人気ブログランキング |

【Nagano snapshot】茅野3 (ズーム撮影と単焦点1本勝負)


 2011年夏より、長野県・蓼科の別荘地に定住している。1年余りが過ぎ、土地への理解がゆっくりと深まるにつれ、愛着も湧いてきた。そして、いつしかカメラを手に町に出て、写真を撮るようになった。長年撮っている東京とはずいぶん勝手が違うようにも感じられ、しかし、同時に集中的に通ったベルリンとすら、同じような写真を撮っているようにも思う。
  「そこも、ここも、そことここの間も皆同じ」ーーー。そういう信念があるから、これは長野の町のガイドブック的な紹介ではない。どこにでもあるような物体、通り、風景は、どこにいても気になる。だが、写真というものは撮り手の意志とは関係なく、「記録」し続ける側面もある。だから、いつかこれらの写真がたまったら、何かしらの形でまとめて発表したいと願っている。それがもしかして、50年、100年経って、21世紀初めの「地方」というものの、異端の記録になるかもしれないと夢想する。


このシリーズを、以前HP上で公開した【Tokyo Snapshot】、そして、それをベルリンの写真と合わせて発表した写真集『Berlin+Tokyo』の続編的な位置づけで、【Nagano Snapshot】と名付けました。本ブログでは、内容を絞ってまとめる前段階として、撮影日順にあまり点数を絞らずにアップしていきます。将来のための私的な忘備録代わりという側面もあります。

初めての町を歩くことも、何度も同じ町を歩くこともあります。

実現は難しいだろうけれど、最終的には長野県内全市町村を制覇できれば素晴らしいと思っています。



3回目の地元・茅野編は、 NEX-7にズーム1本と単焦点35mm(35mm判換算50mm相当)1本の作例をそれぞれ載せます。いずれも、町に買い出しついでに短時間で撮影したものです。

自分の場合は、街頭スナップではボディ2台・20~135mmの焦点距離の単焦点レンズをたくさん持っていくのがフォーマルなスタイルです。ズームを使う時はこういう「ついで」とか、楽をしたい時。単焦点1本で勝負するのは、少し撮影に行き詰まった時など気分をリフレッシュしたい時です。そのあたりのことは、【Nagano Snapshot】 諏訪2の冒頭の文章で詳しく書いているので、「ズームと単焦点どっちがいいの?」という疑問をお持ちの方は参考にしてください。

いずれにしても、カメラやレンズは写真表現のための道具ですから、自分の表現に合った機材を選ぶというのが唯一単純な答えです。遠回りでも自分で経験を重ね、考えてたどり着いた機材が正解だと思います。良いホディ・レンズだからといって自分に合っているとは限りません。決して、人が道具に使われないようにしたいものです。


【ズーム編】


c0035245_2423987.jpg

NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・27mm 絞り優先オートF5.6 ISO400


ズームの利点は言うまでもなく、レンズ交換の手間が省けることですが、特に街頭スナップでは「即応性」の高さが最大のメリットです。例えば、上の写真のように人が絡む場合、撮りたいシーンを見つけてからレンズ交換をしていては間に合いません。また、これは結構往来の激しい車道の真ん中に立って撮っていますが、そういう急がなかればいけない・寄り引きの余裕がないシチュエーションではズーミングによるフレーミングに救われます。中間的な焦点距離で微妙なフレーミングや表現ができるのもズームの力。それらの点から、私の場合、仕事は確実性が大事なので8割方はズームです(キャノンフルサイズ・16-35/2.8、24-70/2.8、70-200/2.8)。

このE18-55mm F3.5-5.6 OSSは、なかなか良いレンズだと思います。ネット上の一部では酷評もされているようですが、単焦点と比べてはいけません。ズームに単焦点に匹敵するキレや深みを求めるのは酷です。普及型の単焦点程度の絵ならば、先に挙げたキャノンLレンズの2.8ズームのような高級なレンズならば撮れます。しかし、そういう10万20万するズームでも、いい単焦点の域までは無理です。

この18-55はズームの中でも、タダ同然でボディとセット販売されている超普及型レンズです。それを踏まえた上で評価しなければフェアではない。カバーする焦点距離はちょうどいい(35mm換算で28-85mm感覚)し、写りも一般的な要求に対して必要十分以上。明るさは足りないが、価格とサイズを考えればこんなものでしょう。高性能のブレ補正(OSS)が入っていることを考えれば、通常使用ではかなり使い勝手も良い。

メーカーとしても「とりあえずこれで撮ってみて」という位置づけなのでしょうが、NEXというボディの評価を下げない、普通にきれいに写るレンズだと思います(セットのもう1本、16mmパンケーキは評価を下げる要因になってしまっていると思うが・・・)。


c0035245_312870.jpg

         NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・45mm 絞り優先オートF4.5 ISO400

c0035245_315873.jpg

NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・28mm 絞り優先オートF5.6 ISO400

c0035245_3163462.jpg

NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・27mm 絞り優先オートF5.6 ISO400

c0035245_3172449.jpg

NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・55mm 絞り優先オートF5.6 ISO400 露出補正+1.0

c0035245_3183766.jpg

NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・46mm 絞り優先オートF5 ISO400

c0035245_3193626.jpg

         NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・18mm 絞り優先オートF5 ISO400 露出補正+0.7

