【Nagano Snapshot】 下諏訪2   ちもちゅわ


 2011年夏より、長野県・蓼科の別荘地に定住している。1年余りが過ぎ、土地への理解がゆっくりと深まるにつれ、愛着も湧いてきた。そして、いつしかカメラを手に町に出て、写真を撮るようになった。長年撮っている東京とはずいぶん勝手が違うようにも感じられ、しかし、同時に集中的に通ったベルリンとすら、同じような写真を撮っているようにも思う。
  「そこも、ここも、そことここの間も皆同じ」ーーー。そういう信念があるから、これは長野の町のガイドブック的な紹介ではない。どこにでもあるような物体、通り、風景は、どこにいても気になる。だが、写真というものは撮り手の意志とは関係なく、「記録」し続ける側面もある。だから、いつかこれらの写真がたまったら、何かしらの形でまとめて発表したいと願っている。それがもしかして、50年、100年経って、21世紀初めの「地方」というものの、異端の記録になるかもしれないと夢想する。


このシリーズを、以前HP上で公開した【Tokyo Snapshot】、そして、それをベルリンの写真と合わせて発表した写真集『Berlin+Tokyo』の続編的な位置づけで、【Nagano Snapshot】と名付けました。本ブログでは、内容を絞ってまとめる前段階として、撮影日順にあまり点数を絞らずにアップしていきます。将来のための私的な忘備録代わりという側面もあります。

初めての町を歩くことも、何度も同じ町を歩くこともあります。



c0035245_283766.jpg


さて、2度目の下諏訪はマメと2人で歩きました。伸縮リードを腰にカラビナで固定し、両手をフリーにしてNEX-7とNEX-3の2台体制(今回はかさばるEOSはお休み)。犬印鞄製作所のショルダーバッグminiにレンズを2本入れて、身軽さと装備の充実を両立してみました。ウンチ袋、ウンコ本体、予備のリードなど犬用品はマメ自身に持ってもらいました

マメ語で「ちもちゅわ」、これでも連休中とあって人通りは多かったのです・・・


c0035245_293618.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-1.7

c0035245_2111040.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F8 ISO100

c0035245_2115177.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F8 ISO100

c0035245_2133159.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F8 ISO100

c0035245_214476.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F11 ISO100

c0035245_2162655.jpg

NEX-3 Sony 50mm1.8 絞り優先オート F8 ISO200

c0035245_2184255.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F1.8 ISO100 露出補正-1.0

c0035245_2204230.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO100

c0035245_22228.jpg

NEX-3 Sony 50mm1.8 絞り優先オート F3.2 ISO200 露出補正+1.0

c0035245_2234810.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F5.6 ISO100

c0035245_2253030.jpg

NEX-3 Sony 50mm1.8 絞り優先オート F2 ISO200

c0035245_2263986.jpg

NEX-3 Sony 50mm1.8 絞り優先オート F6.3 ISO200 露出補正-1.0

c0035245_2281065.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F5.6 ISO100

c0035245_229930.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正+1.3

c0035245_2302159.jpg

         NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-0.3

c0035245_232647.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F9 ISO100

c0035245_2335053.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F9 ISO100

c0035245_234421.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F9 ISO100

c0035245_236119.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F9 ISO100

c0035245_2373290.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F9 ISO100

c0035245_2383589.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F9 ISO100

c0035245_2392872.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F9 ISO100

c0035245_2404863.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F9 ISO100

c0035245_2423567.jpg

         NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 絞り優先オート ISO100

c0035245_2433430.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 絞り優先オート ISO100

c0035245_245998.jpg

         NEX-3 Sony 50mm1.8 絞り優先オート F8 ISO200

c0035245_2473319.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO100

c0035245_24907.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO100

c0035245_250523.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO100

c0035245_2505337.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO100

c0035245_2514829.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F5.6 ISO100

