【21st Century Snapshot Man】2016 8/16 佐久・望月 草深き夏の記憶


c0035245_00002234.jpg

Rollei A26 (Reloaded 135film) Sonnar 40mm f3.5 Ilford FP4 Plus

信州の高原に住んでいるおかげで、今年は真夏の酷暑をあまり経験していない。なにしろ、8月はもともと仕事は少なく、東京に行く機会が多くはなかった。文字通りどうしようもなく汗だくになったのは、7月11日に大井埠頭で街頭スナップをした日と、その後に八王子の住宅地を半日歩き、ローライフレックスSL26というインスタマチックカメラで期限切れフィルムを3本撮って1本しか写っていなかったという、くたびれ儲けの骨折り損かと思いきや、むしろ淡い夏の感傷的な思い出になった8月4日の午後の2日間しかなかった。

ちょっと脱線するが、せっかくなので、八王子で撮れていた24枚撮り1本から何枚か。1997年5月に期限切れの、コダック・ゴールド(ISO200)の126(インスタマチック)フィルムである。

c0035245_00185213.jpg

Rolleiflex SL26 Pro-Tessar 28mm f3.5 Kodak Gold 200 126 (exp. 05/1997)

c0035245_00220422.jpg

Rolleiflex SL26 Tessar 40mm f2.8 Kodak Gold 200 126 (exp. 05/1997)

c0035245_00245600.jpg

Rolleiflex SL26 Pro-Tessar 28mm f3.5 Kodak Gold 200 126 (exp. 05/1997)
c0035245_00270284.jpg

Rolleiflex SL26 Pro-Tessar 28mm f3.5 Kodak Gold 200 126 (exp. 05/1997)
c0035245_00291962.jpg

Rolleiflex SL26 Tessar 40mm f2.8 Kodak Gold 200 126 (exp. 05/1997)

c0035245_00310534.jpg

Rolleiflex SL26 Tessar 40mm f2.8 Kodak Gold 200 126 (exp. 05/1997)

c0035245_00325210.jpg

Rolleiflex SL26 Pro-Tessar 80mm f4 Kodak Gold 200 126 (exp. 05/1997)


というわけで、2016年の「街の夏の思い出」はカラーバランスが崩れたピンク・フロイドの“Summer '68”ばりのサイケデリックで気だるいものとなった。

さて、本題のお盆の最終日。フラッと車で山の反対側に抜け、山村の点景を撮った。佐久市の外れにある望月という山間地だが、具体的な場所はあまり関係ないかもしれない。よく車で通る所なので、「こういう感じが日本の、本州の山村の原風景なのかなあ」とずっと気にはなっていた。飛騨の白川郷のようにきれいに残っている原風景ではなく、もっとリアル感のある、しかし、時代の積み重ねを感じさせる風景をここに見出したい。そんな感じで車を停めながら撮っていった。

c0035245_00470977.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 25mm f2.8 Ilford FP4 Plus

c0035245_00493548.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 25mm f2.8 Ilford FP4 Plus

c0035245_00511431.jpg

Leica M6TTL Elmar-M 50mm f2.8 Ilford FP4 Plus

c0035245_00532584.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Sonnar 180mm f2.8 Ilford FP4 Plus

c0035245_00561722.jpg

Leica M6TTL Minolta M-Rokkor 90mm f4 Ilford FP4 Plus

c0035245_00594525.jpg

Leica M6TTL Elmar-M 50mm f2.8 Ilford FP4 Plus

c0035245_01015659.jpg

Leica M6TTL Minolta M-Rokkor 90mm f4 Ilford FP4 Plus

c0035245_01033085.jpg

Leica M6TTL Minolta M-Rokkor 90mm f4 Ilford FP4 Plus

c0035245_01054625.jpg

Leica M6TTL Minolta M-Rokkor 90mm f4 Ilford FP4 Plus

c0035245_01075460.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 18mm f4 Ilford FP4 Plus

c0035245_01102814.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 25mm f2.8 Ilford FP4 Plus

