【21st Century Snapshotman 】無駄に浴衣の日(2本の良レンズと2本のダメレンズと共に) 馬事公苑 ↔ 二子玉川 2017.8.19


c0035245_23222695.jpg


所用で馬事公苑あたりで2泊することになり、空き時間に都内で半日スナップできることになった。どこを歩こうかと迷ったのだが、歩いて二子玉川へ行くことにした。つい昔住んでいた所や思い出の地にばかり足が向いてしまうのが、最近の自分の悪い癖だ。そして今回もまた、ノスタル爺になってしまった。まだ駅名が「二子玉川園」だった遠い昔、2年ちょっとという短い期間(高1から高2の途中まで)だったが、駅から多摩川沿いにしばらく上流に歩いたあたりに住んでいた。以来、そのあたりには全く足を運んでいない。まずは用賀駅に向かって歩き始める。

c0035245_23144650.jpg


c0035245_23171891.jpg


c0035245_23182237.jpg


c0035245_23250369.jpg


c0035245_23410234.jpg


この日は多摩川の花火大会の日であった。花火そのものは滞在先の屋上から見ることになっていたので、花火開始前の人出とか、そんなものを撮ってみようか。住んでいた頃も、花火大会の日は特別感があったのを思い出す。確か、好きだった女子を初めて誘ったのもこの多摩川花火大会だった。

それと、もう何十年も見ていない旧自宅マンションの前を通ってみることも主目的にした。二子玉川と言っても、駅から徒歩20分から30分はかかる僻地だ。それでも、そこに住んでいた頃はよく友だちが遊びに来てくれた。ちょうど写真を始めた頃で、部屋を暗室にしていたので現像・プリントしに写真仲間が来た。それと、夜中に3、4人で多摩川の河原で『ホク』と自分たちで呼んでいた即興音楽をよくやった。そういう変わった高校生たちのたまり場になっていたのだ。

c0035245_23361600.jpg


c0035245_23422947.jpg


c0035245_23440930.jpg


c0035245_23460071.jpg


c0035245_23375114.jpg


c0035245_23474449.jpg


c0035245_23491169.jpg


二子玉川駅に到着。まだ昼前なので、花火見物客はそれほどいないようだ。多摩川沿いを上流に向かってかつて住んでいた地域へ向かう。

今回は2本のアトムレンズ=放射能レンズを持ち出した。今年3回の合同展に参加させてもらったPaperpoolで、この黄変したレンズをテーマにした写真展が企画されており、僕も参加表明している。俗に言うアトムレンズ(トリウムレンズ)とは、光の屈折率を上げるために放射性物質であるトリウムをガラス硝材に混ぜているレンズのこと。70年代初めくらいまでは結構あったのだが、その後は作られていない。健康被害があるレベルではないが、時代と共に放射性物質を使うことが忌避されたことと、レンズを高性能化する他の技術がどんどん出てきたためだとされている。

僕の手持ちのレンズで放射能を発しているのはキャノンFD 35mm F2 S.S.Cと、オリンパスZUIKO 50mm F1.4。Paperpoolさんに置いてあるガイガーカウンターで測定すると・・・

まずFD35

c0035245_02284182.jpg


そして、ズイコー50mm

c0035245_02295108.jpg


ズイコーの方は前玉を測定器に向けると反応し、FDは後玉で反応。ズイコーの方が数値が高かったが、これはレンズの黄変ぶりで予測できた。今生き残っているアトムレンズは経年変化でほとんどがはっきりと黄色く変色しているのだ。屈折率を上げることによる恩恵に加えて、今では白黒で撮った場合は逆にこの黄変がイエローフィルター的な役割を果たしてコントラストが上がるなんて言われているが、う〜ん、まあ理論的にはそういうことになるのかな?アトムレンズ=写りが良いとまで言うのは眉唾ものではあるが、カメラ談義的には面白い。

