人気ブログランキング |

大塚ー巣鴨  ネット時代のストリートスナップの問題

c0035245_2295421.jpg

EOS 5D Mark III Carl Zeiss Planar 50mm 1.4 ZE 絞り優先オート F5.6 ISO200


東京を広い風景として見れば、ヨーロッパの整った街に比べればゴチャゴチャとして醜いという人が多い。しかし、一方でパリやロンドンに住む人の目にはかえってcoolな街に映ることが多いらしい。僕も東京をクールだと思うクチだ。特に写真に切り取るという街頭スナップ的なアプローチで見ると、この街は秀逸である。さまざまな要素が隣り合ってひしめくが、それがミクロ的には整然としている。整然としたものが雑然と集まっているとでも言えばいいだろうか。僕はそれがたまらなく好きである。だから地元なのにいつまでも新鮮だ。

この街を歩く通行人にしても同じで、雑然と整然と多くの人が行き交う。写真を始めた頃からこの街で通行人を絡めたスナップを撮っているのも、人が物体としての街に動きを与え、空気に濃密感を与える心地よさに酔っているからである。

しかし、ネット時代を迎えてこの「通行人を絡めた街頭スナップ」に一種の制限が加わっている。「個人情報」という言葉がいささか乱用ぎみに使われるようになって、特に不特定多数の人がアクセスするネットに「人が写った写真」を上げるのが難しくなっている。「顔」は個人情報ではないという正論も、受け手の感情によっては通じない。それでも僕は「人が写った街頭スナップ」を撮り、細々と発表し続けている。だが、以前に増して非常に気を遣っているのも確かである。

まず、「人」そのものをテーマにした写真は本人の了解がないと載せない。すなわちそれはポートレートであったり、特定の一人の特定の行為がメインテーマになった写真である。ざっくり言えば、何かをしている人、特に変わったことや反社会的なことをしている人をアップでは撮らない(どうしてもな時はその場で了解を取る)。あくまでも背景が主役で街頭風景にたまたま人がいる(入り込んでいる)写真を、撮る段階から志向せざるを得ない。もちろん、ケースバイケースでの例外はたくさんあり、最終的にはシャッターを切る毎の個別の判断が要求される。そして、その結果については全責任を負う。

総論的に言えば、「芸術写真」としての「人が入ったスナップ」しか撮らないということである。今まで経験はないが、何らかの形でクレームが入った場合は「芸術写真です」と堂々と答えるしかない。ベルリンやロンドンで街頭スナップを撮っていた時には、「街頭スナップ」というジャンルの芸術が広く一般に認知されているのを感じた。撮影時の僕の撮り姿を見た通行人から、「ああ、そういうアーティストなのね」と雰囲気で察してくれているのが伝わってきた。誰も文句を言わないし、中にはブレッソンの写真の登場人物のような芸術的なポーズをさりげなく決めてくれる人までいた(それが決して珍しくない)。

東京もここ2、3年でそういう感じに近づきつつあると思う。おそらくSNSの普及と関連しているが、ドキュメント系の写真において「個人情報」を拡大解釈するような人はあまりいなくなったように思う。反対に「撮るな」というオーラをはっきり出す人も多くなった。だから、最初からそういう人を察知したらカメラをしまうことができる。

とはいえ、やはり細心の注意が払えなければ、この時代、街頭スナップを撮るのは難しいだろう。自分の写真についても以前に比べて怖がってしまって、「通行人」に対する踏み込みができていないと自覚する。もっと芸術性を高めなければいけないと思う。

今回歩いた大塚ー巣鴨間は、「人」の濃密感があるエリアである。最近にしては少しだけ通行人に踏み込んでみた。


c0035245_3161220.jpg

         EOS 5D Mark III Carl Zeiss Planar 50mm 1.4 ZE 絞り優先オート F5.6 ISO200

c0035245_3181993.jpg

         NEX-7 SIGMA 19mm 2.8 絞り優先オート F8 ISO200

c0035245_320663.jpg

         EOS 5D Mark III Carl Zeiss Planar 50mm 1.4 ZE 絞り優先オート F2 ISO200

c0035245_3213820.jpg

         EOS 5D Mark III Carl Zeiss Planar 50mm 1.4 ZE 絞り優先オート F2 露出補正-1.3 ISO200

c0035245_3233581.jpg

         NEX-7 SIGMA 19mm 2.8 絞り優先オート F8 ISO200

c0035245_3245510.jpg

         EOS 5D Mark III Carl Zeiss Planar 50mm 1.4 ZE 絞り優先オート F8 露出補正+0.3 ISO200

c0035245_327488.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm 2.8 絞り優先オート F8 ISO200

c0035245_3294035.jpg

         EOS 5D Mark III Carl Zeiss Planar 50mm 1.4 ZE 絞り優先オート F8 ISO200

c0035245_331781.jpg

         EOS 5D Mark III Carl Zeiss Planar 50mm 1.4 ZE 絞り優先オート F4 ISO200

c0035245_3323539.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm 2.8 絞り優先オート F9 ISO200

c0035245_3342063.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm 2.8 絞り優先オート F9 ISO200

c0035245_3353752.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm 2.8 絞り優先オート F14 ISO200

c0035245_3381356.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm 2.8 絞り優先オート F8 ISO200

c0035245_3393341.jpg

         NEX-7 SIGMA 19mm 2.8 絞り優先オート F8 ISO200

c0035245_3401515.jpg

EOS 5D Mark III Carl Zeiss Planar 50mm 1.4 ZE 絞り優先オート F2 ISO200

c0035245_3412017.jpg

EOS 5D Mark III Carl Zeiss Planar 50mm 1.4 ZE 絞り優先オート F2.8 ISO200

c0035245_3432981.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm 2.8 絞り優先オート F5.6 ISO200

c0035245_3453563.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm 2.8 絞り優先オート F2.8 ISO100

c0035245_347148.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm 2.8 絞り優先オート F11 露出補正-0.3 ISO200

c0035245_350230.jpg

EOS 5D Mark III Carl Zeiss Planar 50mm 1.4 ZE 1/50 F5.6 ISO200

c0035245_3514945.jpg

         EOS 5D Mark III Carl Zeiss Planar 50mm 1.4 ZE 1/50 F7.1 ISO200

c0035245_3533176.jpg

EOS 5D Mark III Carl Zeiss Planar 50mm 1.4 ZE 絞り優先オート F5.6 ISO200

c0035245_3544252.jpg

EOS 5D Mark III Carl Zeiss Planar 50mm 1.4 ZE 絞り優先オート F11 ISO50

c0035245_3555384.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm 2.8 絞り優先オート F5.6 ISO200

c0035245_3573433.jpg

         NEX-7 SIGMA 19mm 2.8 絞り優先オート F5.6 ISO200

c0035245_3583869.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm 2.8 絞り優先オート F8 ISO200

c0035245_3594323.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm 2.8 絞り優先オート F8 ISO200



   

    
トラックバックURL : https://hoq2.exblog.jp/tb/20451082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hoq2 | 2013-07-03 04:08 | 写真(Street Snap) | Trackback | Comments(0)

(フォトジャーナリスト・内村コースケ)写真と犬を愛するフォトジャーナリストによる写真と犬の話。写真は真実の写し鏡ではなく、写像である。だからこそ面白い。


by hoq2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30