c0035245_2524816.jpg

NEX-3 Sony 50mm1.8 絞り優先オート F8 ISO200

c0035245_254233.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F8 ISO100

c0035245_2554991.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F8 ISO100

c0035245_2564273.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F8 ISO100

c0035245_2572513.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F8 ISO100

c0035245_258695.jpg

NEX-3 Sony 50mm1.8 絞り優先オート F8 ISO200 露出補正-0.7

c0035245_2592681.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F8 ISO100

c0035245_30182.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F8 ISO100

c0035245_31446.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F8 ISO100

c0035245_321095.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F11 ISO100

c0035245_333440.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F9 ISO100

c0035245_343172.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F9 ISO100

c0035245_351820.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F4 ISO100

c0035245_3614.jpg

         NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F4 ISO100

c0035245_374014.jpg

         NEX-3 Sony 50mm1.8 絞り優先オート F8 ISO200

c0035245_384610.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5 ISO100

c0035245_395860.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5 ISO100

c0035245_3104871.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F5.6 ISO100

c0035245_3114840.jpg

NEX-3 Sony 50mm1.8 絞り優先オート F8 ISO200
         

by hoq2 | 2012-11-30 03:12 | 写真(Naganao snapshot) | Trackback | Comments(0)

【Nagano Snapshot】 山/八ヶ岳・蓼科山・車山

 2011年夏より、長野県・蓼科の別荘地に定住している。1年余りが過ぎ、土地への理解がゆっくりと深まるにつれ、愛着も湧いてきた。そして、いつしかカメラを手に町に出て、写真を撮るようになった。長年撮っている東京とはずいぶん勝手が違うようにも感じられ、しかし、同時に集中的に通ったベルリンとすら、同じような写真を撮っているようにも思う。
  「そこも、ここも、そことここの間も皆同じ」ーーー。そういう信念があるから、これは長野の町のガイドブック的な紹介ではない。どこにでもあるような物体、通り、風景は、どこにいても気になる。だが、写真というものは撮り手の意志とは関係なく、「記録」し続ける側面もある。だから、いつかこれらの写真がたまったら、何かしらの形でまとめて発表したいと願っている。それがもしかして、50年、100年経って、21世紀初めの「地方」というものの、異端の記録になるかもしれないと夢想する。


このシリーズを、以前HP上で公開した【Tokyo Snapshot】、そして、それをベルリンの写真と合わせて発表した写真集『Berlin+Tokyo』の続編的な位置づけで、【Nagano Snapshot】と名付けました。本ブログでは、内容を絞ってまとめる前段階として、撮影日順にあまり点数を絞らずにアップしていきます。将来のための私的な忘備録代わりという側面もあります。

初めての町を歩くことも、何度も同じ町を歩くこともあります。



c0035245_22342344.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 ISO100

2回前の日記、冬の空気 八ヶ岳を書いて思ったのですが、やはりNagano Snapshotのシリーズの中で山もしっかり撮っていくことにしました。今のところ街歩きと同じ感覚でパッパと撮っていますが、ゆくゆくは大きいレンズや三脚も使った王道的な写真も交えつつ、と考えています。

というのも、やはり餅は餅屋というか、慣れないジャンルの写真がいきなり撮れるわけもなく、最終的には「山」というモチーフをスナップ的な自分の土俵に引きずり込むにしても、王道は一度は通らないとモノにならない。コンサバティブな手法・表現を馬鹿にしてはいけません。前衛とは、先達が来た道を通った先にあるものだと思うのです。

「山」が相手だった【Nagano Snapshot】 高ボッチ & ガボッチョにしても、まだ自分の足でたどり着いた写真にはなっていない。時間はかかりますが、僕はこういう一人修行が好きなので、「地方の街頭スナップ」と同時に山を撮るという新しいチャレンジがすごく楽しいのです。

もちろん、「長野」の一般的な認知事項である「山」を、このプロジェクトから外せないということもあります。そして、近い将来にはこの地で写真の仕事をもっとしたいと思っているのですが、やはり「東京から来たカメラマン」であってはいけないと思うのです。都会人から見た理想郷を見るような目と、中の人の地に足のついた現実的な視点を併せ持っていれば最強でしょう。だから、旅行者が知らない「ただの町」と、旅行者が見に来る「山」、これは両方撮らないといけない。

