人気ブログランキング |

【Nagano Snapshot】 蓼科2 東急リゾート

 2011年夏より、長野県・蓼科の別荘地に定住している。1年余りが過ぎ、土地への理解がゆっくりと深まるにつれ、愛着も湧いてきた。そして、いつしかカメラを手に町に出て、写真を撮るようになった。長年撮っている東京とはずいぶん勝手が違うようにも感じられ、しかし、同時に集中的に通ったベルリンとすら、同じような写真を撮っているようにも思う。
  「そこも、ここも、そことここの間も皆同じ」ーーー。そういう信念があるから、これは長野の町のガイドブック的な紹介ではない。どこにでもあるような物体、通り、風景は、どこにいても気になる。だが、写真というものは撮り手の意志とは関係なく、「記録」し続ける側面もある。だから、いつかこれらの写真がたまったら、何かしらの形でまとめて発表したいと願っている。それがもしかして、50年、100年経って、21世紀初めの「地方」というものの、異端の記録になるかもしれないと夢想する。


このシリーズを、以前HP上で公開した【Tokyo Snapshot】、そして、それをベルリンの写真と合わせて発表した写真集『Berlin+Tokyo』の続編的な位置づけで、【Nagano Snapshot】と名付けました。本ブログでは、内容を絞ってまとめる前段階として、撮影日順にあまり点数を絞らずにアップしていきます。将来のための私的な忘備録代わりという側面もあります。

初めての町を歩くことも、何度も同じ町を歩くこともあります。



c0035245_21373281.jpg

NEX-7 Sony SEL50mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO100 露出補正-0.7


今回は蓼科の別荘地でスナップしました。蓼科というのは、八ヶ岳山麓・長野県側の高原の避暑地・別荘地の総称で、市町村で言えば茅野市、立科町、原村にまたがります。ですが、例えば茅野市の地元民は、蓼科は茅野市の一部というよりも、市街地が茅野で、「蓼科」は別の地域として区別しているきらいがある。

蓼科に住む都会からの移住者の一人である僕としても、住人がほとんど首都圏をはじめとした都会の人間なので、やはり蓼科は蓼科と思った方が良いと感じています。蓼科の別荘族、観光客は首都圏だけでなく、関西や名古屋圏の人も多い。僕が住む別荘地には九州からも来る人がいて、まさに全国区の土地であると言えるのです。軽井沢もこれに似ているけれど、軽井沢は資本も含めて圧倒的に首都圏の人が多く、僕は「東京都軽井沢市」という飛び地だと思っている。そういう地域があるというのは、長野県の特徴の一つだと思います。

【Nagano Snapshot】 富士見1で、諏訪地域の市町村は制覇したと書きましたが、こういう事情なので「蓼科」を忘れていたということになります。そこで、蓼科にある白樺湖周辺を撮影したこの日記のタイトルを「蓼科1」として、今回の日記を「蓼科2」としました。

さて、今回は東急リゾートという別荘地を少しだけ歩きました。スキー場やゴルフ場もある大規模な別荘地です。この日は、妻を敷地内のプールに送って行き、待っている間(僕は泳げない)にマメと1時間ばかり広大の敷地のごく一部を歩きました。


c0035245_22114468.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F8 ISO200

c0035245_2214422.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO400

c0035245_2216585.jpg

         NEX-3 Sony SEL50mm1.8 絞り優先オート F4 ISO200

c0035245_2219416.jpg

NEX-3 Sony SEL50mm1.8 絞り優先オート F8 ISO200

c0035245_2220289.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 絞り優先オート ISO200 露出補正-1.0

c0035245_2223014.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F2 ISO200

c0035245_22244918.jpg

NEX-3 Sony SEL50mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO200

c0035245_22261880.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO200

c0035245_2227477.jpg

NEX-7 Minolta MC W.Rokkor 35mm1.8 絞り優先オート ISO200

c0035245_2230226.jpg

NEX-3 Sony SEL50mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO200


【Nagano Snapshot】 蓼科1 白樺湖 (NEX-7のホワイトバランスに物申す)で書いたNEX-7最大の欠点、純正レンズとの組み合わせで顕著な「マゼンダ被り」(赤味が強いカラーバランス。マウントアダプターでレンジファインダー用広角レンズをつけた時の周辺部のマゼンダ被りとは別)ですが、その時はAWBを使わない方法を採用しましたが、結局その後AWBで撮ってPhotoshopの後処理で調整する解決策に戻しました。AWBの設定の問題というより、このカメラとソニー純正及び専用レンズの根本的な発色が「赤い」ということを再認識したからです。

