デジタル化の波に流されてきたもの ライカM6とSummilux 35mm F1.4 (2nd)

c0035245_19491911.jpg


写真のデジタル化の波は、当初考えていたよりもずっと大きなうねりだったと思う。銀塩写真がすっかり過去のものとなった今、振り返るとデジタル化の波に乗れなかった(乗らなかった)仲間がゴマンといる。自分は、1990年代末期の過渡期を真っ先にデジタル化を進めた新聞社の写真部で過ごしたので、ほとんど抵抗なくデジタル写真を受け入れることができた。でも、僕は高校1年生だった1985年ごろに本格的に写真を始めたのだが、同世代の仲間の多くは30歳前後でデジタル化の洗礼を受けている。つまり、デジタル化という写真の一大変革期が訪れた時に社会人として最も忙しい時期に入っていた。学生時代に写真にのめり込み、その後もまだフィルムが主流だった頃は写真趣味を細々とでも続けていた人たちもかなりいたのだが、デジタル化を境に写真そのものから疎遠になったというケースが非常に多いのだ。最近はフィルム未経験者がかえって新鮮に感じてフィルム写真を始めるという一周回ったような状況で、僕のような出戻り組の受け入れ先もあるのだが、出戻るタイミングすらも逸してしまった完全に波に取り残されたロスト・ジェネレーションは確実に存在する。

もっと上の世代の場合は、銀塩写真のノウハウが完全に確立してからの(彼らにとっては)突然のデジタル化だっただけに、どうしてもデジタル写真に対してシンパシーを持てなかったり、今もって頭の切り替えが追いつかないというケースが結構あるようだ。特に写真を仕事にしている人の場合は、デジタルネイティブの若い編集者らと写真そのものに対する向き合い方という根本の部分から話が噛み合わなかったりして、かなり苦労しているという話も聞く。

上の写真のM6とズミルックスは、先日大先輩の写真家からお借りしたものだ。その人も、写真家としてすごい実績がありながらデジタル写真の普及と歩調を合わせるように徐々に写真に対する情熱を失っていき、現在は絵と語りに表現の軸足を移している。このM6は、氏の愛機としてこれまで数々の名作を生み出していて、長年の付き合いがある僕にも馴染み深いカメラだったのだが、先日久しぶりにアトリエにお邪魔した際には無造作に本棚の片隅に置かれ、厚い埃をかぶっていた。僕が埃を払っていじっていると、ご本人も愛着あるカメラがこのまま埃に埋もれていくのは忍びないと思ったのではなかろうか。「好きそうだね。貸してあげるよ」と言ってくれた。それが、この年季の入ったブラックのM6とライカのオールドレンズの中でも特に高値で取引されるズミルックス35mmが今、僕の手元にあるいきさつである。

なにはともあれ、この機会がなければ一生手にすることはなかったであろうこの銘レンズで撮ってみよう。まずはすぐに結果が見たいのでデジタルで。ボディはα7II。フォクトレンダーのVME-Closefocus アダプターで最短撮影距離が1mという本レンズ最大の弱点をカバーしながら、室内や街頭で撮ってみた。

c0035245_21515016.jpg


c0035245_22045159.jpg


↑ヘリコイドアダプターの力を借りて0.7mくらいまで寄って開放付近で撮影。後処理で周辺光量落ちを補正し、少しシャープネスも足している。そうした“近代化“を施しても尚残るドリーミーな描写は、かえって味として歓迎できる品のいい収差だと思う(実際、巷ではこれを良しとするか欠点とするかで本レンズの評価ははっきりと分かれるようだ)。1961年の発売以来、1995年の生産中止まで基本設計は変わっていない。この個体は1988年製だが、クラシックレンズとまではいかなくても、オールドレンズのカテゴリに入るのは間違いない。