その結果については、自己満足を目指します。自分に厳しい自己満足以上の到達点があるでしょうか?そして、こういう個人プロジェクトは決して仕事面でも無駄にならない。究極の自己満足を踏まえていない薄っぺらい表現でお茶を濁すような仕事は、社会が成熟期に入った今、厳しいのではないでしょうか?大衆的理解を度外視したことを重ねたうえで、作品が「外」に向かっていく過程で分かりやすさと歩み寄っていく。これはもちろん、クリエイターなら全員やっている当たり前のことです。

ブログの面白さは自己満足や大衆的理解にたどり着く「過程」を見せ、見る面白さだと想います。だから、現時点でここに載せていく写真は、今よりも、もっともっと内向きで分かりにくくなくてはいけない。ネット時代の写真修行が、実は以前よりも回り道を許し、大衆性を度外視させてくれることをあらためて実感する今日この頃です。

c0035245_23284845.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 ISO100 露出補正-0.7

また、このブログにアクセスしてくださる方の多くが、「NEX-7」とか「EOS5D」などカメラ関係のキーワードで来られています。だから、機材の話も少し。俗界から山を撮る場合は135mm、200mmあたりの望遠が必須になりますが、今街頭スナップ用に使っているCarl Zeiss Jena Sonnar135mm3.5CHINON 135mm2.8は、やはり「味」重視の古いレンズなので山そのもをクリアに撮る王道には不向きだと感じました。王道の道に踏み出すには、結局はちゃんとしたフルサイズの5DMK3に純正の現代のレンズの方が良いようです。僕の手持ちでは、それは5DMK3・MK2とキャノンの70-200/2.8Lか300mm/4ということになります。

もっと時間と心に余裕ができたら純正キャノンデジタルでしっかり撮りたいと思っていますが、今回はタバコを買いに行ったついでに車を止めながらという、実に軽い撮影でしたので、NEX-7です(一部別の日に撮った5D画像あり)。ただし、レンズはコンタックスGのSonnar90mm2.8を使ってみました。【NEX-7】 SEL50-F18は「神レンズ」か!?で触れた「コンタックスGの駄作」です。デジタル・リマスターで復活するのではないかということで、一度手放したものを密かに手元に戻し仕事場の防湿庫に保管してはいましたが、使い所がここで見つかったかもしれません。

APS-Cでは周辺部を使わないせいか、「こんなに立体感のあるシャープな描写だったっけ?」と驚きました。ツァイスらしい色乗りの良さはないのですが、抜けの良さは抜群。むしろキャノンのレンズのような繊細な描写だけれども、繊細さの方向性は違う。うまく言葉では表現できませんが、「立体的」というのがデジタルで初めて使った印象。一方、好みの分かれるハッキリめのボケ味やツァイスにしてはあっさりな色乗りはフィルム時の印象と同じ。開放での描写も、予想した通りデジタルで印象が向上しました。やはり、NEXではピント合わせがG2のようにギャンブルにならないので、微妙なピント合わせが可能になったことにより、本来の性能が出せるようになったのかもしれません。

c0035245_23573258.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 ISO100

c0035245_23584412.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 ISO100

c0035245_004261.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 ISO100

c0035245_015893.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 F4 ISO100

c0035245_041290.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 ISO100 露出補正+0.3

c0035245_052378.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 ISO100 露出補正+0.3

c0035245_06999.jpg

         NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 ISO100 露出補正+0.3

c0035245_072361.jpg

NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 ISO100 露出補正-0.3

c0035245_081046.jpg

         NEX-7 Contax Carl Zeiss Sonnar G90mm2.8 ISO100 露出補正-2.0

c0035245_0154817.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO800 露出補正-1.0

by hoq2 | 2012-11-23 00:17 | 写真(Naganao snapshot) | Trackback | Comments(0)

