人気ブログランキング |

NEX3コースケ的実写レポート

c0035245_23545269.jpg

2011/4月、東京・上野 SONY NEX3 16mm2.8 絞り優先オート・F5.6 ISO400

NEX3を買ってから、3カ月以上が過ぎてしまいました。ようやく、ですが実写レポートです。購入時の日記はこちら→http://hoq2.exblog.jp/16150730/

僕は、NEXを大きく分けて3つの使い方をしています。

(1)ストリート・スナップ
街を歩いて出会った一期一会の光景を撮る僕のライフワークです。「ちゃんと撮るぞ」という時は5DMK2とNEX3の2台体制。レンズの組み合わせはコンタックスRTS3とG2をおもに使っていたフィルム時代から色々なのですが、デジタル化・NEX導入後は5D+プラナー50mm/1.4ZE(コシナOEMツァイスのキャノンマウント)&NEX+16mm(24mm相当)が今のところ基本装備になってます。

フィルム時代には、これら標準とワイドのほかに中望遠と超広角(プラナー85mm/1.4orゾナー135mm2.8、Gビオゴン21mm/2.8)もカメラバッグに入れていたことが多かったですが、EOSマウントのまともな単焦点望遠レンズは持っていない(今日日の仕事は、ほとんど3本の2.8ズームで済んでしまうので)し、NEX用の20mmクラスがまだ出ていない。まあ、その辺は「あればいいな」というものですし、誰もが懐具合が寂しいこの時代です。僕は高い金を出してコシナツァイス等を買い揃えることはせず、仕事用に持っているシグマの105mmマクロ(これがコンパクトで一見ツァイスっぽいシャープネスのあるバカにできないレンズ)と、なぜか昔から持っているM42マウントのイエナ・ツァイス20mmをEOSマウント化して代用してます。

話が前後してしまいましたが、僕はストリート・スナップは基本、単焦点派です(状況によってズームも使いますが)。ズームレンズの強みはもちろん、レンズ交換をなるべく省いてシャッターチャンスに強くなるということです。僕の場合、その要素を重視していると同時に、数センチ・数ミリ単位のフレーミングができる点を重宝してます。今のアマチュア界ではズームが入門用、単焦点は玄人用と考える向きもあるようですが、僕に言わせればとんでもない。ズームを使いこなす方がよっぽどテクニックがいります。基本は単焦点と同じような使い方の中で、中間的な画角で微調整していく、というのがズームの真髄だと思います。

ストリート・スナップを撮るときは、そういうテクニカルな部分よりも「一押し入魂」みたいな精神面を重視したい。だから、ズームに対して一手間省けて、技術的にも精神的にも潔い単焦点の方が気分がノルのです。「仕事」であることよりも「作品」であることが大事な時は、このノリを何よりも大事にしています。

一方で、50mm1本!みたいな潔良すぎる写真は僕のスタイルではない。また、動きのある光景を撮ることが多いのでレンズ交換でシャッターチャンスを逃したくない。だから、大きめの一眼とコンパクトの2台に焦点距離の違う単焦点レンズをつけて街を徘徊するのです。

c0035245_048457.jpg

2011/4月、東京・上野 CANON EOS 5DMK2 Planar50mm/1.4 絞り優先オートF5.6 ISO400
c0035245_0525147.jpg

2011/4月、京浜東北線・SONY NEX3 16mm/2.8 絞り優先オートF5.6 ISO400

タイトル下含む上3枚の作例は、震災からまだ日が浅い、一種異様な雰囲気の中にある都内の日常を少しだけ切り取ってみました。テストショット的な意味合いがある中で、NEX3とMFのプラナー+5Dのストリート・スナップ機としての「ノリの良さ」を気にしながら撮りましたが、良いですね。NEXのシャキシャキと小気味よく切れていくシャッターは気持ちがいい。こうして並べた時の5DとNEXの画像の違和感もほとんどない。透明感と色乗りの良さが同居した一種ピ−キーなキャノンもしくはツァイス的な画像の捉え方とソニーのそれは同系統にあると思わせる。もちろん、カテゴリの違うカメラ・レンズだから「同じ」ではないですが、相性は良い。都会の街頭風景においては特に良いペアだと思います。

撮る「過程」の部分も、良いですね。コンパクトデジタルカメラ特有のレスポンスの遅さも許容範囲内。特に、現行のデジタル一眼の中ではレスポンスが悪い部類に入る5Dとの同時使用だから問題ありません。僕は日中のストリート・スナップでは随時露出補正をしながら絞り優先オートを使うことが多いのですが、5DもNEXも背面ダイヤルを回して露出補正をするので、ここの整合性もgood。NEXだけの性能面も特に大きな不満はなし。AFは中央重点で固定してますが十分早いですし、MFもG2よりは使えます。起動が遅いとか、そもそも液晶ディスプレイは光学ファインダーよりも見えにくいとか、このカメラのコンセプト自体から発生する問題は「慣れ」と「腕」で克服できるものだと思います。