300年以上前に作られ、数億円の価値があるバイオリンの圧倒的な最高峰と言われるストラディバリウスと、現代の高級バイオリンの音色をブラインドテストで専門家を含む聴衆に聞かせたところ、現代のバイオリンの方が音色がいいと答えた人が多かったというニュースがあった。クラシックレンズ・オールドレンズの世界も同じようなものだ。目の肥えた写真愛好家らにこのズミルックスと現行の同様のスペックのレンズで撮った写真を見せて「どちらが画質がいいか」と聞けば、現行に軍配を上げる人の方が多いと思う。科学的な数値で比較しても、ズミルックス2ndに勝ち目はないであろう。それでも、新品のコシナ製のウルトロンやノクトンよりも中古のズミルックスの方がずっと価格が高い。「ライカ」のブランド力だけではない。数値的な追求ではどうにもならない、下町の中華屋のオヤジが何十年も積み上げてきたラーメンスープのような、時間をかけて自ずと出来上がってきた文字通りの「味」に価値があるからだ。クラシック音楽の世界ほどではないにしても、写真芸術もまた、デジタルな判断だけでは「良し悪し」を決められない。ライカレンズやストラディバリウスの価値には、商業的な仕掛けによる部分も大きいのだが、それを差し引いても、僕は前述のような非科学的な価値観は大切だと思う。

次に、野外の街頭スナップで、F5.6〜11のスイートスポットで撮影してみる。

c0035245_22231580.jpg


c0035245_22241638.jpg


c0035245_22252875.jpg


c0035245_22261811.jpg


c0035245_22271359.jpg


c0035245_22280507.jpg


多くの場合、ある程度絞るとまともなレンズならば文句のつけようのない描写になるが、このズミルックスは、なんとも言えない立体感に満ちている。ガラスを通した感があるオールドレンズの味を残しつつも、それと矛盾するようなモダンで実に明瞭な描写が共存している。非凡であり、素直に凄みを感じる。後処理の調整ではまかなえない、芯の部分で絶妙に上品なカラーバランスも、国産レンズに対するアドバンテージだと思う。

そして、夕暮れ時に向かって開放からF4でスナップ。

c0035245_22360709.jpg


c0035245_22370158.jpg


c0035245_22375945.jpg


c0035245_22384916.jpg


c0035245_22403066.jpg


c0035245_22411677.jpg


c0035245_22420454.jpg


目をこらしてデジタルな目で見ると甘い部分もあるが、これは「撮り手の腕とセンスが高ければ」という条件つきで「このレンズと心中してもいい」という類いの道具かもしれない。逆に、僕のようにマウントアダプターでソニーのデジタルミラーレスカメラにつけるというなんちゃってな使い方であれば、それを想定して今の時代に作られたウルトロンASPHあたりにしておいた方が良いと思う。つまり、デジタルで使うのならば、やはりライカのボディでないと説得力が出せないのではなかろうか。それくらい、特別感のあるレンズだと感じた。

というわけで、本来的な使い方はやはりモノクロフィルムであろうと、1本撮ってみた。

c0035245_00551210.jpg


c0035245_23054954.jpg


c0035245_23074434.jpg


ちなみに、ズミルックス35mmはフィルターネジがなく、フィルターは二分割できる専用の12504フードに組み込む方式である。借りた時にはそのフードの先端部がボコボコに変形していて、ネジ山が固着して分割できない状態であった(2枚めのα7IIに装着した写真)。それを解消するために、先端部を気兼ねなくぶつけられる社外品に交換させてもらった(1枚めの写真)。同時に、このフードに組み込めるシリーズVIIのND8フィルターをケンコーに特注した。フィルムのM型ライカは最高速が1/1000で、晴天屋外で開放付近を使うにはNDフィルターが必須。だから、僕はいつもライカでフィルム撮影する際にはNDフィルターを持ち歩く(ただし、今回は曇っていたので使っていない)。

c0035245_23093075.jpg


c0035245_23114294.jpg


c0035245_23125379.jpg


c0035245_23163375.jpg


c0035245_23220227.jpg


c0035245_23232562.jpg


c0035245_23244164.jpg


いやあ、やはりフィルムで撮ってこそである。一言で言えば、ものすごくシャープなのにしっとり感がある。僕は実は長年ライカ嫌いのツァイス派だったのだが、これにはさすがに舌を巻いた。若い頃はこのしっとり感が鼻についたのだが、ツァイス的な頂点ギリギリを目指す危うさがかっこいいと思う年齢を過ぎると、このズミルックスの描写のすごさが分かるようになる。僕は、このブログのタイトルにしているように、字面のごとく真実をそのまま写し取ったもの=「写真」なのではなく、写真とは、現実とは似て非なる「写像」だと思っている。目の前の現実は写像となった瞬間に異世界に変質する。あまりあからさまに変質させた異世界も品がないし、あまりに「写真」的であるのもまたつまらない。このレンズはその点、絶妙な写像を映し出し、心地よい「異世界」を見せてくれる。

