人気ブログランキング |

紅葉の秋に耳が垂れた

c0035245_13333099.jpg

我が家のフレンチ・ブルドッグたちが暮らす山は、紅葉真っ盛りです。

うちの敷地もご覧の通り。
c0035245_13354921.jpg


そんな季節に、ゴースケの左耳がタレた。耳の軟骨と皮膚が剥離してその部分に血がたまる「耳血腫」というやつで、病気というかケガですね。柔道家やお相撲さんの「ギョウザ耳」と同じです。耳の真ん中あたりの軟骨が損傷してそこから垂れて、血が溜まって先端がぷっくりしてます。ゴースケは若いころから細菌性の外耳炎になりやすく、今回もそのかゆみが原因で床に擦りつけたりしているうちになってしまったようです。

耳血腫自体はやがて血が引いて自然治癒します。耳が聞こえなくなるとかそういうことはないけれど、外見上の問題は残ります。血が引くとその部分が厚ぼったく縮れて「ギョウザ耳」になる。ゴースケの場合はもともと立ち耳なのでタレ耳のままになるでしょう。

病院に連れていき、

1)自然治癒に任せる 2)何回か血を抜きながらステロイド治療などをする 3)外科的手術をする

の3つの治療法を提案されました。外見を気にするのは人間だけだし、ゴースケは病院嫌いなので通院や手術はかえってかわいそうだと思い、外耳炎の治療だけにしてタレ耳は放っておくことにしました。獣医さんもどの方法をとっても、最終的に耳の形は元には戻らないと暗に自然治癒を勧めていました。血を抜く方法で耳の形を極力変えない新しい治療法もあるようですが、タレ耳を含めてそれがゴースケの歩んできた道であり個性だと思うので、色々な病院を回って模索するという選択肢は取りません。

うちには、もう1匹マメというゴースケの妹分がいるのですが、こちらは3歳くらいまで片耳タレでした。フレンチ・ブルドッグは垂れ耳で生まれて成長と共に立ち耳になるのですが、マメは耳が立つのが非常に遅かったのです(普通は1歳までには両耳立つ)。マメの時も最初は気にしていましたが、やがて片耳タレの方ががかわいいと思うようになり、いつの日か立っていました。「ゴースケ、立ち・マメ、タレ」「二人とも立ち」「ゴースケ、タレ・マメ、立ち」というすべての組み合わせを見られたのはある意味、飼い主的には楽しいものです。

c0035245_1314379.jpg

マメ1歳、ゴースケ2歳↑

c0035245_13253393.jpg

ゴースケ4歳、マメ3歳↑

c0035245_13281072.jpg

今(ゴースケ8歳、マメ7歳)↑

by hoq2 | 2011-10-20 13:40 | 日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://hoq2.exblog.jp/tb/16994907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。