c0035245_02471799.jpg


ともかく、今回はその写真展の話があるので、テストを兼ねてこの2本を持ち出したわけだ。ここまでの写真では、トップの浴衣の人たちの写真とこの下↓の恰幅の良いおじさんがズイコー50mm、イタチの石像から路上のシトロエンまでの3枚がFD35mm。確かに古めのレンズの柔らかさと現代的なシャープさが共存したすごく質の高い描写だ。それが黄変のせいなのかは分からないが、トリウムを使ったことによる設計的な恩恵の影響は間違いなくあるだろう。

c0035245_02505618.jpg


c0035245_02524982.jpg


今回はそれに加えて、ワイド端とテレ側も初実戦投入のレンズを使った。フィルム一眼レフ再開で色々と集めているうちに、ボディについてきたり欲しいレンズとセットで投げ売りしていた2本だ。ワイドの方がFDマウントのコシナ20mmF3.8、望遠はズイコー75-150mmF4。この下の鳥居とバスの写真などがコシナの20mmなのだが、無調整では出せないくらい甘い(下の写真はかなりシャープネスを上げて焼き込みなどもしている)。ネット上の評判も史上最低の20mmなどと散々なのだが、まあその通りかなと。ただ、問題は周辺部の流れと逆光耐性の弱さなので、それを味とすれば数千円から高くても8000円くらいで手に入る20mmなど他にないので、存在価値はあると思う。

75-150mmの方は、MF時代のズームに期待してはいけないという定説そのままという感じ。特にテレ端の開放付近は画面全体が甘く、アナログでもデジタルでも四つ切(A4)以上に伸ばしたくはない画質だ。2枚目の2人の傘のご婦人の写真などがそうだが、このブログサイズくらいが甘さを隠せる限度だろう。逆に言えばブログ掲載程度ならば十分。ズームは特に望遠域では便利なので画質と天秤にかける価値はある。

c0035245_03111887.jpg


c0035245_03132496.jpg


c0035245_03151566.jpg


c0035245_03163002.jpg


c0035245_03181447.jpg


駒沢大学のキャンパスの前にある砧本村バス停。この時点で昔住んでいたマンションは通過しているが、健在であった。ただ、老朽化が進んで補強工事中だったようだ。二子玉川駅前の発展ぶりとは対照的に、このあたりの23区の外れのエアポケットのような独特な雰囲気は変わらない。町並みもだいたい記憶通り。ただ、周辺の道路は苔むしていいて、空き家もちょこちょことあった。数十年の時間は、確実に流れていた。

c0035245_03263299.jpg


c0035245_03273693.jpg


RolleiA26でちょっとノスタルジックに。

c0035245_03303295.jpg


多摩川の土手に出ると、花火大会の準備が着々と進んでいた。

c0035245_15490527.jpg


c0035245_03335050.jpg


c0035245_03351309.jpg


c0035245_03363321.jpg


c0035245_03373410.jpg


c0035245_03390991.jpg


モワッとして晴れているのか曇っているのかはっきりしない天気であった。土手を降りて駅の方へ戻る。

c0035245_03430559.jpg


c0035245_03415917.jpg


c0035245_03441547.jpg


c0035245_03450714.jpg


c0035245_03462237.jpg


c0035245_03472191.jpg


駅に戻ると浴衣女子でごったがえしていた。外国人も多い。かつては花火大会と言えば日本独特の夏の風物詩だったが、世界中の人が楽しんでいる今の方が自分には健全に見える。こういう文化を共有するグローバル化には大賛成だ。

c0035245_03513803.jpg


c0035245_03524566.jpg


c0035245_03541012.jpg


c0035245_03573430.jpg


人でごった返す駅を通り抜けて用賀方面に戻る。

c0035245_04004377.jpg


c0035245_04015589.jpg


c0035245_13464918.jpg


c0035245_13485197.jpg


c0035245_13503870.jpg


c0035245_13530093.jpg


c0035245_13543465.jpg


c0035245_13561378.jpg


このあたりから暗雲が立ち込め始め、一気に暗くなる。夕立ちの気配の中、家路を急ぐ人たちと一緒に歩調を速めた。

c0035245_14004207.jpg


c0035245_14020717.jpg


c0035245_14031633.jpg


c0035245_14043367.jpg


c0035245_14061148.jpg


c0035245_14071190.jpg


ギリギリセーフで滝のようなゲリラ豪雨が始まる前に滞在先に避難することができた。もちろん、花火大会は中止。二子玉川まで出向いた人たちは、浴衣で外出しただけでも良い思い出となったことを願う。

