【輸入住宅 MAPLE HOMES】 (3) フレンチスタイル

こちらのカテゴリ輸入住宅(MAPLE HOMES)では、メープルホームズ軽井沢さんより依頼を受けて撮影した新築物件の竣工写真を紹介します。

コンセプト・デザイン・部材の一つ一つまでこだわった"本物”の輸入住宅です。また、量産型のいわゆる建売とは違い、「北欧スタイル」「フレンチスタイル」などはあくまでベースになるコンセプトで、施主の要望で一から自由に個々のデザインに仕上げることもできます。詳しくはHPを参照してください。ちなみに、ここで紹介するのは、軽井沢周辺を担当するメープルホームズ軽井沢さんの物件ですが、MAPLE HOMESそのものは全国展開しています。

仕事を離れた一個人としてメープルホームズさんの家に強く賛同するのは、例えばこちらの赤毛のアンの家のように、それぞれの家にストーリーがあることです。ベースになっている「家」のストーリーにそこに住む家族のストーリーが加わることで、文字通りの「マイホーム」になるのです。

物件そのものにつきましてはメープルホームズ軽井沢さんにお問い合わせください。ここでは掲載許可をいただいた写真を紹介しながら、家のことや建築写真について思いついたことを書いていこうと思います。



c0035245_310612.jpg



今回紹介するのは、昨秋に撮影したフレンチスタイルの竣工写真です。

僕はフレンチ・ブルドッグを飼っていますが、フランスの家や暮らしについては、詳しくないです。住んでいたカナダ、イギリスと撮影に通ったドイツの家や暮らしには肌感覚がありますが、フランスはロンドン時代にちょこっとパリや対岸のカレーなどに行ったことがあるだけです。この家は、パリのアパルトマンというよりは田舎の一軒家のイメージなのですが、日本人がイメージするフランスの田舎は、南仏のプロバンス地方が典型と思います。それについても、こういう本でイメージがある程度です。

そういうわけで、今回はあまり自分の肌感覚を出さずにメープルホームズ軽井沢さんと施主さんがコーディネートしたアンティークを中心としたこだわりのインテリアにスポットを当てて撮ってみました。


c0035245_242680.jpg


c0035245_2444267.jpg


c0035245_2455284.jpg



自分としては、繊細なバルコニーの柵や窓の取っ手の瀟洒な佇まいにフランスを感じます。人差し指と薬指と親指をスリスリする(=フランス人がワインの微妙な味わいなどを表現する時によくやる仕草)あのプチ繊細感覚ですね。ドイツや北欧の厚み・カッチリ感、それよりも余裕を持たせたイギリスの大人感とはまた違う世界です。

それだけに、写真のフレーミングもちょっと角度をつけたり、あえて中途半端に対象物を切ったりしてエスプリを効かせた方が良かったかもしれません。上の2枚は、フランス風のものをいつものクセでドイツ風に撮ってしまった。下の写真のような感じがベターかな。インテリア写真の色味は、ふだんならもっと冷涼感がある色調に調整したくなるけど、今回はあえて国産カメラ特有の暖色系に偏ったAWBのママにしてあります。


c0035245_2541117.jpg


c0035245_2593746.jpg


c0035245_321860.jpg


c0035245_382427.jpg


c0035245_3161011.jpg


c0035245_31823.jpg


c0035245_3185757.jpg


c0035245_320118.jpg


c0035245_32169.jpg


c0035245_3215548.jpg


c0035245_32389.jpg


c0035245_3241857.jpg


c0035245_3252250.jpg


c0035245_3261469.jpg


c0035245_3281036.jpg

by hoq2 | 2013-02-11 03:28 | 輸入住宅(MAPLE HOMES) | Trackback | Comments(0)

