人気ブログランキング |

【NEX-7】真打ち登場 Carl Zeiss Sonnar 24mm 1.8 & Jena Sonnar 135 3.5

c0035245_22363135.jpg


ついに入手しました。Carl zeiss Sonnar E 24mm/1.8 ZA。
このレンズを使いたくて、スナップカメラにEマウントを選んだと言っても過言ではありません。広角でありながらゾナー。プラナータイプよりも、カミソリのような切れ味のゾナーが好きです。前のブログで紹介したように、Sonyの50mm1.8OSSがゾナータイプの写りをするだけに、万能画角(35mm判換算35mm)のこれは絶対に外せません。高くて品薄で入手困難ですが、無理して手に入れました。

c0035245_22461383.jpg


写りはもちろん、神の声が聞こえるレベルです。これに文句をつける人がいたら頭がおかしいです。それ以上に語ることはありません。


c0035245_22543956.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F16 露出補正-0.7 ISO100

c0035245_2311368.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F2 ISO100

c0035245_2343852.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F2 ISO100

c0035245_2373165.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F8 ISO200

c0035245_2395317.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F2.8 ISO400

c0035245_23132197.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F8 ISO100


純粋趣味的街頭スナップの機材がやっとほぼ出揃いました。あとはフィルム時代のようにたくさん撮るだけ。仕事の方はいち早くデジタル化したけれど、この分野では本当に銀塩からの乗り換えに時間がかかりました。

銀塩では、ツァイスにこだわってコンタックス(RTS/RTSIII、G2)でした。単焦点レンズをたくさん持っていましたが、銀塩をやめたので昨年一気に手放しました。ツァイスレンズは今はこの24mmと、ここ3年ほど愛用しているEF(EOS)マウントのプラナー50mmZE、そして密かにオークションで落としたCarl Zeiss Jena Sonnar 135mm/3.5です。

c0035245_23274983.jpg


DDRの刻印の通り、旧東ドイツ製のツァイスです。詳しい説明は省きますが、冷戦時代、カール・ツァイス社も東西に分断され、東側のイエナと西側のオーバーコッヘンで別々にカメラ・レンズの生産をしていました。この135mmはM42プラクチカマウントで、マウントアダプターを介してEOSやNEXにも容易につけられます。中古価格もかなり安く、ebayなどで海外まで目を向ければコンタレックス用など西側のツァイスよりも手に入りやすいのです。これはマルチコートモデルなので、写りは現代に通用するSonnarクォリティー(見た目はモノコートのゼブラ柄の方がかっこいいです)。製造から半世紀ほど経っていても、銀塩時代の味を残しつつシャープな絵が撮れます。さらに、コンパクトな造りなので街頭スナップ向き。ということで望遠はこれにしました。

c0035245_1251214.jpg

c0035245_1252340.jpg


そして、以前イエナに行ったことがあるのです。西側のZeissと経営統合しましたが、Jenaの本社はまだ健在です。さらに、ツァイスレンズの魂、ショットガラスのSchott社もここにあります。街の中心部にはCarl Zeiss Platz(カール・ツァイス広場)、ショッピングモールにはツァイスのプラネタリウムが展示されており、プロサッカーチームはFC Carl Zeiss Jenaです。

c0035245_0534558.jpg

c0035245_054199.jpg

c0035245_0541573.jpg

c0035245_0543533.jpg


5DMK3で135mm、NEX-7で200mm的感覚で使えます。マウントアダプターを介すると実絞りになって光学ファインダー像が暗くなったり自動露出が暴れたりしますから、私は5DMK3でもライブビュー撮影をメインにしています。この時代のレンズのいいところは、自動絞りと実絞りの切り替えスイッチがついていることです。ファインダー撮影の時は、ワンアクションで設定絞り値と開放に切り変えられるので便利です。これもあって、ミラーレスではない一眼でマウントアダプター遊びをするのなら、「M-A切り替えスイッチ」があるか、オリンパスのズイコーレンズなどプレビューボタンがレンズ側にあるものの中から選ぶようにしたいのです。その条件に当てはまるレンズで、ズイコーマクロ90mm/2やチノン/ヤシノン/revuenonの富岡光学製 55mm1.2といったスーパーレンズにも食指が伸びましたが、お高いので断念しました・・・


c0035245_23591815.jpg

         EOS5D MK3 Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm3.5 1/250 絞り不明 ISO100

c0035245_03561.jpg

EOS5D MK3 Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm3.5 絞り優先オートF3.5  ISO640 露出補正+0.7

c0035245_0635.jpg

         EOS5D MK3 Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm3.5 絞り優先オート F3.5 ISO640 露出補正-1.0

c0035245_0134669.jpg

         EOS5D MK3 Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm3.5 絞り優先オート F8 ISO100

c0035245_0152942.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm3.5 絞り優先オート F4 ISO100 露出補正-1.0

c0035245_0184071.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm3.5 1/200 絞り不明 ISO100 露出補正-1.0

c0035245_0201298.jpg

EOS5D MK3 Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm3.5 1/400 F5.6  ISO100



【ファイナルインプレッション】  

【NEX-7】 最終評価 ボディ編
【NEX-7】 最終評価 レンズ編 1  SIGMA 19mm 2.8 EX DN
【NEX-7】 最終評価 レンズ編 2  Carl Zeiss Sonnar 24mm 1.8 ( SEL24F18Z )
【NEX-7】最終評価 レンズ編3  Sony E 50mm 1.8 OSS ( SEL50F18 )
【NEX-7】 最終評価 レンズ編 4  Minolta MC W.Rokkor-HH 35mm1.8


【関連記事】

NEX-7 買った!【街頭スナップ実践編】
【NEX-7】 SEL50-F18は「神レンズ」か!?
NEX 16mm用 ウルトラワイドコンバーター
【NEX-7】 標準レンズの選択  スカイツリー・押上〜京島 実写編
発掘テッサーで一本勝負
РУБИHAP ( Rubinar / ルビナー )500mmF8 ミラーレンズ
【NEX】 HOLGAをデジタル化
【Nagano Snapshot】 蓼科1 白樺湖 (NEX-7のホワイトバランスに物申す)

おもな作例
写真(Naganao snapshot)  
写真(Street Snap)



<今回使用機材>

    

  

高級レンズフード ねじ込み式 Φ49mm Sony E 16mm/F2.8 に対応

高級レンズフード ねじ込み式 Φ49mm Sony E 16mm/F2.8 に対応


     
トラックバックURL : https://hoq2.exblog.jp/tb/18638981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hoq2 | 2012-11-04 00:23 | カメラ | Trackback | Comments(0)

(フォトジャーナリスト・内村コースケ)写真と犬を愛するフォトジャーナリストによる写真と犬の話。写真は真実の写し鏡ではなく、写像である。だからこそ面白い。


by hoq2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31