人気ブログランキング |

マリーと軽井沢ロケハン散歩

c0035245_250195.jpg


最近、実家のマリー(G・レトリーバー4歳女子)の面倒を見る機会が多い。せっかくなので、散歩とロケハンを兼ねてちょこちょこ近くの軽井沢周辺のスポットに行っている。

c0035245_2525177.jpg

c0035245_2535117.jpg


普通の田んぼ。地元の人にとってはどうでもいい場所。でも、都会から来た人はこういう所に日本の原風景を感じるかもしれない。瀟洒なイメージのある軽井沢周辺にもこういう所はいくらでもある。でも、日本の田園風景で困るのは、視界に必ず電柱とかケバケバしい看板、美しいとは言えない建売住宅などが入ること。だから、観光客を集める「里の風景」は白川郷などの例外中の例外に限られる。

しかし、<写真家の視点>を持てば、日本の風景は美しく楽しい。写真は切り取る行為だ。実際にカメラを持たなくても、写真的に切り取ったを風景を見ることはできる。雑多な要素が絡みあった日本の風景は切り取りがいがある。そうすれば、美しい風景は至る所に転がっている。

余裕があれば実行して欲しい「正しい日本観光」。まず、適当にその辺を軽く散歩する。ロケハンの要領でいい風景に目星をつける。初見で気合を入れて切り取るのは疲れるので、その時はザッと心に止める程度に感じればいい。そして、少し期間を置いて、それでも心に引っかかる風景を再訪する。その時は気合を入れて自分が一番気持ちのいい切り取り方を探す。写真をやる人ならばそれを撮るのもいい。そうすれば、「自分だけの風景」が手に入る。

これは、切り取らなくても360度絵葉書的に美しいカナダの大自然やヨーロッパの古都の街並みではできないこと。そういう風景は初見のインパクトが勝る。切り取らない肉眼の「パッと見たまま」が結局はいい。だから、僕はそういう所ではあまり写真を撮る気がしない。

仲間内では、切り取ってこそ本質が見える日本タイプの風景を「つまらなおもしろ」と呼んでいる。僕は圧倒的にそっちが好きだ。特に写真を撮るならば。だから、僕はずっと「つまらなおもしろ」な権化である東京を撮っている。ヨーロッパの中では東京的なベルリンにも通った。ベルリンはやはり初回はロケハン的な軽い散歩に終始し、しっかり写真を撮りに再訪・再再訪した。当時の自分としては満足のいく写真が撮れたので、その時期の東京とベルリンの写真でつまらなおもしろい写真集を作った。

軽井沢で同じ事をやるかどうかはまだ分からないけれど、とにかくマリーと初回の軽い散歩は始めてみた。その<未確定段階の記録>でしかない写真を公開するのは恥ずかしいのだけど、プロセスを形に残しておくのも後になったら面白いかなと思い、このエントリーを書いている。

ああ、でも、あらためて文章に書くとずいぶんまどろっこしい観光?をしているなあ。でもいいんです。すぐに形にならなくても。急がば回れ。とりあえずマリーがかわいければ、今はそれで良い。


続く一連の写真は御代田町の真楽寺。全国的にはマイナーだけど、大仏(?)、龍がいる名水の池、三重の塔と盛りだくさん。空襲で焼けてしまって木造の古い建物が残っていない東京の下町育ちの僕にとっては、お寺が普通に「ちゃんと木造」な長野は「やるな」と思うのであります。

c0035245_331329.jpg

c0035245_3321845.jpg

c0035245_3331716.jpg

c0035245_334158.jpg

c0035245_3365959.jpg

c0035245_3393879.jpg

c0035245_3415213.jpg

c0035245_3432763.jpg

c0035245_3444546.jpg

c0035245_3455048.jpg



鬼押ハイウェーにあるドライブインには、浅間山が正面に見えるドッグランもあります。

c0035245_349159.jpg

c0035245_351157.jpg


浅間連峰北側の高峰高原へ。ボロ車におデブのマリーを乗せて標高2000mまで登るのは大変。着いたら雨と霧でしんどかったので、苦労してたどり着いた末にほうほうの体で退散。

c0035245_3575772.jpg

c0035245_3592529.jpg



浅間牧場。ここは良かった。かつて仕事でよく入口の茶屋の前は通っていたのだけど、牧場本体がこんなに広いとは思わなかった。富良野的な場所。だーれもいなくて気持ちよかった。

c0035245_411147.jpg

c0035245_413672.jpg

c0035245_18244919.jpg

c0035245_475248.jpg


c0035245_414120.jpg

トラックバックURL : https://hoq2.exblog.jp/tb/18549848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hoq2 | 2012-10-11 04:14 | 写真(Street Snap) | Trackback | Comments(0)

(フォトジャーナリスト・内村コースケ)写真と犬を愛するフォトジャーナリストによる写真と犬の話。写真は真実の写し鏡ではなく、写像である。だからこそ面白い。


by hoq2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31