【Nagano Snapshot】 下諏訪1

 2011年夏より、長野県・蓼科の別荘地に定住している。1年余りが過ぎ、土地への理解がゆっくりと深まるにつれ、愛着も湧いてきた。そして、いつしかカメラを手に町に出て、写真を撮るようになった。長年撮っている東京とはずいぶん勝手が違うようにも感じられ、しかし、同時に集中的に通ったベルリンとすら、同じような写真を撮っているようにも思う。
  「そこも、ここも、そことここの間も皆同じ」ーーー。そういう信念があるから、これは長野の町のガイドブック的な紹介ではない。どこにでもあるような物体、通り、風景は、どこにいても気になる。だが、写真というものは撮り手の意志とは関係なく、「記録」し続ける側面もある。だから、いつかこれらの写真がたまったら、何かしらの形でまとめて発表したいと願っている。それがもしかして、50年、100年経って、21世紀初めの「地方」というものの、異端の記録になるかもしれないと夢想する。


このシリーズを、以前HP上で公開した【Tokyo Snapshot】、そして、それをベルリンの写真と合わせて発表した写真集『Berlin+Tokyo』の続編的な位置づけで、【Nagano Snapshot】と名付けました。本ブログでは、内容を絞ってまとめる前段階として、撮影日順にあまり点数を絞らずにアップしていきます。将来のための私的な忘備録代わりという側面もあります。

初めての町を歩くことも、何度も同じ町を歩くこともあります。

実現は難しいだろうけれど、最終的には長野県内全市町村を制覇できれば素晴らしいと思っています。



c0035245_1464181.jpg

NEX-7 SIGMA19mm2.8 絞り優先オート F8 ISO200 露出補正-0.7


Nagano Snapshotでまだ訪れていない諏訪地域最後の町、下諏訪です。今回は、マメの病院の帰りというついでな感じでしたので、有名な諏訪大社下社とその門前を軽く回っただけです。全国にある「諏方神社」は、この諏訪大社から分社したものです。神社界のメインストリームの一つの首都は諏訪なのです。そして、全国的には案外知られていないのですが、諏訪大社というのは大きな本殿がある一つの神社ではなく、「上社」と「下社」に分かれており、さらに上社には本宮(諏訪市)、前宮(茅野市)下社には秋宮と春宮(共に下諏訪町)があって、今回訪れたのは下社の秋宮です。品のいい参道と温泉地があり、周囲は観光地としてきれいに整備されています。

上社本宮の御神体は背後の山そのもの、下社秋宮は一位の大木です。中心があいまいな神社のありようといい、自然そのものを神として祀っている点で、非常に日本的な存在なのです。ちなみに、伝統的に上社は縄文的な狩猟の神、下社は弥生的な農耕の神です。上社の狩猟関係については、以前詳しく取材をしたことがあり、機会があればここでも紹介したいと思います。

有名な御柱祭は、諏訪大社の行事ですが、諏訪地域のどの神社にもたいてい御柱が立っています。4本の木の棒が屹立する様子は、鳥居という大和的な神社風景に対して映像的にも非常にプリミティブな信仰風景であり、僕はイギリスに住んでいたこともあって、ストーンヘンジとイメージがダブります。【Nagano Snapshot】 高ボッチ & ガボッチョでも少し触れた諏訪の縄文っぽさは、原初的であるがゆえに独特なこうした神社文化にも感じます。・・・今回は少し出身学部的なことを書いてしまいました。


c0035245_2194698.jpg

         EOS5D MK3 Carl Zeiss Planar 50mm1.4 絞り優先オート F8 ISO100 露出補正-1.0

c0035245_227948.jpg

EOS5D MK3 Carl Zeiss Jena Flektogon 20mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-1.7

c0035245_2295272.jpg

         EOS5D MK3 Carl Zeiss Jena Flektogon 20mm2.8 絞り優先オート ISO100

c0035245_2311238.jpg

         EOS5D MK3 Canon EF85mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO200 露出補正-1.0

c0035245_2324633.jpg

         EOS5D MK3 Canon EF85mm1.8 絞り優先オート F2 ISO200

c0035245_2342354.jpg

         EOS5D MK3 Canon EF85mm1.8 絞り優先オート F2 ISO100

c0035245_2354626.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F8 ISO100

c0035245_2374964.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F8 ISO400

c0035245_2405173.jpg

         EOS5D MK3 Canon EF85mm1.8 絞り優先オート F8 ISO200

c0035245_242365.jpg

         EOS5D MK3 Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm3.5 絞り優先オート ISO200 露出補正-0.3