【田代島】 猫島に行ってきた(5)2013 1月=2


c0035245_22242677.jpg



前回の続き。3度目の田代島訪問記です。真冬の東北ということでめちゃめちゃ寒いのではと思われるかも知れませんが、そうでもないです。この日は前日、前々日が全国的に大雪で、まだ少し雪が残っていたり水たまりが凍っていたりしましたが、僕の自宅がある長野県の蓼科よりはだいぶあったかい。2年前の冬の訪問時もそうでしたが、東京と比べてもそんなでもなかったです。さすが太平洋。島の猫たちはむしろポカポカムードでした。


c0035245_22353976.jpg


c0035245_22382521.jpg


c0035245_2331260.jpg


c0035245_22393854.jpg


c0035245_22411370.jpg


c0035245_224345.jpg


c0035245_22441370.jpg


c0035245_22452730.jpg


c0035245_22464556.jpg


c0035245_22494977.jpg


c0035245_22513952.jpg



さて、3回目の訪問になると「前もいたねえ」と顔も覚えてくるのですが、このあと出会った子は特に印象深い。一番のチビなのに積極的で、とにかくにゃーにゃーとよく鳴く。歩きながらにゃ~、擦り寄ってにゃ~、撫でられながらニャーニャー、カメラバッグに頭を突っ込んでにゃ~。相変わらず童顔だけど、立派な成猫になってました。

c0035245_2313193.jpg


c0035245_2325399.jpg


c0035245_2341555.jpg


ちなみに1年半前の姿がこれ↓

c0035245_2355524.jpg


今↓ スルドイ面構えになりました。

c0035245_2383673.jpg


c0035245_231042100.jpg


c0035245_2395813.jpg


c0035245_2312640.jpg


c0035245_23131455.jpg


c0035245_2315535.jpg


c0035245_231631.jpg


c0035245_2317993.jpg


c0035245_23175587.jpg



そして、猫神社へ。ここは集落から結構離れているので、今まで猫は見たことがありませんでしたが、今回は雪の上に神社まで猫の足跡が続いてました。すると、案の定神社の裏から一匹登場。


c0035245_23232211.jpg


c0035245_232676.jpg


c0035245_23274616.jpg



この子に見つめられながら弁当を食べ、再び仁斗田の集落へ。


c0035245_2330834.jpg


c0035245_23315230.jpg


c0035245_2332416.jpg


c0035245_23333618.jpg


c0035245_23344648.jpg


c0035245_2335393.jpg


c0035245_23375688.jpg


c0035245_23391048.jpg


c0035245_23401541.jpg


c0035245_2341485.jpg


c0035245_23425085.jpg



そして海辺へ。


c0035245_2345216.jpg


c0035245_23454377.jpg


c0035245_2346348.jpg


c0035245_23471585.jpg


c0035245_2348862.jpg


c0035245_2348517.jpg


c0035245_2349501.jpg


c0035245_23502898.jpg


c0035245_2352312.jpg


c0035245_23523752.jpg



港に戻ると漁師さんが網を繕っていました。震災以来、早くこういう風景を見たかったのです。次に来る時は人の物語にスポットを当ててみたい。田代島の猫は島の人たちと一蓮托生なのだから、人の物語が途絶えると猫の物語も終わってしまいます。震災からの復興はもちろんですが、この楽園が永遠に続くよう、高齢化という深刻な問題から目を背けてはいけないと思うのです。


c0035245_2359616.jpg


c0035245_23594881.jpg


c0035245_005969.jpg

by hoq2 | 2013-02-07 00:02 | 写真(Street Snap) | Trackback | Comments(0)

【田代島】 猫島に行ってきた(5)2013 1月=1

c0035245_15434771.jpg


宮城県石巻沖にある田代島は、「猫の島」として有名です。東日本大震災の震源のすぐ近くにあり、今、復興途上にあります。僕はこの島を震災2カ月前の2011年1月と2カ月後の5月、そして今年2013年の1月に訪れています。

