人気ブログランキング |

【Nagano Snapshot】 原村2( 前編 )  魔がさすことも・・・

 2011年夏より、長野県・蓼科の別荘地に定住している。1年余りが過ぎ、土地への理解がゆっくりと深まるにつれ、愛着も湧いてきた。そして、いつしかカメラを手に町に出て、写真を撮るようになった。長年撮っている東京とはずいぶん勝手が違うようにも感じられ、しかし、同時に集中的に通ったベルリンとすら、同じような写真を撮っているようにも思う。
  「そこも、ここも、そことここの間も皆同じ」ーーー。そういう信念があるから、これは長野の町のガイドブック的な紹介ではない。どこにでもあるような物体、通り、風景は、どこにいても気になる。だが、写真というものは撮り手の意志とは関係なく、「記録」し続ける側面もある。だから、いつかこれらの写真がたまったら、何かしらの形でまとめて発表したいと願っている。それがもしかして、50年、100年経って、21世紀初めの「地方」というものの、異端の記録になるかもしれないと夢想する。


このシリーズを、以前HP上で公開した【Tokyo Snapshot】、そして、それをベルリンの写真と合わせて発表した写真集『Berlin+Tokyo』の続編的な位置づけで、【Nagano Snapshot】と名付けました。本ブログでは、内容を絞ってまとめる前段階として、撮影日順にあまり点数を絞らずにアップしていきます。将来のための私的な忘備録代わりという側面もあります。

初めての町を歩くことも、何度も同じ町を歩くこともあります。



※ 各画像はクリックで拡大します( Mac・PC )


c0035245_13135100.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm 2.8 EX DN 絞り優先オート F8 ISO100 Gradual ND


農業が盛んな村というのはやはり活気がある。人が溢れる都会の活気とは違う。静かに元気があると言ったらいいだろうか。不況下の大都市のような白っちゃけた空疎感がない。前回この村を歩いたのは冬だったが、緑があるとやはりいい。気候がいいので、非常にゆっくりとしたスピードで歩いた。この日は薄曇りだったが、自分のトーンを出すのには多分、快晴より良かっただろう。元気な村そのままの「明るい農村」みたいな写真は嫌だ。


c0035245_143354.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm 2.8 EX DN 絞り優先オート F11 露出補正+0.3 ISO100

c0035245_1445963.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar E 24mm 1.8 絞り優先オート F2 露出補正-0.7 ISO100

c0035245_1472812.jpg

         EOS 5D Mark III Carl Zeiss Planar 50mm 1.4 ZE 絞り優先オート F2 ISO100

c0035245_1501584.jpg

         EOS 5D Mark III Carl Zeiss Planar 50mm 1.4 ZE 絞り優先オート F3.2 ISO100

c0035245_1524245.jpg

EOS 5D Mark III Carl Zeiss Planar 50mm 1.4 ZE 絞り優先オート F8 ISO100

c0035245_231146.jpg


c0035245_25387.jpg

EOS 5D Mark III Carl Zeiss Planar 50mm 1.4 ZE 絞り優先オート F4 露出補正-0.3 ISO100

c0035245_272067.jpg

EOS 5D Mark III Canon EF 85mm 1.8 絞り優先オート F5.6 露出補正-0.3 ISO100

c0035245_29565.jpg

EOS 5D Mark III Carl Zeiss Planar 50mm 1.4 ZE 絞り優先オート F11 露出補正+0.3 ISO100

c0035245_211239.jpg

         EOS 5D Mark III Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm 3.5 絞り優先オート 露出補正-0.7 ISO100

c0035245_2161388.jpg

         EOS 5D Mark III Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm 3.5 絞り優先オート 露出補正-0.7 ISO200

c0035245_2193853.jpg

         EOS 5D Mark III Carl Zeiss Planar 50mm 1.4 ZE 絞り優先オート F5.6 露出補正-0.7 ISO100

c0035245_2212532.jpg

         EOS 5D Mark III Carl Zeiss Planar 50mm 1.4 ZE 絞り優先オート F8 ISO100


さて、ここまで歩いた時点で便意が我慢できなくなり、早足で村で唯一のスーパーに向かう。「もうだめだ」と脂汗を拭っていると、前方からゴースケ(うちの犬)似のかわいい奴が!


c0035245_2261687.jpg


戯れているうちに便意が引っ込む。まさに救いの神だ。2歳のオトコのコ。顔は若いころのゴースケに似ているが、体は倍くらいでかい。飼い主さんは「いや、小さいよ。獣医さんはフレンチにしては小さいと言ってたよ」と言うけれど、でかいです。10年くらい前から日本のフレンチ・ブルドッグは他の犬種同様、どんどん小さくなっている。だから、彼くらいのサイズが本来のスタンダードだと言える。まあ、個体差の大きい犬種だから言い切れない部分はあるけれど、久しぶりにいいフレンチを見せてもらいました。

彼と別れた後、スーパーのトイレへ。用を済ませて洗面台に立つと、立派に膨らんだ財布があるではないですか!手にとって2秒くらい考えましたね。「開けてみて大金が入っていたら持って行っちゃおうか」と。いえ、もちろん中を見ずに店長さんに届けましたけど。夜、持ち主からお礼の電話があり、「助りました」という声を聞いて魔が差さなくて良かったと・・・。竹やぶで一億円拾ったら、どうする???


後篇に続く >>



    

by hoq2 | 2013-06-10 03:36 | 写真(Naganao snapshot) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://hoq2.exblog.jp/tb/20348583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。