人気ブログランキング |

【Nagano Snapshot】茅野2 CHINOでCHINON

 2011年夏より、長野県・蓼科の別荘地に定住している。1年余りが過ぎ、土地への理解がゆっくりと深まるにつれ、愛着も湧いてきた。そして、いつしかカメラを手に町に出て、写真を撮るようになった。長年撮っている東京とはずいぶん勝手が違うようにも感じられ、しかし、同時に集中的に通ったベルリンとすら、同じような写真を撮っているようにも思う。
  「そこも、ここも、そことここの間も皆同じ」ーーー。そういう信念があるから、これは長野の町のガイドブック的な紹介ではない。どこにでもあるような物体、通り、風景は、どこにいても気になる。だが、写真というものは撮り手の意志とは関係なく、「記録」し続ける側面もある。だから、いつかこれらの写真がたまったら、何かしらの形でまとめて発表したいと願っている。それがもしかして、50年、100年経って、21世紀初めの「地方」というものの、異端の記録になるかもしれないと夢想する。


このシリーズを、以前HP上で公開した【Tokyo Snapshot】、そして、それをベルリンの写真と合わせて発表した写真集『Berlin+Tokyo』の続編的な位置づけで、【Nagano Snapshot】と名付けました。本ブログでは、内容を絞ってまとめる前段階として、撮影日順にあまり点数を絞らずにアップしていきます。将来のための私的な忘備録代わりという側面もあります。

初めての町を歩くことも、何度も同じ町を歩くこともあります。

実現は難しいだろうけれど、最終的には長野県内全市町村を制覇できれば素晴らしいと思っています。


c0035245_0462773.jpg


のっけからなんだ!?という人も多かろうと思います。CHINON?Canon?観音→キャノン、茅野の→チノンなのです。若い人は知らないかも知れませんが、Canonのパチモンではありません。我が茅野市の名を冠したれっきとしたカメラメーカーがある(あった)のです。

正確には、宮川村(現茅野市)生まれの茅野さんが茅野で始めた会社です。ややこしいので、僕は「ちのし」=「茅野市・茅野氏」のチノンと解釈しています。諏訪に本社を移転したり茅野に戻ってきたりコダックの傘下になったり潰れたりと紆余曲折あった会社ですので、地元の旧関係者の方は複雑な思いをこの社名に寄せているのかもしれません。現在はかつての子会社が「CHINON」の商標を受け継いで、カメラ以外の光学機器(フィルムスキャナーなど)や懐中電灯なんかを作っています。

1960~80年代に写真に関心のあった人は、社名くらいは知っているはずです。特に8mmをやっていた人は懐かしいのではないかと思います。しかし、最盛期のスチルカメラ(M42スクリューマウント・ペンタックスKマウント)の一眼レフを持っていた日本人は多くはないと思います。国内に有望な販路がなく、欧米への輸出がメインだったからです。僕は80年代後半から写真に関心を持ったので、チノンと言えば「GENESIS」を思い出します。時代の先を行ったAF一眼レフです。CMもやっていたような・・・。若いカメラ女子な人には、こっちの方が有名かもしれません。馬車がかっこよすぎます。

なんにせよ、地名を冠したカメラブランドというのは他に思いつかないうえ、地元ですから、しかも長野県の街頭スナップを始めたのだから、気になってしょうがない。深い意味があろうとなかろうと、「茅野でチノン」をしたかったのです!それが芸術というものです。


c0035245_1185059.jpg

キャノンにチノン

c0035245_1203965.jpg

SONYにもCHINON

c0035245_123496.jpg

ストラップもCHINON

レンズ正面ロゴのレトロ・モダンな字体とオレンジ・緑の文字色がかっこよすぎます。AUTOというのはオートフォーカスじゃないですよ。自動絞り(今では当たり前ですが、平たく言えば絞り込んでもファインダー像が明るいまま撮影できる機構)のことです。M42スクリューマウントなので、EOS/NEXボディにマウントアダプターをつけてグリグリとネジ込みます。絞り連動機構はないので、自動絞りにはなりませんが、ライブビューファインダーを使えば露出通りの明るさで見えます(光学ファインダーでは絞った分暗くなります)。絞り優先オートOKです。銀塩やめ!をしたので、他社製ボディは仕方ありません(チノンデジタルはOEMのトイカメラ以外はありません)。だから、せめてボディ以外はこだわろうと、ストラップもチノンにしました。

