人気ブログランキング |

ストーブの季節

c0035245_1174823.jpg


今年は節電の夏でしたが、涼しくなるのが早いようで、ここ標高1400mの山荘では夜になると零度近くに下がるのも珍しくなくなりました。

そこで、夏の終わりに友人に貰った古いアラジンのストーブに、本日点火してみました。結論から言えばきれいなブルーフレームにするにはもう少し整備あるいは「慣らし」が必要ですが、なんか昨年から使っている現行型より温かいです。

シリーズ38(後期型)、1976年~1977年のモデルのようです。譲ってくれた友人が知り合いの実家の納屋で見つけたものです。サビサビだったのを、その友人が分解して磨き上げ、足りないパーツや替芯を揃えた状態で貰いました。だから、僕は組み立てただけです。底につく置き台だけが欠品しているのですが、現行モデルの純正パーツが安く手に入るようなのでネットで注文しました。とりあえず、置き台なしのタコ型火星人のような状態でも使えるので、到着を待たずにそのまま火を入れてしまいました。

c0035245_1312632.jpg


上の写真の右が現行型。これも、もちろんカッコイイですが、76~77年という日本が一番幸せだった時代に発売されたモデルという所に、特別な意味がある。さらに、ピンク・レディーマニアとしてはペッパー警部〜UFOの頃ですよ!さらにさらに、昔の「寝起き」の映像で、ミーちゃんケイちゃんの代々木上原の下宿に、この型と思われるアラジンの箱が置いてあったのです!今になってシャワラン使ってるくらいですから、そういう所に反応するのですねえ。

なんでわざわざこういう古い暖房機器を使うかというと、僕の場合は決してオシャレで使ってるわけでもノスタルジーに浸っているだけでもないです。カメラやMacをはじめ、最新のデジタル機器を好んで使うという面も持ち合わせています。平たく言えば、新しかろうが古かろうが良いものを使う。それだけです。デジタルがいいかアナログがいいかというような二元論には陥りたくない。マニュアルの95年式サンバーにEOS1Dやipadを積んでiphoneのナビアプリを使って現場に行って撮影する。ピンク・レディーもピンク・フロイドも同列に大好きだ。それで何かポリシーが破綻しているだろうか?むしろ、こういう相反するものをリベラルに評価したい。ネット時代の今こそ省みられるべき価値観だと思います。

本格的な冬に備えて、薪ストーブを本格使用する準備も着々と進んでいます。それについては、また別の機会に紹介させてください。

最後にこれまでの話題とはまったく関係なく、我が一族の3匹勢ぞろいの図。
c0035245_252580.jpg

c0035245_254554.jpg

c0035245_26130.jpg

by hoq2 | 2011-10-05 02:07 | 日記 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://hoq2.exblog.jp/tb/16933956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。