【使用機材】
Olympus OM-4
G.Zuiko AUTO-W 28mm F3.5
G.Zuiko AUTO-S 50mm F1.4
Zuiko AUTO-ZOOM 75-150mm F4

Canon A-1
FD 35mm F2 S.S.C
Cosina 20mm F3.8 (Canon FD)

Rollei A26


    


by hoq2 | 2017-10-23 15:29 | 写真(Street Snap) | Trackback | Comments(0)

【21st Century Snapshotman 】「人」への回帰 千駄ヶ谷 ↔ 原宿 2017.7.14


c0035245_14150979.jpg


フィルムへ回帰したのが昨年の春。今年の春からは、さらに一眼レフに回帰した。最初の1年間は主にライカでフィルム撮影をしていたのだが、瞬発力の面では自分にとっては、使い慣れていてより直感的に操作できる一眼レフに分があると思い、少しずつ眠っている機材を整備したり昔使っていたカメラを買い直したりしてフィルム一眼レフ回帰の準備をしていった。レンズは最近はそうでもないが、フィルム一眼レフのボディは需要が少なく、少し頑張ってあちこち探せばタダみたいな値段で手に入る。中でも修理が困難なため需要が少ない電気式のカメラは元の相場が安いので、OH済のものか状態の良いものを探した。

もちろん、ライカ(35mmレンジファインダー機)を捨てたわけではなく、スッと空気感を切り取りたい気分の時にはライカ、一瞬の反射神経で通行人を絡めた街頭スナップを撮りたい時は一眼レフと使い分けている(習熟訓練や展覧会のテーマに沿うため、必ずしもこの使い分けに忠実にやってきたわけではないが)。この「通行人を絡めた街頭スナップ」は10代から30代にかけて好んで撮っていたテーマだが、世の中が過剰に個人情報云々言うようになって非常に撮りにくくなったこともあり(自分の側にも理由はある)、ベルリンで集大成の写真展と写真集出版をして区切りをつけてからは、ほとんど撮らなくなっていた。


c0035245_14470729.jpg


しかし、ネット社会が熟してきて、個人情報の扱いに関しても過剰反応がだいぶ収まってきたことや、街頭スナップを含むデジタル化以前の写真文化が見直されている社会情勢と共に、自分の中でもかつての「人」を撮るという情熱が復活してきた。ただ、最近の「人のいない情景」を撮る試みを通じて自分の写真も変わってきているので、以前とは少し趣きの違う新しい「通行人を絡めた街頭スナップ」を模索したいと思っている。

撮影する町も以前は山手線環内の都心が中心だったが、今は郊外住宅地や地方都市、田舎町もよく撮っている。だが、今回は原点に帰って千駄ヶ谷駅近くから歩いて原宿あたりの通行人で溢れているエリアを撮った。

c0035245_14491212.jpg


c0035245_14504104.jpg


c0035245_14573975.jpg


c0035245_14590997.jpg


カメラはキャノンA-1とコンタックスAriaの2台体制。A-1はNFD28mmF2.8、FD55mmF1.2、NFD80-200mmF4の3本を交換しながら使用。Ariaはシャッターチャンス対応用とし、テッサー45mmF2.8を固定。どうしても超広角が欲しい時にディスタゴン18mmF4を随時使用する形とした。

c0035245_15075981.jpg


c0035245_15085541.jpg


c0035245_15112141.jpg


c0035245_15125069.jpg


c0035245_15143000.jpg


c0035245_15160394.jpg


単純に二極化などできるわけがないのだが、大雑把に言って、この手のスナップは人そのものを撮る場合と情景の一部に人を入れ込む場合があると思う。僕はどちらかというと長年後者を志向してきたが、その傾向は年々高まってきている。よく「瞬間的に撮るのか、待って撮るのか」と聞かれるが、情景の一部に人を入れ込む場合は待って撮ることも多くなる。カメラを2台持って一台を瞬発力重視、もう一台をレンズ交換ありのじっくり撮る用にしているのも、「脊髄反射」と「待って撮る」の両方に対応するためだ。もちろん、実際の撮影はケース・バイ・ケースになるので、そこに拘りすぎてはいけない。