日本の夏は草がよく繁茂する。草、草、草、雑草また雑草である。大変に暑苦しい存在だが、信州の夏はそれでもだいぶ爽やかな方である。気候のせいもあるが、移住して分かったリアルな事実がある。県内どこへ行っても、沿道の住民の皆さんが大変熱心に草刈りをしているのだ。自分の家の敷地や田畑だけなら、日本の田舎はどこもそうかもしれない。しかし、長野県では、「こんな所ほとんど誰も見ないのでは?」という山奥の裏道も、例外なくきれいに刈られている。過疎化が進んで人っ子一人いないような廃屋だらけの村でも、刈払機のエンジン音だけはウィーン、ウィーンと聞こえてくるのだ。東京出身の僕からすれば、失礼ながら「世間体を気にしすぎでは?」と最初は思ったほどだが、やはりどこへ行っても行き届いたきれいな風景があるというのは、大変な財産である。ヒマワリやコスモスといった草花も、誰に見せるでもなく、こまめに植えられている。「爽やか信州」は、自然だけでなく、人の手できちっと作られているということを、この地に来て思い知った。

さて、この日はお盆の最終日であった。村の外れの古びた墓地にも名残があった。お化けの類を怖がる方の僕だが、お盆に帰ってくるご先祖様は、優しい感じがしてちっとも怖くない。

c0035245_01234016.jpg

Leica M6TTL Elmar-M 50mm f2.8 Ilford FP4 Plus

c0035245_01253980.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 18mm f4 Ilford FP4 Plus

c0035245_01271649.jpg

Rollei A26 (Reloaded 135film) Sonnar 40mm f3.5 Ilford FP4 Plus

c0035245_01290508.jpg

Leica M6TTL Elmar-M 50mm f2.8 Ilford FP4 Plus

c0035245_01303878.jpg

Leica M6TTL Minolta M-Rokkor 90mm f4 Ilford FP4Plus

裏道のさらに裏道に入って進んでいくと、落人伝説がありそうな孤立した集落があった。今の日本の山村風景のご多分に漏れず、ほとんどが廃屋のようだ。それでもやはり畑の奥の方の見えない所から、刈払機の「ウィーン、ウィーン」というエンジン音だけは聞こえてくる。セミの声を聞きながら集落の奥へ進んでいくと、1軒の民家から味噌汁の臭いと子供の笑い声が聞こえてきた。お盆の帰省先になっている生きた家が、まだ残っていたことに少し安心した。

c0035245_01365423.jpg

Rollei A26 (Reloaded 135film) Sonnar 40mm f3.5 Ilford FP4 Plus

c0035245_01382536.jpg

Leica M6TTL Minolta M-Rokkor 90mm f4 Ilford FP4 Plus

c0035245_01395367.jpg

Leica M6TTL Elmar-M 50mm f2.8 Ilford FP4 Plus

c0035245_01412501.jpg

Leica M6TTL Elmar-M 50mm f2.8 Ilford FP4 Plus

c0035245_01430895.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 25mm f2.8 Ilford FP4 Plus

昭和の名残が次々と消え、平成も終わりを迎えそうな今、こういう風景は人知れず草刈りをする人たちがいて、かろうじて保たれている。でも、僕ら中年世代が老人になった頃、老体に鞭を打って、金銭的に得にもならない草刈りをする人がどれだけいるだろうか?期待できそうもない。もっと若い世代に至っては、はっきり言ってボーッとしすぎていて、使い方を誤れば簡単に殺人兵器になる刈払機を使わせることすら不安である。完全に放置されれば、日本的な原風景など、あっという間に風化して雑草に覆い隠されてしまうだろう。移民が増えて人口減に歯止めがかかるという近未来予測もあるが、その場合は都市に人口が集中するであろう。日本の里山は、そう遠くない将来、野生動物の生息地に逆戻りする運命にあるのかもしれない。

c0035245_01503695.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 25mm f2.8 Ilford FP4 Plus

c0035245_01530828.jpg

Leica M6TTL Elmar-M 50mm f2.8 Ilford FP4 Plus

c0035245_01543083.jpg

Rollei A26 (Reloaded 135film) Sonnar 40mm f3.5 Ilford FP4 Plus

c0035245_01562168.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 25mm f2.8 Ilford FP4 Plus

c0035245_01573587.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Sonnar 180mm f2.8 Ilford FP4 Plus

c0035245_01592926.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 25mm f2.8 Ilford FP4 Plus

c0035245_02003897.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Sonnar 180mm f2.8 Ilford FP4 Plus

