【NEX-7】 最終評価 レンズ編 1  SIGMA 19mm 2.8 EX DN

NEX-7を導入してから半年余りが過ぎました。本ブログのおもな主旨は、「写真」という結果を紹介することにありますが、アクセス数が多いのは機材に関することをメインテーマにした記事です。ですが、ファーストインプレッション以降、まとまってボディやレンズを評価した記事を書いていませんでした。このままでは竜頭蛇尾になってしまうので、随時ファイナルインプレッションも書いていきたいと思います。

ボディ編に続き、各レンズについても不定期で上げて行きたいと思います。同時進行でEOS編もやっていきます。


NEXレンズ編の対象は2013年5月末時点で所有している以下のレンズです。

・Sony E 16mm 2.8 (ウルトラワイドコンバーターVCL-ECU1)
・SIGMA 19mm 2.8 EX DN
Carl Zeiss Sonnar E 24mm 1.8
・HOLGA HL(W)-SN 25mm 8
Minolta MC W.Rokkor 35mm 1.8 H-H (ミノルタMC=MDマウント)
・Contax Tessar 45mm 2.8 (ヤシカ/コンタックスマウント)
Sony E 50mm 1.8 OSS
・Contax G Carl Zeiss Sonnar 90mm 2.8 (コンタックスGマウント)
・Canon FD 400mm 3.5 S.S.C (キャノンFDマウント)
・Sony E 18-55mm 3.5-5.6 OSS

(以下EOSと共用 M42マウント)
・Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm 3.5
・Chinon 28mm 2.8 MC
・Auto Chinon 35mm 2.8
・Chinon 55mm 1.7 MC
・Auto Chinon 135mm 2.8
・РУБИHAP ( Rubinar / ルビナー )500mm 8


c0035245_1184932.jpg



さて、レンズ編第一弾はシグマの19mm。ソニーEマウント(NEX)専用レンズです(フォーサーズマウントもあり)。キットレンズ以外で最初に買ったレンズになります。その理由はまあ、安かったからです。広角28mm相当(35mm判換算)に近い単焦点はその当時、これしか選択肢がありませんでした。現在はソニー純正の20mmが比較対象になります。NEXシリーズ初期のキットレンズの16mmもあるじゃないか、とも思いますが、やはり24mmと28mmは世界が違う。僕の感覚では24mmは超広角の仲間なのです。

また、純正の16mmも20mmもパンケーキタイプのレンズです。これも個人的な見解ですが、パンケーキレンズというのは、「薄さ」を実現することが第一で描写性能を犠牲にしているように思います。もちろん、パンケーキレンズ=テッサータイプの固めの描写を個性と見て積極的に使う人もいます。かく言う私もY/CコンタックスのテッサーはNEX用に持っています。しかし、自分にとってはこれらはあくまで「戯れ」に使うレンズで、一軍で使う気はしません。そういう意味では、今もこのシグマが<純正対応広角28mm相当>の唯一の選択肢になります。

ちなみに、僕が使っているのは初代=前モデルになります。現在はモデルチェンジしていますが、デザインが変わっただけで光学的にまったく同じです。  現行品のメーカーサイトはこちら

それから、上の写真のように、フードは非純正の穴あきメタルフードに替えています。八仙堂さんのネットショップで買った安物ですが、造りは結構しっかりしています(しかし、金属の割に異常に軽い)。僕は趣味性の高いレンズにはやたらとメタルフードをつけたがります。まず、プラスチック鏡胴が嫌い(このレンズもそうです)。でも、フードだけでも金属にするとなんか昔の質感のいいレンズみたいな感じになるんですね。

穴あきフードだとなおさらです。レンジファインダー機じゃないので穴の意味がまったくないどころか遮光性も悪くなっているかもしれませんが、いいのです。今のレンズはコーティングがいいのでたいして変わりゃあしませんし、僕はフレアやゴーストは写真の一部と考える方です。でも、「バンパー」としてフードは必ずつけます。昔はそうでもなかったですが、今は保護フィルターもちゃんとつけます。カメラを大事にする余りシャッターチャンスを逃したりしたくないので、カメラをラフに扱う方ですが、その分対策はしっかりしているつもりです。


前置きが長くなりましたが、ここから★5つ採点をしていきましょう。MTF曲線とか周辺解像度の数値とか、そういう評価はしません。あくまで実写を重ねたうえでの私見です。