今回はNEX-3も使いましたが、3ではもっとニュートラルな発色をするし、7と非純正レンズとの組み合わせでもニュートラルになる。NEXシリーズ全体の問題ではあるけど、特に7+純正レンズで顕著に出るということです。また、レンジファインダー用広角レンズ(特にビオゴン系の対称形レンズ)で発生するコーナーのマゼンダ被りも、他のNEXでは目立たない。画素数が高いほうが出やすいということらしいのです。

つまり、NEX-7はこのサイズで超高画質を実現したカメラですが、発色という点で高画素を技術的に消化しきれていないと言わざるを得ません。発展途上のカテゴリのカメラなので、許したいところではありますが、リコール対象級の不具合なのではないかなあ。それとも、僕の個体がおかしいのでしょうか?やはり、一度サービスに持っていった方がいいかな。でも、田舎には窓口がないので東京に帰った時にしかできないですけどね。

しかし、実のところ、サービスに持ち込んでも「正常です」と言われるのは分かってるんだよね。NEX-7の赤味の正体は、一般的な日本人の色彩感覚と僕の色彩感覚のズレの問題、というのが正解なんだと思う。実際、ネットをあさっても「NEX-7の発色が赤い」という感想は1件のブログ記事しか出なかった。それ以外は、「NEX-7のAWBはほとんど外さない!」と絶賛の声ばかり。お前ら、どんだけ赤いのが好きなんだよ!

ここまで言えるのは、数値的にも感覚的にもニュートラルな写真が、雑誌用の仕事などで印刷が上がってくると、ほぼ100%「赤」か「黄」の暖色寄りに調整されているという経験をしているからです。間違いなく、日本の「ニュートラル」は、数値上のニュートラルよりも暖色寄りにずれています。つまり、ソニーは日本人のマジョリティー向きには間違ったことはしていないのでしょう。その写真文化の質が、空恐ろしいけれども。ちなみに、アメリカで開発されたPhotoshopで自動カラーバランス調整をかけると、NEXやEOSの「撮ったまま」はたいていクールトーン寄りに調整されます。

僕はこのズレを各方面に再三指摘してきた。でも、相手はキョトンです。もうあきらめてメガネでズレを埋め合わせています。それと合わせて、Photoshop処理で一応解決できているので、結果オーライとしておきましょう。それに、他メーカーのAPS-Cミラーレスに乗り換えるかというと、それはないし。NEXには欠点を補って余りある魅力があるからね。それに、下の写真のようにAWBそのままの発色の方が嬉しいケースもある(レンズは非純正)。


c0035245_23371652.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 絞り優先オート ISO100

c0035245_23423370.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 絞り優先オート ISO100

c0035245_23433712.jpg

         NEX-7 Minolta MC W.Rokkor 35mm1.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-1.7

c0035245_23452657.jpg

NEX-7 Minolta MC W.Rokkor 35mm1.8 絞り優先オート ISO100 露出補正+0.3

c0035245_23471662.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 絞り優先オート ISO100

c0035245_23482140.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 絞り優先オート ISO100

c0035245_23492594.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-0.7

c0035245_23503461.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-0.7

c0035245_23513061.jpg

         NEX-7 Sony SEL50mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO100 露出補正-1.3

c0035245_23525618.jpg

NEX-7 Sony SEL50mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO100 露出補正-1.3

c0035245_23535592.jpg

NEX-3 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 絞り優先オート ISO400

c0035245_23561855.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-0.7

c0035245_23571413.jpg

NEX-7 Minolta MC W.Rokkor 35mm1.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-0.7

c0035245_23583620.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-1.3

c0035245_012074.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO800 露出補正-1.3

c0035245_023653.jpg

         NEX-7 Sony SEL50mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO400 露出補正-1.3
トラックバックURL : https://hoq2.exblog.jp/tb/19122991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hoq2 | 2013-01-12 00:04 | 写真(Naganao snapshot) | Trackback | Comments(0)

(フォトジャーナリスト・内村コースケ)写真と犬を愛するフォトジャーナリストによる写真と犬の話。写真は真実の写し鏡ではなく、写像である。だからこそ面白い。


by hoq2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31