c0035245_02015001.jpg

Leica M6TTL Elmar-M 50mm f2.8 Ilford FP4 Plus

c0035245_02063488.jpg

Rollei A26 (Reloaded 135film) Sonnar 40mm f3.5 Ilford FP4 Plus

c0035245_02104307.jpg

Leica M6TTL Elmar-M 50mm f2.8 Ilford FP4 Plus

藪から棒だが、比田井天来とい書道家をご存知だろうか?日本一字が下手を自認している僕は知らなかった。なんで今知っているかというと、この撮影行で“現代書道の父”と呼ばれる天来の生誕の地だという「比田井」という集落にたまたま車を停め、観光案内板で天来の書による「筆塚」や門標を書いたというお寺があることを知ったからだ。正直、書道にはそれほど興味はないが、せっかくなので途中の古びた神社を経由して丘の上に建つgooglemapにも載っていないそのお寺を目指すことにした。

c0035245_16142373.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 25mm f2.8 Ilford HP5 Plus

c0035245_16160411.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 25mm f2.8 Ilford HP5 Plus

c0035245_16184458.jpg

Leica M6TTL Elmar-M 50mm f2.8 Ilford HP5 Plus

c0035245_16202288.jpg

Leica M6TTL Elmar-M 50mm f2.8 Ilford HP5 Plus

c0035245_16234283.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 18mm f4 Ilford HP5 Plus

c0035245_16253106.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 18mm f4 Ilford HP5 Plus

長野県のお年寄りの間では、ゲートボールではなく「マレットゴルフ」というパターゴルフみたいなのが非常に盛んである。これまたgooglemapにも載っていない、しかしかなり歴史のありそうなこの神社も、境内がマレットゴルフ場になっていた。

田園風景を少し歩くと、コスモス畑に囲まれた件の「宝国寺」の参道に至る。しかし、このお寺、見るからに住職のいない廃寺である。地方には多いと聞いていたが、実際に境内に入るのは初めてだ。お盆にわざわざ、と思うが、肝試しのつもりは毛頭ない。

c0035245_16330873.jpg

Leica M6TTL Elmar-M 50mm f2.8 Ilford HP5 Plus

c0035245_16342773.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 25mm f2.8 Ilford HP5 Plus

c0035245_16355478.jpg

Leica M6TTL Elmar-M 50mm f2.8 Ilford HP5 Plus

c0035245_16380198.jpg

Leica M6TTL Minolta M-Rokkor 90mm f4 Ilford HP5 Plus

c0035245_16394298.jpg

Leica M6TTL Elmar-M 50mm f2.8 Ilford HP5 Plus

c0035245_16411186.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 18mm f4 Ilford HP5 Plus

c0035245_16422976.jpg

Leica M6TTL Minolta M-Rokkor 90mm f4 Ilford HP5 Plus

c0035245_17085707.jpg

Rollei A26 (Reloaded 135film) Sonnar 40mm f3.5 Ilford HP5 Plus

c0035245_17111135.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 25mm f2.8 Ilford HP5 Plus

c0035245_17131038.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 18mm f4 Ilford HP5 Plus

c0035245_17142737.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 18mm f4 Ilford HP5 Plus

c0035245_17154565.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 18mm f4 Ilford HP5 Plus

c0035245_17172563.jpg

Leica M6TTL Elmar-M 50mm f2.8 Ilford HP5 Plus

c0035245_17190011.jpg

Leica M6TTL Elmar-M 50mm f2.8 Ilford HP5 Plus

しかし、驚いたのは、人里離れた廃寺の境内もしっかりと草刈りされていたことである。「夏草や兵どもが夢の跡」も、今の信州で詠まれていたら違った趣になっていたかもしれない。

c0035245_17210890.jpg

Rollei A26 (Reloaded 135film) Sonnar 40mm f3.5 Ilford HP5 Plus

c0035245_17270528.jpg

Leica M6TTL Elmar-M 50mm f2.8 Ilford HP5 Plus

c0035245_17290114.jpg

Leica M6TTL Elmar-M 50mm f2.8 Ilford HP5 Plus

c0035245_17301527.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 25mm f2.8 Ilford HP5 Plus

c0035245_17312339.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 25mm f2.8 Ilford HP5 Plus

c0035245_17323160.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 25mm f2.8 Ilford HP5 Plus

c0035245_17333318.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 18mm f4 Ilford HP5 Plus

c0035245_17344647.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 18mm f4 Ilford HP5 Plus

c0035245_17355614.jpg

Contax S2 Carl Zeiss Distagon 18mm f4 Ilford HP5 Plus

    

    

    

   

by hoq2 | 2016-09-22 23:11 | 写真(Naganao snapshot) | Trackback | Comments(0)