【描写】 ★★★☆☆ 

シグマらしい非常にシャープで気持ちの良い描写をします。ツァイスレンズほどではありませんが、ヌケも良いです。純正の16mmはなんか昔のネガカラーの写真のようなもっさり感があるのですが、立体感を感じることができる「本格的な」写りです。だから、根本的に良いレンズだと思います。

c0035245_2464282.jpg


c0035245_2504856.jpg


ただ、元が19mmなので28mmに換算して捉えると「広角感」が強い。これはこのレンズの固有の問題ではなく、ボディがAPS-Cサイズだから当たり前の話です。19mmとして見れば歪みが極めてよく押さえられていて、光量落ちも開放からほとんど感じられません。だから欠点とは言えないのですが、ちゃんと28mmしたい時はこのレンズではなく、EOS5D3 + Zeiss Distagon 28mm ZEを持ち出します。なので酷な評価になってしまいますが、個人的にフルサイズの28mm要らずとまではいかないので、★一つ減。

それよりも気になるのが、NEX-7独特の「赤味」がこのレンズとの組み合わせで一番強調されてしまうことです。その赤味を感じなかったり、かえって良いと思う人もいる(むしろ多い?)と思うのですが、僕は条件によってはすごく気になります。例えば下の写真。

c0035245_374487.jpg


左がjpeg・AWB・ピクチャースタイル「スタンダード」で撮ったまま、右がPhotoshopであれこれ調整した画像です。もう、空が紫色になっちゃってます。標識の白もピンク。太陽が画面に入っている酷な光線状態の極端な例ではありますが、コントラストやシャープネスが破綻することなく、非常によく絵を守っているのに対し、色が完璧にやられちゃってる。もちろん、これは根本的にはボディの問題だとは思いますが、他のレンズよりもこの「赤味」が強調される傾向にあるように感じます。NEX-7との相性の問題ですね。順光や曇天でも赤味が強く出る時があります。

後処理でたいていなんとかなるとはいえ、心配しながら使わないといけないので★一つ減。


【AF性能】★★★★★

純正と何ら変わらないと思います。静か、速い。NEX-7のボディのAF性能には一言二言ありますが、このレンズ固有の問題は感じないので減点なし。


【操作感・デザインなど】 ★★★★☆

デザインは、変な金のラインとか入っていなくてとてもいい。ソリッド感があって造りもしっかりしている。ピントリングもプラスチックのAFレンズとしてはトルク感もあって良い。また、リングが太くすべり止め処理がしてあるのは、現行型に対する実用上のアドバンテージではないでしょうか。金属フェチの僕は使ってませんが、付属のフードも一体感のあるデザインでなかなか良いです。僕はいかにもAFレンズな現行品よりもこっちが好きです。

また、振ると中のユニットがカタカタ言うという悪評を聞きますが、確かにいいます。が、普通に使っていて気になったことはありませんし、そういう書き込みなどを見て「そういえばそうだなあ。で、それが何か?」と思うのでこれに対して減点はなしです。

総じて良い感じですが、プラスチックはプラスチックなので★4つ。


【サイズ】 ★★★★★

小さい、軽い。言うことなし。ソニーはなんで20mmを薄型にしたんだろう。既に16mmの薄型があるのに。ともかく、私は本レンズをこれ以上小さくする必要性をまったく感じません。


【総評】★★★☆☆

やっぱり「赤味」が・・・。ボディが変われば★4つかもしれません。


【関連記事】

<ファイナルインプレッション>
【NEX-7】 最終評価 ボディ編
【NEX-7】 最終評価 レンズ編 2  Carl Zeiss Sonnar 24mm 1.8 ( SEL24F18Z )
【NEX-7】最終評価 レンズ編3  Sony E 50mm 1.8 OSS ( SEL50F18 )
【NEX-7】 最終評価 レンズ編 4  Minolta MC W.Rokkor-HH 35mm1.8

<ファーストインプレッション>
NEX-7 買った!【街頭スナップ実践編】 
 NEX 16mm用 ウルトラワイドコンバーター
【NEX-7】 SEL50-F18は「神レンズ」か!?
【NEX-7】真打ち登場 Carl Zeiss Sonnar 24mm 1.8 & Jena Sonnar 135 3.5
【NEX-7】 標準レンズの選択  スカイツリー・押上〜京島 実写編
発掘テッサーで一本勝負
РУБИHAP ( Rubinar / ルビナー )500mmF8 ミラーレンズ
【NEX】 HOLGAをデジタル化
【Nagano Snapshot】 蓼科1 白樺湖 (NEX-7のホワイトバランスに物申す)

おもな作例
写真(Naganao snapshot)  
写真(Street Snap)




 

高級広角レンズ用フード ねじ込み式 Φ46mm

高級広角レンズ用フード ねじ込み式 Φ46mm



【比較対象品】

  

by hoq2 | 2013-05-27 03:45 | カメラ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://hoq2.exblog.jp/tb/20274692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。