もちろん、使う人間あっての道具であり、道具が良いだけではどうにもならない。ゆえに、こういう道具を使える撮り手でありたいと思わせるレンズである。そして、長年このレンズを使ってきた持ち主の力を再認識した。

  

by hoq2 | 2017-05-10 00:41 | カメラ | Trackback | Comments(2)

サクラチル 等々力渓谷 - ゴミの日の朝に 

c0035245_12563248.jpg


その朝は、資源ごみの日だったようで、春の強風の中をダンボールやらプラスチック屑やらが舞っていた。デジタルカラーでスナップしながら、九品仏の恩人宅から等々力渓谷を目指す。桜散る4月の土曜日。

c0035245_13023551.jpg


c0035245_13034408.jpg


c0035245_13045069.jpg


c0035245_13061042.jpg


c0035245_13070463.jpg


c0035245_13082600.jpg


友だちの家に泊まった休日の朝は、たいてい晴れていて気だるい。夜遅くまで話をしていたりして、肉体的に疲れていて寝ぼけているのもそうだが、友人宅を辞して1人になった時のふっと気が抜けたような精神状態が余計にそう感じさせるのかもしれない。この「気だるい朝」を迎えた時に何度か街頭スナップを撮ったことがあるが、今回は多分、20年ぶりくらいにその機会が訪れた。この世田谷の南の外れのエリアは、写真を始めた頃と重なる高校1、2年の短い期間に住んでいた場所でもある。その時代を懐かしむ気分も抱えながらの2時間余りの散歩となった。

c0035245_13214185.jpg


c0035245_13223411.jpg


c0035245_13233053.jpg


c0035245_13242919.jpg


二子玉川から多摩川沿いに20分以上歩いた所に住んでいた高校生当時、ぼんやりと部屋の天井の片隅を眺めながら、にわかに写真こそが一生を賭けてやりたいことだと気づいた。長々と語れる理由はなくはないが、それ以上に直感的なものだと言った方がいい。周りは10代特有の勘違い、思いつき、中二病だと生暖かく見守っていたようだが、きっちり30年後の今、このエリアを訪れて当時と変わらない街頭スナップを撮っていることが、その時の直感が間違っていなかったことの何よりもの証明である。

c0035245_13395133.jpg


c0035245_13405538.jpg


c0035245_13422488.jpg


c0035245_13434727.jpg


c0035245_13454675.jpg


c0035245_13464274.jpg


今回は、2台のボディ(EOS5DMarkIV、α7II)と2本のズーム(Sigma12-24mmF4art、Sony70-200mmF4)と2本の単焦点(Sigma35mmF1.4art、Sigma50mmF1.4art)で、12mmから200mmまでの画角を網羅して撮影している。新聞社のカメラマン出身の僕にとっては、報道カメラマンの基本のボディ2台持ちは全く苦にならない。そのうえで、街頭スナップで持ち歩けるレンズはボディに1本ずつつ+3本の計5本までであろうと思っている。

30年前の自分は、まずタンスの奥にあった父のキャノンFT+50mm&135mmで練習して(本当に自分は写真をやりたいのか確認して)から、二子玉川のカメラのきむら(キタムラではない)で安売りしていたペンタックスMEスーパー+50mm+タムロンの望遠ズームのセットを買って本格的に写真を始めた。そして、奈良原一高とかブレッソン、木村伊兵衛といった人たちを手本に、いわゆる芸術写真を志向した。その界隈では、今も昔も「ライカに50mmか35mm1本」で勝負するとか、ローライ35、コニカ・ビッグミニ、リコーGRなどの「よく写るコンパクトカメラ」一台で撮るとか、ともかくそういうレンズ交換なしの「一本勝負」を良しとする傾向がある。その中にいながら、僕はそこには全くこだわっていない。