訓練で補う部分を抜きにして最初から最高の条件が欲しければ、何十倍もの金を出してライカM9でも買えばいい。レンズ2本付で4万円弱というカメラにそれらに匹敵する120%の「過程」を求めるのは筋違いというものです。これだけ高水準のカメラであれば、最高水準のカメラとの結果の違いのほとんどは、カメラの「性能」ではなく、撮り手の「腕」とそのカメラを扱う「慣れ」の問題と思います。もっとも、これは「撮りっぱなし」ではなく、その先の画像調整(昔でいう暗室作業)込みの話ではあります。

ただ、スマイルモードとかそういう余計は機能は全部OFFです。こういう「カメラが写真を撮る」という発想のよく分からない機能は本当に意味がない。これらを省いて基本性能や基本的な造りをしっかりさせたこのカテゴリのカメラが本当は欲しいです。ライカとかブランドものじゃなくて、リーズナブルな実用機で。まだしばらく無理でしょうね。今の日本企業が最も出来ていない部分に関わる問題だから。

(2)自分の犬を撮る
NEXで一番枚数を取っているのがこれ。犬や猫を撮ることが僕の仕事の大きな部分を占めているのですが、自分の犬のふだんの姿を撮ったり、散歩に持っていくのはもっぱらNEXになりました。もちろん、犬そのものを撮るのに一番良いのは動体撮影に優れた一眼です。ここで言うのはあくまで自分のペットの「あっ、かわいい」というシーンをパッと撮るような、ごくプライベートな使い方です。いつでも気軽に持ち出せるコンパクトサイズでありながら、一眼並みの画質でペットの姿を残せるのでとても重宝してます。一眼しかない時代よりもたくさん撮ってます。それだけでもNEXを買ってよかったと思います。
c0035245_28110.jpg

NEX3 18-55/3.5-5.6 絞り優先オート・F8 ISO200
c0035245_2121425.jpg

NEX3 Gビオゴン28mm/2.8 絞り優先オートF5.6 ISO200
c0035245_2143665.jpg

NEX3 16mm/2.8 絞り優先オートF4・-0.3 ISO400

自分の犬を撮る場合、たいていは日常生活の中での撮影になるので、レンズ交換なしでコンパクトカメラ的使い方になります。今NEXに使える3本でそれぞれ撮ったのが上の作例。結論から言えば、犬にはズームが楽!なるべく動きの中での自然な姿を撮りたいので、ズームレンズの速写性の部分が威力を発揮します。純正キットについているこの18-55(概ね28-85相当)の写りは、いわゆるコンシューマー向けの「安モノ」だと思っていたので写りに不安がありましたが、なかなかどうして。レンズメーカー製の高倍率ズームのような抜けの悪さを覚悟していたのですが、16mmの描写とほとんど変わらない。草の緑や半逆光くらいの微妙な光線状態での青空の色合いがやや昔のデジカメのような「デジッとした」不自然さがあるものの(これは16mmも一緒)、Photoshopの調整である程度は補える。それ以外の描写はEOSレンズのF4ズームに迫るくらい。十分及第点です。

16mmは室内で重宝する一方、屋外で小型犬を撮るには単体ではちょっとワイドすぎるかも。マウントアダプターを介してコンタックスG用のビオゴン28mmも使ってます。写りはフィルム時代から全幅の信頼を寄せているレンズなのでもちろん文句なし。画角も42mm相当になり、単体で使い良い。ただ、はっきり言って光学ファインダーなしでマウントアダプターを介して無理やりMFで撮るのはキツイ。街頭スナップのような撮り方の場合はまだしも、動きまわる犬をある程度浅い被写界深度で撮るのは難しい。結論:マウントアダプター遊びは犬以外でやったほうがいい。純正のズームが良いだけに。

(3)釣り
いや、まあ釣りに限らないのですが、純粋な記録とか記念写真も専らNEXになりました。僕の釣りはほとんど夜釣りなのですが、付属の小さな外付けストロボでバシッとやります。ちょっと雰囲気を出したい時はISO800〜3200まで上げて環境光で撮るのも一興。大きくプリントアウトすることは絶対にないので、モニターできれいに見えればOK。そのレベルでは1600、あるいは3200も実用感度です。
c0035245_2514229.jpg

左)ISO800 1/20 F2.8 右)ISO800 1/40 F8 ストロボ同調

by hoq2 | 2011-07-18 02:58 | カメラ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://hoq2.exblog.jp/tb/16612231
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。