c0035245_15334303.jpg


c0035245_15352310.jpg


c0035245_15373202.jpg


c0035245_15395511.jpg


c0035245_15414175.jpg


c0035245_15432654.jpg


c0035245_15450014.jpg


c0035245_15475335.jpg


今は山の中に住んでいるのでなおさらファッションには疎いのだが、街頭風景を彩る重要な要素として道行く人たちのファッションの傾向には一応目を配っているつもりだ。3年くらい前から80年代リバイバルのファッションが出てきて、今はすっかり長年続いた60年代リバイバルを駆逐したようだ。今は外国人の通行人も多いので、そこに差はあるのだが、日本人とアジア人はすっかり80'sが標準になっていることを、今回、「ものすごく頑張っている人たち」で溢れたこのあたりを久しぶりに歩いて実感した。景気が良くてキラキラしていた時代の、そして自分が写真を始めた頃のファッションである。活気があって青春チックで結構なことだ。

c0035245_15584023.jpg


c0035245_16005908.jpg


c0035245_16021775.jpg


c0035245_16033288.jpg


c0035245_16045436.jpg


c0035245_16070252.jpg


c0035245_16084787.jpg


個人的には60年代から70年代の文化が好きで80年代90年代はクソだと思っているが、今の80'sリバイバルファッションは何十年も停滞していた日本がようやく上を向き始めた表れでもある。どこへ行っても寂れて終った感漂っていた2010年代の日本の街頭風景にも、ようやく活気が戻ってきたのを感じる。人がいなくても人気(ひとけ)があるという80年代の東京の、あの他に類を見ない活気である。

c0035245_16175876.jpg


c0035245_16113031.jpg


c0035245_16123710.jpg


c0035245_16140829.jpg


c0035245_16165127.jpg


c0035245_16201038.jpg


c0035245_16211810.jpg


c0035245_16235361.jpg


c0035245_16252110.jpg


c0035245_16262382.jpg


c0035245_16272199.jpg


テニスボールおじさんの正体は想像がつかないが、90年代以降のファッションの流行は若者たちが作り上げているというより、おじさんたちの都合で回っているような気がする。80年代までは、その時代のオリジナルだったけれど、以後は戦後の10年ごとのファッションがローテーションで繰り返されているだけだ。なぜそうなるかというと、業界で発言力が強く決定権がある人たちが、自分たちが若かった頃のファッションを流行らせているからだろう。世代に関係なく、全く新しいものを作り出せる人間はごく一握りだ。自分の時代の感覚しか持ち合わせていない人が多いのだから、自ずとそうなる。その意味で、リバイバルの繰り返しにしないためには、「今」を生きている若者に任せる必要があるだろう。政治なんかよりファッションの世界こそ老害がひどいと思うのだが、いかがだろうか?

c0035245_16363308.jpg


c0035245_16372477.jpg


c0035245_16381446.jpg


c0035245_16395595.jpg


c0035245_16405818.jpg


ファッションに限らず、写真文化を含む文化全体に「流行」などというものがなくなるのが、成熟した社会だと思う。各々が自信を持って自分が向きたい方向を向けばいい。てんでバラバラに見えて、全体を見渡せば一つに見える。それが人類の等身大の姿である。竹下通りや渋谷あたりの通行人のファッションがてんでバラバラになる日が来て欲しいものであるが、既にわずかにその傾向は見えている。