c0035245_244547.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F8 ISO400

c0035245_2453122.jpg

EOS5D MK3 Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm3.5 絞り優先オート ISO400

c0035245_2473373.jpg

EOS5D MK3 Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm3.5 絞り優先オート ISO400 露出補正-0.3

c0035245_249062.jpg

EOS5D MK3 Canon EF85mm1.8 絞り優先オート F8 ISO400 露出補正+0.7

c0035245_250315.jpg

         EOS5D MK3 Canon EF85mm1.8 絞り優先オート F8 ISO400 露出補正-0.7

c0035245_2522045.jpg

EOS5D MK3 Carl Zeiss Planar 50mm1.4 絞り優先オート F4 ISO125 露出補正-1.0

c0035245_2532967.jpg

         EOS5D MK3 Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm3.5 絞り優先オート ISO160

c0035245_2555553.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F8 ISO200

c0035245_2564769.jpg

EOS5D MK3 Canon EF85mm1.8 絞り優先オート F6.3 ISO200

c0035245_2584318.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F8 ISO200

c0035245_2593436.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F8 ISO400 露出補正-0.3

c0035245_303338.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F8 ISO200

c0035245_311455.jpg

         NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F8 ISO200 露出補正-0.7

c0035245_323948.jpg

         EOS5D MK3 Carl Zeiss Planar 50mm1.4 絞り優先オート F6.3 ISO200 露出補正-0.3

c0035245_342796.jpg

EOS5D MK3 Carl Zeiss Planar 50mm1.4 絞り優先オート F2 ISO200 露出補正-0.3

c0035245_351860.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F8 ISO200 露出補正-0.7

c0035245_365874.jpg

         NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F8 ISO200 露出補正-0.7

c0035245_374675.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F8 ISO200

c0035245_393656.jpg

EOS5D MK3 Canon EF85mm1.8 絞り優先オート F8 ISO200

c0035245_3105358.jpg

EOS5D MK3 Canon EF85mm1.8 絞り優先オート F2.8 ISO200

c0035245_3115683.jpg

EOS5D MK3 Canon EF85mm1.8 絞り優先オート F2.8 ISO200 露出補正-0.7

c0035245_3134046.jpg

        EOS5D MK3 Canon EF85mm1.8 絞り優先オート F2.8 ISO200

c0035245_3144325.jpg

EOS5D MK3 Canon EF85mm1.8 絞り優先オート F2.8 ISO200

c0035245_3161561.jpg

        EOS5D MK3 Canon EF85mm1.8 絞り優先オート F2.8 ISO200

by hoq2 | 2012-11-21 03:16 | 写真(Naganao snapshot) | Trackback | Comments(0)

冬の空気 八ヶ岳


c0035245_21185688.jpg


今日は八ヶ岳がよく見えました。

暖かい季節は、遠景の山がもやってしまう。肉眼ではっきり見えても(見えるような気がしても)、写真でくっきりと表現するのは非常に難しい。冬の訪れが遅い今年、身が切れるようなクリアな空気にようやく近づいてきたようです。

c0035245_2123536.jpg


c0035245_21273298.jpg


c0035245_21353135.jpg


c0035245_21293520.jpg


八ヶ岳は別荘地のいつも散歩コースからも見えます。

c0035245_2138388.jpg


c0035245_21485717.jpg


時間帯にもよるのでしょうが、今日は下界からの方がよく見えた。完全にクリアになるのは、もう少し寒くなってから。まだ、空の色が少し濁っている。スノーシューでガボッチョでも行くか。そして、藤原新也の『俗界富士』みたいなことをしたいと少し考えている。

c0035245_21542966.jpg


c0035245_2158384.jpg


c0035245_2205047.jpg

by hoq2 | 2012-11-20 22:03 | 日記 | Trackback | Comments(0)

