人気ブログランキング |

【林間】 Rubinarで森を切る 1

※ 各画像をクリックすると拡大します


c0035245_12330100.jpg


僕が住む別荘地は、渓流と林間の風景に囲まれています。渓流はこの春から撮っているのですが、林間の写真はまだでした。新宿の中古屋で見つけたルビナー(ルビナール)という旧ソ連製の500mmミラーレンズ(レフレックスレンズ)がこの用途にぴったりと思い、今回初めてルビナー一本で別荘地散歩撮影をしてみました。ボディは、下の記事のテスト撮影時はNEX-7でしたが、今回はEOS5DMK3を使いました。

レンズの説明とテスト撮影の記事はこちら

500mmで散歩写真?キトクなことですが、これが森の中ではなかなか良いのです。小型軽量のミラーレンズの使い方として、一つの提案になれば。また、マウントアダプターのおかげで最新のデジタルボディでリマスターできるからこそ、可能なことなのかもしれません。ルビナーは、シャープネスやボケ味など基本的な素性は抜群のレンズなのですが、カラーバランスやコントラストは無茶苦茶。後処理必須なのです。今回は調整作業の利便性を考えてRAW撮影をしました。

撮影方法は、「犬の散歩のついで」。犬(ゴースケ/フレンチ・ブルドッグ)のリードをベルトに固定、両手をフリーにしてカメラには常時一脚をつけています。ミラーレンズとはいえ、500mmともなると手ブレのリスクもそうですが、手持ちだとピント合わせもままならないのです。一脚でもそれなりにハードですが、そこは1カット6コマ/秒の3~5連射でカバーします。ここでもまた、現代のボディとの組み合わせが撮影の幅を広げてくれるのです。

それから、今回から画像クリックでポップアップして拡大表示できるようにしました。

拡大サイズは横写真・縦写真ともに長辺が1200pixelにしてあります。とりあえずは、横位置の写真を僕の環境(imac 20インチ)に合わせたサイズです。環境によっては大きすぎるかもしれませんし、縦位置の写真はスクロールしないと見れません。また、例によってスマホやケータイのことは考えていません。それも含めてトライ&エラーをしながら詰めて行きたいと思っています。

やっぱり写真は大きく見せたいですよね。


c0035245_2103275.jpg


c0035245_2153811.jpg


c0035245_2161315.jpg


c0035245_216257.jpg


c0035245_2163764.jpg


c0035245_2204347.jpg


c0035245_221286.jpg


c0035245_2221095.jpg


c0035245_2242544.jpg


c0035245_225125.jpg


c0035245_226148.jpg


c0035245_2265379.jpg


c0035245_2274532.jpg


c0035245_2284963.jpg


c0035245_2292734.jpg


c0035245_2302710.jpg


c0035245_231883.jpg


c0035245_2315181.jpg


c0035245_2334785.jpg


c0035245_2344142.jpg


c0035245_235545.jpg


c0035245_2352682.jpg


c0035245_2354340.jpg


c0035245_236557.jpg


c0035245_237633.jpg


c0035245_2373722.jpg




   

 

by hoq2 | 2013-05-15 02:37 | 写真(風景) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://hoq2.exblog.jp/tb/20187573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。