c0035245_3211796.jpg

NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・55mm 絞り優先オートF8 ISO400 露出補正-1.7

c0035245_3224542.jpg

NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・18mm 絞り優先オートF8 ISO400 露出補正+1.3

c0035245_3244463.jpg

         NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・25mm 絞り優先オートF8 ISO400 露出補正-0.3

c0035245_3255111.jpg

NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・20mm 絞り優先オートF8 ISO400

c0035245_3273348.jpg

NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・44mm 絞り優先オートF8 ISO400 露出補正-0.3

c0035245_3284788.jpg

NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・44mm 絞り優先オートF6.3 ISO400

c0035245_330583.jpg

         NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・26mm 絞り優先オートF8 ISO400

c0035245_331979.jpg

NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・39mm 絞り優先オートF8 ISO400

c0035245_3323680.jpg

         NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・18mm 絞り優先オートF8 ISO400

c0035245_3334768.jpg

NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・21mm 絞り優先オートF8 ISO400 露出補正-0.3

c0035245_3345388.jpg

NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・55mm 絞り優先オートF8 ISO400

c0035245_335525.jpg

NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・29mm 絞り優先オートF4 ISO400

c0035245_3373070.jpg

NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・54mm 絞り優先オートF6.3 ISO400

c0035245_3382558.jpg

         NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・42mm 絞り優先オートF4.5 ISO400

c0035245_340121.jpg

         NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・22mm 絞り優先オートF5.6 ISO400 露出補正-0.7

c0035245_341198.jpg

NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・52mm 絞り優先オートF5.6 ISO400

c0035245_3415711.jpg

NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・55mm 絞り優先オートF5.6 ISO400

c0035245_343556.jpg

NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・32mm 絞り優先オートF5.6 ISO400

c0035245_3444428.jpg

NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・55mm 絞り優先オートF5.6 ISO400

c0035245_3463099.jpg

         NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・53mm 絞り優先オートF5.6 ISO400 露出補正-0.3

c0035245_3485232.jpg

NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・46mm 絞り優先オートF5.6 ISO400 露出補正-0.3

c0035245_3495812.jpg

         NEX-7 Sony 18-55mm3.5-5.6 使用焦点距離・53mm 絞り優先オートF5.6 ISO100



【単焦点1本勝負編】


c0035245_3555112.jpg


この時の撮影で使ったのは、チノンの35mm2.8です。M42マウントの半世紀近く前のレンズです。なぜチノンかは、【Nagano Snapshot】茅野2 CHINOでCHINONを参照願います。

35mmは、APS-CサイズのNEX-7だと50mm感覚になります。ただし、遠近感や被写界深度は35mmのそれなので、フルサイズの50mmとはやはり違います。いずれにせよ、50mmというのは、人間の視界に最も近いので、標準レンズと呼ばれます。1本勝負の定番ですね。自分の場合は1本勝負は10代の頃は28mmでした。それがやがて35mmになり、今は50mmとだんだん視界が狭くなっています。

単焦点とズームでは、たとえこのCHINONのように古くて安いレンズでも、絵の仕上がりに違いが出ます。シャープネスや立体感、ボケ味などの表現がより繊細かつ押し出しが強くなります。ただそれは、ブログ用に縮小した画像で万人に分かるレベルの違いではありません。そして、自分の場合はそういうことよりも、撮った時の気持ちの入り方の違いを重視します。ズーミングによる微調整のないスパっと切り取った感。空気感をも取り込むファインダー内の映像。単焦点の潔さと抜けの良さがなければ撮り手の「心」は写しこみ辛いのです。

尚、このレンズはマウントアダプターを介してボディにつけているので、Exifデータは残りません。いちいちメモを取るわけもなく、記憶をたどったり絵から類推するのも面倒なので、露出情報は割愛します。


c0035245_4134259.jpg

         AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO200

c0035245_4181017.jpg

         AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO200

c0035245_41907.jpg

         AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100

c0035245_4202759.jpg

AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100

c0035245_422494.jpg

         AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100

c0035245_4225778.jpg

         AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100

c0035245_4235336.jpg

AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-0.7

c0035245_425245.jpg

         AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO200

c0035245_4261025.jpg

AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO200 露出補正+0.3

c0035245_4271354.jpg

         AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO200 露出補正+0.3

c0035245_428257.jpg

         AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100

c0035245_4291059.jpg

AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100

c0035245_4301373.jpg

AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100

c0035245_4305278.jpg

         AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100

c0035245_4313943.jpg

AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-1.0

c0035245_432399.jpg

AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100

c0035245_433225.jpg

         AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100

c0035245_4342641.jpg

AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-1.0

c0035245_4351719.jpg

AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正+0.3

c0035245_4361487.jpg

AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正+1.0

c0035245_437163.jpg

AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100

c0035245_437461.jpg

AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO400 露出補正-0.7

c0035245_4383611.jpg

         AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO400

c0035245_439354.jpg

         AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO200 露出補正-1.0

c0035245_4404177.jpg

AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO400

c0035245_4413810.jpg

AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-0.7

c0035245_4434358.jpg

AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-1.0

c0035245_4442918.jpg

AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100

by hoq2 | 2012-11-14 04:45 | 写真(Naganao snapshot) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://hoq2.exblog.jp/tb/18779300
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。