国内放出品の赤いストラップ以外は、イギリスからの帰国子女です。チノンはOEMが多いので、どうも、大陸ヨーロッパモデルはRevuenon(レフエノン、ドイツブランド)、アメリカは同じレンズでもHanimexブランドがあるようで、CHINON名義のレンズはイギリスに集中しているようなのです。そういう事情からも、なんかテキトーな臭いがするレンズですが、富岡光学製のちゃんとしたものなんですよ。富岡光学は、ヤシカ=コンタックスの Made in Japanツァイスレンズ(いわゆるAEJとMMJ)を作っていた所です!初期型のチノンレンズにはTOMIOKAのロゴが入っています(TOMINONというのもあるらしい。そのガンダムっぽさに憧れる)。

28mm2.8、35mm2.8、55mm1.7、135mm2.8の4本を鉄鋼の町・シェフィールドの同じ店から取り寄せました。笑っちゃうくらい安い(本体4本合計価格よりも国内で後から注文したフィルターやフードの方が高い)のですが、そのコストパフォーマンスの高さは撮影画像で証明してみましょう。

こんな感じのセットで早速、茅野を1時間ほど歩きました。

・セットA・・・5DMK3(フルサイズ)+28mm、NEX-7+35mm(フルサイズ換算52.5mm)、サブ55mm(82.5mm)&135mm(202.5mm)
・セットB・・・5DMK3+35mm、NEX-7+55mm(82.5mm)、サブ28mm、135mm(202.5mm)

フルサイズボディとAPS-Cボディの2台持ちにすることで、見事に28mmから200mmまでの間の焦点距離を網羅しています。しかし、オレンジロゴのレンズと緑レンズでピント・絞りの回転方向が逆なのには参りました。オレンジが中期型、緑が後期型のようですが、どっちかに揃えれば良かったかな。コーティングも違うようです。

では、21世紀初かもしれない「CHINONが見た茅野」の作例を。露出データは絞り値がExifデータに残らないので割愛します。私の他の写真同様、撮ったままではなく、Photoshopで味付けしています(と言っても、ちょっとだけ好みの方向に振るだけです)。純粋にレンズ性能を知りたい人には申し訳ないですが、これは写真家としての信念なのでご容赦願います。



c0035245_25339.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 55mm1.7

c0035245_2114519.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8

c0035245_215548.jpg

NEX-7 AUTO CHINON 35mm2.8

c0035245_2193779.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8

c0035245_222031.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON 35mm2.8

c0035245_2244796.jpg

NEX-7 AUTO CHINON 35mm2.8

c0035245_227380.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8

c0035245_230538.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8

c0035245_2323922.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8

c0035245_2361218.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON 35mm2.8

c0035245_2385399.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON 35mm2.8

c0035245_2411656.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8

c0035245_2453195.jpg

EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8

c0035245_2473078.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON 135mm2.8

c0035245_2501695.jpg

NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7

c0035245_253359.jpg

EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8

c0035245_2575792.jpg

EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8

c0035245_30883.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8

c0035245_323159.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7

c0035245_354393.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8

c0035245_392519.jpg

NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7

c0035245_3125954.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON 135mm2.8

c0035245_3153846.jpg

NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7

c0035245_3175227.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7

c0035245_320542.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7

c0035245_3214981.jpg

NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7

c0035245_323459.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7

c0035245_3244395.jpg

EOS5D MK3 AUTO CHINON 35mm2.8

c0035245_3261638.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON 35mm2.8

c0035245_3284683.jpg

NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7


どうでしょうか?晴天順光のカットはパキパキでものすごくシャープですね。一方、調整してますので分かりにくいかもしれませんが、逆光気味や日が落ちかけてからのシーン、開放付近での描写はヘロヘロでした。あくまで現代の水準からすればですが、子供の頃、父がキャノンFTで家族写真を撮る時、逆光逆光騒いでいた訳がよく分かりました。一方、順光ではちょっと信じられないようなすごい描写なのですが、それだけにラチチュードが狭く、まるでポジで撮っているような感覚です。

そういう危うさをプラスに変えられれば、すごくいいレンズだと思います。どんな条件でも誰が見てもきれいに撮れる現代のレンズにはない、120%の描写ができる魅力を秘めていますね。ヘロヘロな部分はデジタルだからこそカバーできる点もあるので、これからも撮り続けて故郷でチノンレンズ復活といきたいものです。こういうのもデジタル・リマスターと言うのでしょうか?

「写真」という日本語と相反して、こういうオールドレンズの画像からは、「ガラスを通して見ている世界」を感じます。まさに「写像的空間」なのです。

by hoq2 | 2012-11-10 03:38 | 写真(Naganao snapshot) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://hoq2.exblog.jp/tb/18691513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。