人気ブログランキング |

【Nagano Snapshot】 山/八ヶ岳・蓼科山・車山

 2011年夏より、長野県・蓼科の別荘地に定住している。1年余りが過ぎ、土地への理解がゆっくりと深まるにつれ、愛着も湧いてきた。そして、いつしかカメラを手に町に出て、写真を撮るようになった。長年撮っている東京とはずいぶん勝手が違うようにも感じられ、しかし、同時に集中的に通ったベルリンとすら、同じような写真を撮っているようにも思う。
  「そこも、ここも、そことここの間も皆同じ」ーーー。そういう信念があるから、これは長野の町のガイドブック的な紹介ではない。どこにでもあるような物体、通り、風景は、どこにいても気になる。だが、写真というものは撮り手の意志とは関係なく、「記録」し続ける側面もある。だから、いつかこれらの写真がたまったら、何かしらの形でまとめて発表したいと願っている。それがもしかして、50年、100年経って、21世紀初めの「地方」というものの、異端の記録になるかもしれないと夢想する。


このシリーズを、以前HP上で公開した【Tokyo Snapshot】、そして、それをベルリンの写真と合わせて発表した写真集『Berlin+Tokyo』の続編的な位置づけで、【Nagano Snapshot】と名付けました。本ブログでは、内容を絞ってまとめる前段階として、撮影日順にあまり点数を絞らずにアップしていきます。将来のための私的な忘備録代わりという側面もあります。

初めての町を歩くことも、何度も同じ町を歩くこともあります。



c0035245_22342344.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 ISO100

2回前の日記、冬の空気 八ヶ岳を書いて思ったのですが、やはりNagano Snapshotのシリーズの中で山もしっかり撮っていくことにしました。今のところ街歩きと同じ感覚でパッパと撮っていますが、ゆくゆくは大きいレンズや三脚も使った王道的な写真も交えつつ、と考えています。

というのも、やはり餅は餅屋というか、慣れないジャンルの写真がいきなり撮れるわけもなく、最終的には「山」というモチーフをスナップ的な自分の土俵に引きずり込むにしても、王道は一度は通らないとモノにならない。コンサバティブな手法・表現を馬鹿にしてはいけません。前衛とは、先達が来た道を通った先にあるものだと思うのです。

「山」が相手だった【Nagano Snapshot】 高ボッチ & ガボッチョにしても、まだ自分の足でたどり着いた写真にはなっていない。時間はかかりますが、僕はこういう一人修行が好きなので、「地方の街頭スナップ」と同時に山を撮るという新しいチャレンジがすごく楽しいのです。

もちろん、「長野」の一般的な認知事項である「山」を、このプロジェクトから外せないということもあります。そして、近い将来にはこの地で写真の仕事をもっとしたいと思っているのですが、やはり「東京から来たカメラマン」であってはいけないと思うのです。都会人から見た理想郷を見るような目と、中の人の地に足のついた現実的な視点を併せ持っていれば最強でしょう。だから、旅行者が知らない「ただの町」と、旅行者が見に来る「山」、これは両方撮らないといけない。

その結果については、自己満足を目指します。自分に厳しい自己満足以上の到達点があるでしょうか?そして、こういう個人プロジェクトは決して仕事面でも無駄にならない。究極の自己満足を踏まえていない薄っぺらい表現でお茶を濁すような仕事は、社会が成熟期に入った今、厳しいのではないでしょうか?大衆的理解を度外視したことを重ねたうえで、作品が「外」に向かっていく過程で分かりやすさと歩み寄っていく。これはもちろん、クリエイターなら全員やっている当たり前のことです。

ブログの面白さは自己満足や大衆的理解にたどり着く「過程」を見せ、見る面白さだと想います。だから、現時点でここに載せていく写真は、今よりも、もっともっと内向きで分かりにくくなくてはいけない。ネット時代の写真修行が、実は以前よりも回り道を許し、大衆性を度外視させてくれることをあらためて実感する今日この頃です。

c0035245_23284845.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 ISO100 露出補正-0.7

また、このブログにアクセスしてくださる方の多くが、「NEX-7」とか「EOS5D」などカメラ関係のキーワードで来られています。だから、機材の話も少し。俗界から山を撮る場合は135mm、200mmあたりの望遠が必須になりますが、今街頭スナップ用に使っているCarl Zeiss Jena Sonnar135mm3.5CHINON 135mm2.8は、やはり「味」重視の古いレンズなので山そのもをクリアに撮る王道には不向きだと感じました。王道の道に踏み出すには、結局はちゃんとしたフルサイズの5DMK3に純正の現代のレンズの方が良いようです。僕の手持ちでは、それは5DMK3・MK2とキャノンの70-200/2.8Lか300mm/4ということになります。

もっと時間と心に余裕ができたら純正キャノンデジタルでしっかり撮りたいと思っていますが、今回はタバコを買いに行ったついでに車を止めながらという、実に軽い撮影でしたので、NEX-7です(一部別の日に撮った5D画像あり)。ただし、レンズはコンタックスGのSonnar90mm2.8を使ってみました。【NEX-7】 SEL50-F18は「神レンズ」か!?で触れた「コンタックスGの駄作」です。デジタル・リマスターで復活するのではないかということで、一度手放したものを密かに手元に戻し仕事場の防湿庫に保管してはいましたが、使い所がここで見つかったかもしれません。

APS-Cでは周辺部を使わないせいか、「こんなに立体感のあるシャープな描写だったっけ?」と驚きました。ツァイスらしい色乗りの良さはないのですが、抜けの良さは抜群。むしろキャノンのレンズのような繊細な描写だけれども、繊細さの方向性は違う。うまく言葉では表現できませんが、「立体的」というのがデジタルで初めて使った印象。一方、好みの分かれるハッキリめのボケ味やツァイスにしてはあっさりな色乗りはフィルム時の印象と同じ。開放での描写も、予想した通りデジタルで印象が向上しました。やはり、NEXではピント合わせがG2のようにギャンブルにならないので、微妙なピント合わせが可能になったことにより、本来の性能が出せるようになったのかもしれません。

c0035245_23573258.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 ISO100

c0035245_23584412.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 ISO100

c0035245_004261.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 ISO100

c0035245_015893.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 F4 ISO100

c0035245_041290.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 ISO100 露出補正+0.3

c0035245_052378.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 ISO100 露出補正+0.3

c0035245_06999.jpg

         NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 ISO100 露出補正+0.3

c0035245_072361.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 ISO100 露出補正-0.3

c0035245_081046.jpg

         NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 ISO100 露出補正-2.0

c0035245_0154817.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO800 露出補正-1.0
トラックバックURL : https://hoq2.exblog.jp/tb/18860607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hoq2 | 2012-11-23 00:17 | 写真(Naganao snapshot) | Trackback | Comments(0)

(フォトジャーナリスト・内村コースケ)写真と犬を愛するフォトジャーナリストによる写真と犬の話。写真は真実の写し鏡ではなく、写像である。だからこそ面白い。


by hoq2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31