うちの犬たち

c0035245_2330577.jpg

ブログを再開して1カ月近く経つが、そういえばうちの犬たちを改めて紹介していないことに気づいた。みんなに自己紹介してもらいましょう。

ゴースケ
フレンチ・ブルドッグ(パイド=白黒)/オトコ

<生年月日>2002年7月30日
<一人称> 俺・ボク(弱気時)
<性格> 頭は良いが、考えすぎて自滅するタイプ。一見クセモノだが、本当は気弱でやさしい。マイペースのようで優柔不断なところも。マメに八つ当たりされても耐えるオトコらしさがある。
<好きなモノ> 車(特にスバル・サンバー)、電車(特に京成線各駅停車)、労働者風の男
<苦手なモノ> 大型犬、雨、病院

爺さん
雑種・白 / おじいさん

<生年月日> 不明・2010年1月没
<一人称> わし
<性格> お年寄りらしい穏やかな性格。若い頃はやんちゃだったが、歳を重ねて丸くなったクチと思われる。粗食や放浪に耐える逞しさとオナゴ好きな面もあるが、母猫とかマメとか、強い女は怖い。
<好きなモノ> 焼き鳥、海、コリー風の上品な女性・コマタの切れ上がった女性
<苦手なモノ> マメ(気の強い若い女子)、猫

マメ
フレンチ・ブルドッグ(ブリンドル=黒)/ 女子

<生年月日> 2003年4月30日
<一人称> あたち
<性格> 目の前で起きたことに一つ一つ反応して生きていくタイプ。自分がカワイイと自覚している。世界は自分を中心に回っていると本気で思っている。活発でイキがいい。女子高生っぽい、典型的な"女子”。
<好きなモノ> 猫、乳製品、ウンコ的なにおい
<苦手なモノ> 特になし。


ゴースケとマメは普通にペットとして迎えた犬です。爺さんは保護した迷い犬で、結果的に我が家で4年間余生を送って今年の初めに亡くなりました。

それから、長野で田舎暮らしをしている実家には、マリー(通称マリ)という犬がいます。
c0035245_015257.jpg

マリー
ゴールデン・レトリーバー / 女の子

<生年月日> 2008年4月
<一人称> あたし
<性格> 天真爛漫な金髪カントリー娘。そばかすがありそうなタイプ。いつもみんなにかまって欲しい。暑いのも寒いのも、泥んこになるのもへっちゃら。ごく稀に、人に従うことに喜びを感じる、レトリーバーらしい真面目さも垣間見せるが、9割方はフリーダムに生きる。
<好きなモノ> 人が食べるような食事、遊んでくれる犬・人、マッサージ
<苦手なモノ> しいて言えばドッグフードは好きではない。


最後に皆さんの子犬のころの写真を。みんなかわいかったねえ。でも、性格も姿も変わってないっちゃ変わってないなあ。爺さんの子犬時はナゾに包まれているので保護した当時のズタボロ姿の写真を載せたけど、やはり10ウン年の重みを感じる。良い意味で苦労人の顔だ。
c0035245_0311712.jpg





by hoq2 | 2010-12-19 00:31 | 日記 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://hoq2.exblog.jp/tb/15631364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 小春母 at 2010-12-19 23:35 x
遡って拝読させて頂きました。
お引越しなさっていたんですね。ならば尚更、あそこで偶然お会い
出来て嬉しかったです。そして、ゴースケ君、マメちゃんのお名前も
スグにピン!とくるお名前でしたし。
<爺さん>、きっと想像を超えた辛い思いもしたでしょうけど、
最期の4年で一生分の運を使って“家族”を得たのですね。
巡りあいは縁だとも思いますが、保護される一握りの捨て犬?は
強い運を持った仔だとも思います。
ゴースケ君と小春は同い年なので元気に過ごされているとの事で
安心しました。シニアに入って、少しでも長く一緒にくらせたらと
思うこの頃です。
Commented by hoq2 at 2010-12-21 23:37
>小春母さま
お越しいただきありがとうございます。シニア期の犬に対する愛情は、また若い頃と違いますね。若い頃のように色んな体験をさせてやりたいという気持ちよりも、いつも通りの普通の1日1日を共に大事に過ごしたいと思っています。