2011年1月の写真はこのブログで公開しています。

【田代島】猫の島に行ってきた(その1)
【田代島】猫の島に行ってきた(その2)
【田代島】猫の島に行ってきた(その3)
【田代島】猫の島に行ってきた(その4)

田代島では、昔から人々の暮らしの中に猫がいました。猫のしぐさから豊漁を占ったという信仰的側面が語られることが多いですが、今となってははっきりしない、自然発生的な「愛」が受け継がれていると考えた方が良いと僕は思います。実際に島に行って、島の人たちと猫たちの絶妙な距離感を見れば分かりますが、頭でっかちで感傷的な都会人の「愛護」を基軸に考えてはいけません。それとはまったく違う本質的な関係があります。だから、僕は手付かずの自然に対するように、なるべく自分という部外者が「そこに自然にあるもの」をかき回さないように気をつけて写真を撮ったり取材をしているつもりです。

震災後の2度目の訪問は、こちらの記事にまとめています(リンクからPDFファイル(22.18MB)がダウンロードできます。要パスワード入力→ neko >2013 3/7まで有効)。

上の記事で書いているように、前回猫たちに「また来るね」と約束していたので、今回はその約束を果たす意味での訪問です。猫たちはとても元気だったし、前に見たチビちゃんが大きく成長している姿も見れました。数も増えているような気がします。そして、なによりも良かったのは、島の漁が少しずつ復活していて、冒頭の写真のように、漁師さんの横で猫が魚のおこぼれをもらう震災前の光景が見られたことです。


c0035245_1633546.jpg

2013年1月 

c0035245_16252791.jpg

2011年5月

c0035245_1692625.jpg

2013年1月 

c0035245_16194012.jpg

2011年5月

石巻の海辺の地域はまだまだ復興途上ですが、瓦礫は撤去され、犠牲者のお墓もできていました。また、下のフリーペーパーの表紙を撮ったこいのぼりの場所には仏様がいました。


c0035245_16142850.jpg

        2011年5月

c0035245_16153374.jpg

         2013年1月


そして、嬉しかったのは田代島へ渡る船着場が復活していたことです。この河口部は被害が大きく、震災後は臨時に別の埠頭からの出港になっていたのですが、奇跡的に生き残った震災前の建物を生かす形で元に戻りました。しかし、残念ながら、ここに出入りしていたゴンザレスくんという猫は未だ行方不明だそうです。

c0035245_1642112.jpg
 
2013年1月 

c0035245_16443134.jpg

2011年5月


いよいよ、1年半ぶりに田代島に上陸。港の復旧も少しずつ進んでいます。早速、猫がポチポチ僕の方に歩いて来ました。前回は倒壊した建物の間から出てきたのですが、今回は同じ場所の資材置場からの登場です。


c0035245_170287.jpg


c0035245_1714487.jpg


c0035245_173930.jpg


c0035245_1743437.jpg


c0035245_1774298.jpg


c0035245_1762111.jpg


c0035245_1785496.jpg


c0035245_17101843.jpg


c0035245_171357100.jpg



震災から間もない頃は、猫の餌も不足していましたが、今は十分にあります。食べ過ぎは猫たちにとっても良くないので、観光などで来る人はむやみに餌を与えないようにしましょう。島の猫たちは、漁師さんのおこぼれや何軒かの家でまとめて餌をあげています。その一軒の周りにはこの日もたくさんの猫たちが集まっていました。


c0035245_17182571.jpg




c0035245_17221293.jpg


c0035245_17211140.jpg


c0035245_17241245.jpg


c0035245_1725366.jpg


c0035245_17283663.jpg


c0035245_17293232.jpg


c0035245_17324079.jpg


c0035245_17333113.jpg


c0035245_17345890.jpg


c0035245_1737061.jpg


c0035245_17354682.jpg



今回はこのへんで。次回に続きます。

by hoq2 | 2013-02-05 17:38 | 写真(Street Snap) | Trackback | Comments(0)