c0035245_16462240.jpg


c0035245_16472068.jpg


c0035245_16485640.jpg


c0035245_16495148.jpg


c0035245_16504577.jpg


c0035245_16520874.jpg


c0035245_16530238.jpg


c0035245_16535711.jpg


c0035245_16545830.jpg


明治通りに出て、東郷神社を抜けて千駄ヶ谷に戻る。次に繁華街を歩く時は、もっと物理的にも心理的にも「人」に近づいて撮りたいと思う。

c0035245_17000392.jpg


c0035245_17005688.jpg


c0035245_17014961.jpg


c0035245_17023841.jpg


c0035245_17034186.jpg


c0035245_17043302.jpg


c0035245_17052102.jpg


【使用機材】
Canon A-1
New FD 28mm F2.8
FD 55mm F1.2
New FD 80-200mm F4

Contax Aria
Carl Zeiss Tessar 45mm F2.8 AEJ
Carl Zeiss Distagon 18mm F4 MMJ


     

by hoq2 | 2017-10-21 17:25 | 写真(Street Snap) | Trackback | Comments(0)

【Nagano Snapshot】茅野でチノン6 CS & CE3 Chinon一眼レフで白樺湖を撮る 2017.7.10

c0035245_20203020.jpg


2011年に東京から移住した長野県茅野市を、かつてこの町で製造していたチノンのカメラで撮っている。最初はチノン銘のレンズ(M42マウント)だけを揃えてマウントアダプターでデジタル撮影するにとどめていたが、コンパクトカメラの「ベラミ」を手に入れたのをきっかけに、チノンのボディにも興味を持ってしまった。





チノンの一眼レフは、M42スクリューマウントのものとペンタックスKマウントのものがある。欧米への輸出が主だったため、いずれも国内ではほとんど中古市場には出回っていない。イギリス、アメリカ、フランス、ドイツあたりでは1970〜80年代には結構ポピュラーだったようで、ニコン、キャノン、あるいは同マウントのペンタックスよりもさらに廉価版のカメラとして、複数のブランド名で同一機種が売られていた。

僕は、フィルム一眼レフでスナップを撮るにあたっては、「絞り優先AE、マニュアルフォーカス、手巻き」が最もしっくりくる。フィルムカメラがタダみたいな値段で手に入る今は、複数のマウントのシステムを揃えるという贅沢ができるわけだが、ボディ選びの基準は上記に当てはまる70年代後半から80年代前半の機種と、末永く修理しながら使えるフルメカニカルの機種の2台を最低限揃えることにしている。ニコンならF3+FM2、キャノンならA-1+FTb、コンタックスならRTS+S2、オリンパスならOM4+OM1といった具合だ。

で、チノンはもともとレンズをM42で揃えていたので、同マウントの「絞り優先AE、マニュアルフォーカス、手巻き」のCE-3 MEMOTRON と、フルメカニカルのCSをebayで揃えた。CE-3はスクリューマウントでAEを実現するため、瞬間絞り込み測光という珍しいシステムを採用している電気カメラ。CSはフルメカニカルで絞り込み測光の露出計を備えたキャノンFTに似たスペックのカメラだ。CE-3はフランスから、CSはイギリスからの茅野への里帰りである。

c0035245_21235995.jpg


CE-3は最初シャッターが固まっていたのだが、接点復活スプレーで回復。早速、我が家がある別荘地からほど近い白樺湖の湖岸をCSとの2台体制で歩いた。レンズはいずれもチノン純正。AE機のCE-3はシャッターチャンス対応用とし、標準55mmF1.7を固定。CSは28mmF2.8、35mmF2.8、135mmF2.8を交換しながら撮った。

c0035245_21323483.jpg


c0035245_21341831.jpg


c0035245_21355403.jpg


c0035245_21411427.jpg


c0035245_21482943.jpg


チノンのM42マウントのレンズには、フィルター径52mmで距離表示などの文字が緑色のタイプと55mmで黄色のタイプがあり、僕が所有しているのは、28mmと55mm1.7が緑、35mmと135mmが黄色だ。緑の方は誇らしげにmulti-coatedと書いてあり、黄色タイプはモノコートに見える。緑が新しいタイプなのだろう。

ただ、非常にややこしいことに、緑と黄色では絞りの回転方向が逆で、なおかつ、ピントリングの回転方向はまちまちである。これは非常に使いにくい。大手では当たり前の、システムとして統一する気が最初からなかったようだ。