ある「画家」を名乗る人物が、僕にこう言ったことがある。「私は女の人の顔しか描けないから、それだけを描く」。確かにその人は人や動物の顔ばかり描いていた。体や手がついている絵も少しはあったが、それは確かにご本人の言う通りのモノであった。さらに言えば得意だという「女の人の顔」も、失礼ながら素人目にも玄人目にも画家を名乗るレベルには達していないのは確かであった。それらの絵が表に出る要素は、絵そのもの以外の所にあって、それ故に痛々しくて見ていられなかった。自分の得意分野に集中して一点突破で作品を作ることは素敵なことだと思う。しかし、「描けない」のと「描かない」のは全く次元の違う話だ。今さら僕などが言うことではないが、あらゆるモチーフを並以上に描けたうえでなければ、誰にも負けない一点突破の得意分野も成立し得ない。これは、写真を含むあらゆることに通じる。もちろん、趣味や気晴らしとして楽しむのなら話は別である。その場合は楽しく好きなようにやるのが一番だ。

レンズの話に戻る。色々なレンズで撮ってきてそれなりの作品を残してきたうえで「一本勝負」をするのと、はなからチャレンジすらしない「一本勝負」はわけが違う。確かにライカM3に沈胴式エルマーかなんかでチャチャッと撮るのはスマートだ。でも、重厚長大な機材を抱えて写真を撮ることを恥ずかしがる必要はない。野暮ったいことを恥ずかしがる方が恥ずかしい。僕は、一本勝負もする(【21st Century Snapshot Man】2016 5/5 伊那・飯田 ぶらり各駅停車ズマロンの旅(前編/伊那)【21st Century Snapshot Man】2016 5/5 伊那・飯田 ぶらり各駅停車ズマロンの旅(後編/飯田 )し、今回のようなあらゆる画角を用意して街歩きをすることもある。どちらも、それぞれの良さがあるが、いつまでも視野を広く持っていたいということだけは強く思っている。そのうえでなければ、得意分野やこだわるべき画角など習得できないであろう。

c0035245_14353328.jpg


c0035245_14364323.jpg


c0035245_14373551.jpg


写真を始めた当時、最初に写真仲間になったのが尾山台に住んでいた同級生だった。二子玉川の先の僕のマンションと彼の古い大きな一軒家を自転車でお互いに行き来して、写真を見せ合ったりカメラの話をした。その道中に等々力渓谷があるのだが、不思議なことに渓谷を渡る「ゴルフ橋」は何度も通ったが、渓谷に降りた記憶がない。自分でもまさかとは思うが、2017年4月のこの日が等々力渓谷の初見である可能性が高い。

c0035245_14441977.jpg


c0035245_14452517.jpg


c0035245_14462856.jpg


c0035245_14481314.jpg


c0035245_14491791.jpg


c0035245_14503205.jpg


c0035245_14513642.jpg


c0035245_14524254.jpg


渓谷を抜け、尾山台の高台に戻っておぼろげな記憶を頼りに友人宅を探してみることにした。古いがなかなか立派な木造の平屋建てで、友人の部屋の窓から近くの名門女子高の校舎や多摩川が見下ろせた。その借景のある家を探したのだが、記憶にあるその風景はあったものの、家が一致しない。それらしき一角に更地が一区画あったので、もしかしたらそこだったのかもしれないと思いながら、撮影を終えた。ふいに、その友人宅でお母さんがとってくれたカツ丼大盛りの味を思い出し、昼食は尾山台駅前の蕎麦屋でカツ丼にした。

c0035245_14590993.jpg


c0035245_15001969.jpg


c0035245_15011757.jpg


c0035245_15023302.jpg


c0035245_15032523.jpg


【使用機材】
・Canon EOS 5D MarkIV
・Sigma 12-24mm F4 art
・Sigma 35mm F1.4 art
・Sigma 50mm F1.4 art
・Sony α7II
・Sony FE 70-200mm F4


     

by hoq2 | 2017-05-09 00:08 | 写真(Street Snap) | Trackback | Comments(0)