【NEX】 HOLGAをデジタル化

c0035245_2355027.jpg


2000年代の銀塩ーデジタル過渡期にトイカメラが流行った。その代表的な運動がLomographyだ。オーストリア生まれのLOMOというトイカメラを使った写真が流行の発端だった。あえてきれいに撮れないカメラで撮った周辺光量落ちがあったり、フィルムのパーフォレーションが被ったような「ヘタウマオシャレ」な写真が、「非写真家的写真家」の間で流行ったのです。それは、深い考察と経験、技術に裏打ちされた写真家の写真に対し、インスピレーションのみで撮るというパンクロック的スタンスであったように思う。

AKBを見るまでももなく、素人>プロという傾向が顕著な日本のポップカルチャーとの親和性は特に高く、女子や写真をバックボーンにしていないデザイナー系の自称写真家の間で大流行になったのです。日本人がTwitterにアップする写真は、猫も杓子もInstagramでフィルター加工した写真だという現状を見れば、デジタル時代になってもこの流行は今も続いていると見るべきでしょう。

LOMOと共にLomographyでよく用いられるカメラが香港生まれのHOLGAだ。120フィルムを使うオモチャの中判カメラなのだが、これと同じレンズがNEX用とフォーサーズ用の交換レンズとして2000〜3000円で売られているのを知り、LOMOグラファーであった妻へのプレゼントとして買ってみた。

とりあえず自分のNEX-7につけてみる。


c0035245_345563.jpg



25mm (37.5mm相当)、F8固定。オリジナルのHOLGAは素通しのファインダーのため、ピントは距離表示に合わせてアバウトに合わせる方式だが、NEXにつければ普通のMFレンズと同じようにピントリングを回し、ファインダー像で正確なピント合わせができる。ただし、ピントリングは異常に固い。

そして、今日、車のタイヤ交換で町に出たついでにちょこっと撮ってみた。これまでLomographyをしようとしなかっただけで、やれば一応は撮れるんです。Lomography「しか」撮れないのと、Lomography「も」撮れる、この両者には決定的な違いがあると思うのです。


c0035245_3133039.jpg


c0035245_3151737.jpg


c0035245_3161872.jpg


c0035245_31787.jpg


c0035245_3174946.jpg


c0035245_3184088.jpg


c0035245_3192334.jpg


c0035245_3195321.jpg


c0035245_3202679.jpg


c0035245_321812.jpg


c0035245_3213832.jpg


c0035245_3221063.jpg


c0035245_3223986.jpg


c0035245_3231314.jpg


c0035245_32401.jpg


c0035245_3243173.jpg



ミラーレンズの回でも書きましたが、レンズの特殊な表現に頼った作品は、写真を理解している人間からすれば陳腐に見えてしまうものです。このレンズもInstagram同様、どんなつまらないものでも、どんなにヘタクソな写真でも、一見素敵に撮れてしまいます。だから逆に、普通のカメラよりもずっと難しい。見透かされない作品が撮れる人は、やっぱり写真がうまいのです。HOLGAは、素人でも素敵な写真が撮れる魔法のカメラではないのです。

このNEX用レンズを買おうとしている人に忠告。NEX-7ユーザーは要注意です。NEX-7にマウントアダプターを介してレンジファインダー用広角レンズをつけた時に出る例のマゼンダ被りが、このレンズでは特に盛大に出ます。それも含めてLomographyということではあるのですが、単純に気持ち悪いのでここに載せた写真はかなり補正しました(しかし、完全には補正せず「味」として少し残しています)。このマゼンダ被りはNEX-3、NEX-5の方が出にくはずなので、そっちで使う方が良いでしょう。

【ファイナルインプレッション】  

【NEX-7】 最終評価 ボディ編
【NEX-7】 最終評価 レンズ編 1  SIGMA 19mm 2.8 EX DN
【NEX-7】 最終評価 レンズ編 2  Carl Zeiss Sonnar 24mm 1.8 ( SEL24F18Z )
【NEX-7】最終評価 レンズ編3  Sony E 50mm 1.8 OSS ( SEL50F18 )
【NEX-7】 最終評価 レンズ編 4  Minolta MC W.Rokkor-HH 35mm1.8

【関連記事】

NEX-7 買った!【街頭スナップ実践編】
【NEX-7】 SEL50-F18は「神レンズ」か!?
NEX 16mm用 ウルトラワイドコンバーター
【NEX-7】真打ち登場 Carl Zeiss Sonnar 24mm 1.8 & Jena Sonnar 135 3.5
【NEX-7】 標準レンズの選択  スカイツリー・押上〜京島 実写編
発掘テッサーで一本勝負
РУБИHAP ( Rubinar / ルビナー )500mmF8 ミラーレンズ
【林間】 Rubinarで森を切る 1
【Nagano Snapshot】 蓼科1 白樺湖 (NEX-7のホワイトバランスに物申す)

おもな作例
写真(Naganao snapshot)  
写真(Street Snap)


    

by hoq2 | 2013-04-13 03:37 | カメラ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://hoq2.exblog.jp/tb/19833341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。