・28mmF2.8(緑)・・・ピント=キャノン・ライカ回り、絞り=ニコン回り
・55mmF1.7(緑)・・・ピント=キャノン・ライカ回り、絞り=ニコン回り
・35mmF2.8(黄)・・・ピント=ニコン回り、絞り=キャノン・ライカ回り
・135mmF2.8(黄)・・ピント=キャノン・ライカ回り、絞り=キャノン・ライカ回り


今回の撮影では使用していないのだが、このほかに55mmF1.4というレンズを持っている。これはデザインは黄色タイプに似ているが水色で「MULTI-COATED」の文字が銘板にプリントされている。あまり出回っていない緑タイプとも黄色タイプとも違う意匠のデザインである。で、回転方向はというと・・・緑タイプと一緒であった。

・55mmF1.4(水色)・・・ピント=キャノン・ライカ回り、絞り=ニコン回り

c0035245_22481215.jpg


気になったのでうちにあるレンズで調べてみると、「ピント=キャノン・ライカ回り、絞り=ニコン回り」は、オリンパスOM(ズイコー)と同じであった。35mmF2.8(黄)の「ピント=ニコン回り、絞り=キャノン・ライカ回り」は所有レンズでは他になかった。同じ「緑」に分類した28mmと55mm1.7もピントリングのゴムの模様がひし形と四角で違ったり、28mmの方は絞り表示が切り込み窓の中で動くデザインになっている、「MULTI-COATED」の緑文字が大文字と小文字で違うなど、デザインに統一性がない。やはり、先に書いたように、チノン・システムとして統一性を持たせることは端から考えていないのである。そのあたりに、M42→Kと、小メーカーとしてユニバーサル・マウントに賭けたという事情が伺える。ただ、結局、ユニバーサル・マウントという考え方自体が大手に否定されて今日に至るわけで、このあたりの選択はいかにも消えてしまったメーカーらしいと言える。

写真の方に戻ろう。白樺湖はもともと農業用の溜池で、水もそれほどきれいではなく、周囲に遊園地があったりして「美しい高原の大自然」と言うには語弊がある。でも、標高1400mの高原の空気は爽やかであり、隣接する車山高原・霧ヶ峰あたりから八ヶ岳を望む景観は大自然の迫力がある。本当の大自然を相手にすると「風景写真」「ネイチャーフォト」になるが、白樺湖くらいの舞台が白黒で手持ちでスナップしていく限界点であろう。つまり、これよりも都会ならばスナップできるというのが僕の感覚だ。

c0035245_22570894.jpg


c0035245_22590439.jpg


c0035245_23003797.jpg


c0035245_23022120.jpg


c0035245_23035540.jpg


c0035245_23052586.jpg


最近は特に、ケレン味で勝負するようなファッション性の高い街頭スナップよりも、こういう地味で淡々としたスナップが好きだ。その点で、チノンを選んだおかげで、夏の夕方の草むらやなだらかな車山の丘陵にまっすぐにレンズを向け、それを柔らかく捉えることができたと思う。昔の廉価版のレンズであり、先に書いたようなシステムとして甘さはあるものの、写りを見れば基本的な部分はしっかりとしたまともなレンズだ。自然相手にトイカメラのようないい加減な写りはたいていは好ましくないが、しっかりとした中に甘さの残る描写がなんともちょど良かったのだと思う。撮り手の意識としては「そこそこの機材で奇をてらわず丁寧にスナップする」を心がけた。

c0035245_23142128.jpg


c0035245_23155402.jpg


c0035245_23171237.jpg


c0035245_23182245.jpg


c0035245_23192858.jpg


c0035245_23204332.jpg


c0035245_23213919.jpg


c0035245_23223549.jpg


c0035245_23235946.jpg


c0035245_23245581.jpg


c0035245_23255088.jpg


ということで、今回は機材選択がハマった撮影行だったと思う。

【使用機材】
CHINON CE-3 MEMOTRON
AUTO CHINON 55mmF1.7

CHINON CS
CHINON 28mm F2.8
AUTO CHINON 35mm F2.8
AUTO CHINON 135mm F2.8


    

by hoq2 | 2017-10-19 23:51 | 写真(Naganao snapshot) | Trackback | Comments(0)