩尻・広丘】地方の住宅地という我的新境地

 2011年夏より、長野県・蓼科の別荘地に定住している。土地への理解がゆっくりと深まるにつれ、愛着も湧いてきた。そして、いつしかカメラを手に町に出て、写真を撮るようになった。長年撮っている東京とはずいぶん勝手が違うようにも感じられ、しかし、同時に集中的に通ったベルリンとすら、同じような写真を撮っているようにも思う。
  「そこも、ここも、そことここの間も皆同じ」ーーー。そういう信念があるから、これは長野の町のガイドブック的な紹介ではない。どこにでもあるような物体、通り、風景は、どこにいても気になる。だが、写真というものは撮り手の意志とは関係なく、「記録」し続ける側面もある。だから、いつかこれらの写真がたまったら、何かしらの形でまとめて発表したいと願っている。それがもしかして、50年、100年経って、21世紀初めの「地方」というものの、異端の記録になるかもしれないと夢想する。


このシリーズを、以前HP上で公開した【Tokyo Snapshot】、そして、それをベルリンの写真と合わせて発表した写真集『Berlin+Tokyo』の続編的な位置づけで、【Nagano Snapshot】と名付けました。本ブログでは、内容を絞ってまとめる前段階として、撮影日順にあまり点数を絞らずにアップしていきます。将来のための私的な忘備録代わりという側面もあります。

初めての町を歩くことも、何度も同じ町を歩くこともあります。


※ 各画像はクリックで拡大します( Mac・PC )

c0035245_0421687.jpg

EOS5DMK3 Carl Zeiss Distagon 28mm F2 ZE

恐らく、世界で最もつまらない。日本の地方都市の、それも農村以上県庁所在地未満の中途半端な町の、その郊外の住宅地。いくらつまらない場所好きの僕でも、地方を歩く時は街の中心部か農村・山村か、割にはっきりした場所を選ぶことがほとんどだ。というより、嫌味に聞こえるかも知れないが事実だから言うが、東京育ちの僕には、田舎に「普通の住宅地」があるということが、つい最近まで想像できなかった。

殺伐としたどこにでもあるチェーン店が並ぶ国道沿いの風景。あるいは田んぼの中にポツポツとアパートかなんかが並んでいる。現代日本の農村以上都会未満の風景はそんなもんだと思っていたのだ。でも、あれっ?多摩あたりの住宅地と変わらない町が、そこにあるではないか!・・・ということで降り立ったのが、松本の中心部と塩尻の中心部の間にあるこのあたりというわけだ。JRの駅もあり、いかにも通勤圏の住宅地という感じだ(実際は車通勤がほとんどのようだが)。

c0035245_10467.jpg

EOS5DMK3 Carl Zeiss Distagon 28mm F2 ZE

c0035245_102216.jpg

         α7II Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 ZE

c0035245_1335512.jpg

         α7II Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 ZE

今回は篠ノ井線の広丘駅周辺を歩いたわけだが、「夢のマウントアダプター」を使って、キャノンEFマウント用のコシナツァイス・プラナー50mm1.4をα7IIにつけている。

僕はもともと銀塩時代はコンタックスとニコンを使っていたが、デジタル化後はD2H→EOS1DMK2とキャノンに乗り換えている。デジタル黎明期は、特に色の出し方でキャノンがニコンを圧倒していたように思えたし、ニッコールの重さがデジタル写真には合わないように感じた。その後、ここ何年かは逆転して少し乗り換えを後悔していたわけだが、EFレンズに「絞り環がない」事も、マウントアダプターという概念の登場と共に後悔の理由の一つになった(コシナがツァイスレンズを作り始めた時に、最初はニコンマウントしかなかったので、そこでも後悔した)。

で、ここに来て、キャノンとソニー(α7II)の両刀使いに落ち着いているわけだが、虎の子のコシナツァイス(キャノン用ZEマウント)を、EOSとαで共用するという夢が叶った。信頼できる電子接点付きのマウントアダプターが出回り始めたのだ。リーズナブルな価格と商品説明が良心的に思えたので、僕はSTOKというアチラ製のものを買ってみた。

AFを使わないコシナツァイス目的では、これで十分すぎるほどだ(各AFレンズではAFも効く。ただし、動きは非常に緩慢)。僕の手持ちEFレンズは、純正非純正問わず全て、絞りの電子制御はもちろん、Exifデータもしっかり反映される。ただし、α7IIのライブビューでは絞り値は反映されない(常に開放の被写界深度で見えている)。もっとも、これはEOSの光学ファインダーと同じなので、大きな問題ではない(光学ファインダー感覚で使いたくて、デフォルトのライブビュー設定を「設定効果反映off」にしている人も多いだろう)。

c0035245_2151540.jpg

α7II Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 ZE

c0035245_216526.jpg

         α7II Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 ZE

c0035245_218128.jpg

α7II Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 ZE

今回はαに50mm(プラナーF1.4)、EOSに28mm(ディスタゴンF2)をつけているが、特に街頭スナップにおいては鉄板の画角であろう。写真を始めた高校生の時に使っていたのも、コンタックス版のこの2本だった(もっとも、28mmは2.8の方だったが)。今と逆なのは、高校生当時は28mmが“標準”で50mmが"望遠”だった事だ。今は普通に50mmが標準になっているのだが、そういう使いこなしができるまでにかなり時間を要した。僕にとっては50mmというのは「潔さ」や「確信」がなければ使いこなせない、大人の画角である。

c0035245_2253055.jpg

         EOS5DMK3 Carl Zeiss Distagon 28mm F2 ZE

c0035245_2265393.jpg

         EOS5DMK3 EF85mm F1.8

c0035245_2291760.jpg

         α7II Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 ZE

c0035245_2304231.jpg

α7II Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 ZE

c0035245_2321022.jpg

α7II Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm F3.5

c0035245_2344565.jpg

α7II Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 ZE

c0035245_236381.jpg

α7II Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm F3.5

うーん、「我的新境地」、なんだか電柱と鉄塔ばっかりになってしまったなあ。だって人は歩いていないし(今の世の中、人がいるスナップは撮り方・見せ方に慎重にならなければならず、面倒なのであまり撮らなくなったのだが)、「家」そのものを撮るわけにもいかない(その必然性も全くない)し。特に田舎は「人と違う事」が悪いことだとされているので、「つまらない場所」ほど写真を撮るのも色々面倒なのです。撮って当たり前の観光地や個人主義の海外・東京と正反対と言えば分かってもらえるだろうか。だから、「猫」とか「雲」ばっかり撮る人が多いが、たいていそれは、単に撮りやすい(誰も奇異に感じて不安になって怒ったりしない)からでしかない。

僕も安易な電柱写真家まっしぐらである。つーか、日本、電柱多すぎ!

c0035245_2491516.jpg

 EOS5DMK3 Carl Zeiss Distagon 28mm F2 ZE

c0035245_2504052.jpg

         α7II Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 ZE

c0035245_2513962.jpg

         EOS5DMK3 Carl Zeiss Distagon 28mm F2 ZE

c0035245_2524776.jpg

         α7II Carl Zeiss Jena Flektogon 20mm F2.8

c0035245_2541644.jpg

         α7II Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 ZE

c0035245_255973.jpg

α7II Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 ZE

c0035245_2563783.jpg


【今回使用機材】

    

・Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm F3.5

・Carl Zeiss Jena Flektogon 20mm F2.8


by hoq2 | 2015-04-05 03:07 | 写真(Naganao snapshot) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://hoq2.exblog.jp/tb/23837064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。