蓼科・暖冬の氷景

c0035245_0163135.jpg

α7II Carl Zeiss Distagon 28mm F2 ZE

2016年は、個人的には風景写真の年にしたいと思っている。そして、客観的には、この冬は暖冬である。蓼科に住んでいる僕にとって、納得のゆく冬の山岳風景を撮れるようになるのが、自分なりの風景写真のゴールだと思っている。

雪が少なくて暖かい冬は、活動しやすく撮りやすい。修行の途中である自分にとって、これが良いことなのがそうでないのかは分からないが、厳冬の八ヶ岳を自分のものにするのが究極のゴールだとすれば、入門編としてはこんなものなのだろう。とはいえ、本州の人里近くで最も寒い地域の一つである。凍てついた世界を、こんな異常気象の中でも拾うことができる。

c0035245_0355520.jpg

         EOS5D MK3 Tokina 16-28mm F2.8

c0035245_0415353.jpg

EOS5D MK3 EF70-200mm F2.8L IS II USM

c0035245_0445912.jpg

EOS5D MK3 Tokina 16-28mm F2.8

c0035245_047294.jpg

EOS5D MK3 EF70-200mm F2.8L IS II USM

ただし、登山家の要素も入ってくる山岳写真を志向するかどうかは、今のところは分からない。何しろ、この蓼科の車で行ける範囲にも、無限に被写体がある。若いころにほんの少し齧ったとはいえ、「登山」のウエイトを高くする必然性は今のところないと考えている。第一、山は全く甘くはない。今はとにかく、僕が住んでいる高原域で「写真」に集中している。

c0035245_052355.jpg

α7II Carl Zeiss Distagon 28mm F2 ZE

c0035245_0553426.jpg

EOS5D MK3 EF70-200mm F2.8L IS II USM

c0035245_058159.jpg

EOS5D MK3 SIGMA 35mm F1.4 DG art

c0035245_1125087.jpg

EOS5D MK3 Tokina 16-28mm F2.8

蓼科山は、八ヶ岳連峰の富士山的存在だ。四季折々、微妙に場所を変えるだけで、きりがないほど様々な表情が撮れそうだ。そして、僕の家がある別荘地を見下ろす車山。ビーナスライン上から八ヶ岳、北アルプス、中央アルプス、南アルプス、富士山も見える。ただ、車を停められる所からだけではアングルが限られているので、今後は車山周辺で軽登山は必須であろう。今回は、歩きやすい装備を工夫し、駐車場から多少は歩いて足を伸ばしてみた。

c0035245_115246.jpg

EOS5D MK3 Tokina 16-28mm F2.8

c0035245_1163197.jpg

EOS5D MK3 EF70-200mm F2.8L IS II USM

c0035245_118629.jpg

EOS5D MK3 EF70-200mm F2.8L IS II USM

c0035245_1192551.jpg

         α7II Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 ZE

c0035245_1212735.jpg

α7II Carl Zeiss Distagon 28mm F2 ZE

c0035245_1231964.jpg

EOS5D MK3 Tokina 16-28mm F2.8

c0035245_1251187.jpg

EOS5D MK3 EF70-200mm F2.8L IS II USM

c0035245_126468.jpg

α7II Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 ZE

c0035245_128106.jpg

α7II Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 ZE

定番の撮影ポイントからでも、画角を変えると見えないものが見えてくるから面白い。場所・季節・天候・時間・画角・・・。動かない「風景」はつまらないと思っていたが、山に移住してきてからその考えは180度変わった。

c0035245_13103.jpg

α7II Contax Carl Zeiss Tele-Tessar 300mm F4

c0035245_1332022.jpg

α7II Contax Carl Zeiss Tele-Tessar 300mm F4

c0035245_1341820.jpg

α7II Contax Carl Zeiss Tele-Tessar 300mm F4

時間帯の変化。この日は夕暮れから日没まで、高原が急速に凍てついていくのを体験した。女神湖のほとりでは、ピシピシと氷が張っていく音を聞きながら、三脚に据えたカメラのレリーズを切った。寒さに慣れているという自負はあるものの、厳しい寒さだ。しかし、厳しい環境に飛び込まなければ、なかなか突き抜けた美しさに出会うことはできない。

c0035245_1391414.jpg

         α7II Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 ZE

c0035245_1403267.jpg

         EOS5D MK3 SIGMA 35mm F1.4 DG art

c0035245_1422598.jpg

α7II Carl Zeiss Distagon 28mm F2 ZE

c0035245_1443922.jpg

         EOS5D MK3 Tokina 16-28mm F2.8

c0035245_1462462.jpg

         EOS5D MK3 Tokina 16-28mm F2.8

c0035245_1474739.jpg

EOS5D MK3 SIGMA 35mm F1.4 DG art

c0035245_1491040.jpg

EOS5D MK3 EF70-200mm F2.8L IS II USM

c0035245_1505334.jpg

EOS5D MK3 EF70-200mm F2.8L IS II USM

c0035245_1514740.jpg

EOS5D MK3 EF70-200mm F2.8L IS II USM

c0035245_1524754.jpg

α7II Carl Zeiss Distagon 28mm F2 ZE

c0035245_1541367.jpg

EOS5D MK3 SIGMA 35mm F1.4 DG art

c0035245_1552043.jpg

α7II Carl Zeiss Distagon 28mm F2 ZE

【今回使用機材】

          
              

 

・Contax Tele-Tessar 300mm F4 (WG・初期型)

by hoq2 | 2016-01-10 11:48 | 写真(風景) | Trackback | Comments(0)