【Nagano Snapshot】 茅野5 丸ごと廃墟の商店街に思う

 2011年夏より、長野県・蓼科の別荘地に定住している。1年余りが過ぎ、土地への理解がゆっくりと深まるにつれ、愛着も湧いてきた。そして、いつしかカメラを手に町に出て、写真を撮るようになった。長年撮っている東京とはずいぶん勝手が違うようにも感じられ、しかし、同時に集中的に通ったベルリンとすら、同じような写真を撮っているようにも思う。
  「そこも、ここも、そことここの間も皆同じ」ーーー。そういう信念があるから、これは長野の町のガイドブック的な紹介ではない。どこにでもあるような物体、通り、風景は、どこにいても気になる。だが、写真というものは撮り手の意志とは関係なく、「記録」し続ける側面もある。だから、いつかこれらの写真がたまったら、何かしらの形でまとめて発表したいと願っている。それがもしかして、50年、100年経って、21世紀初めの「地方」というものの、異端の記録になるかもしれないと夢想する。


このシリーズを、以前HP上で公開した【Tokyo Snapshot】、そして、それをベルリンの写真と合わせて発表した写真集『Berlin+Tokyo』の続編的な位置づけで、【Nagano Snapshot】と名付けました。本ブログでは、内容を絞ってまとめる前段階として、撮影日順にあまり点数を絞らずにアップしていきます。将来のための私的な忘備録代わりという側面もあります。

初めての町を歩くことも、何度も同じ町を歩くこともあります。

実現は難しいだろうけれど、最終的には長野県内全市町村を制覇できれば素晴らしいと思っています。



c0035245_1324978.jpg

EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO200 露出補正+1.3

牛丼を食べるという用事で町へ降りたついでに地元茅野市随一の商店街に寄りました。が、夕方の買い物タイムだと言うのに本当に文字通りだーれも歩いていません。抜け道的に通過する車がビュンビュン走っているのに、ろくに歩道もないのでそもそも歩くのが一苦労です。そして、これはいつもの事です。だいたい、やっている店が数軒しかないのです。同じ駅近のこのあたりも商店街めいていますが、同じようなものです。

地方の既存商店街は、今どこもそうだと言えばそれまでです。専門店で買うようなものはAmazon、実店舗の方が便利な食料品や日用品はロードサイドの大型店。今の地方とはそういうもので、僕もこっちではそういう消費生活をしています。で、それは特に悪いことでもなく、ネットや大型店に対抗して商店街が再生する必要はないと思っています。だって、今さら車を捨てて馬車に乗る合理的な理由はないでしょう。排ガスウンヌン言うなら、人類という種の性格からして、馬車へ後戻りるよりも、電気自動車へと前に進む方が自然です。個人が後戻りしようが何しようが自由だと思いますし、自分も時にそういう行動を取っていますが、社会全体としては自然な進化の流れに逆らうことをしない方が良いというのが自分の考えです。

が、しかし。茅野の商店街はちょっと事情が違うと思うのです。ここは駅から歩いて10〜15分とやや不便な場所ではありますが、マイカー時代にあって、茅野駅には確実な利用者がいるのです。週末の登山客です。今はブームですから、毎週大勢やってきます。山ガールとやらもここで初めて見ました。僕もナンチャッテですが高校山岳部に在籍したことがあるので分かりますが、下山して精神的に変になるくらいヘトヘトな状態で長距離運転して都会に帰るのは無謀です。荷物もいっぱいなので、グループで車も現実的ではない。だから、正しき登山者たちは鉄道が王道なのです。

でも、茅野駅周辺にはその登山客のベースキャンプとしての機能は全くありません。用品店はおろか、食事一つするのに苦労するでしょう。現在機能している一割あるかないかのお店はそのまま続けていただきたいのですが、従来型の「商店街」はやめて、週末限定でいいので登山客に特化した情報と物資の集積基地にするべきです。ネットだけでは分からない、その日その時の登山情報が得られる情報センター(人材重視)、何か忘れてもひと通り揃う用品店(レンタル含む)、前泊用宿泊施設(キャンプ場)、山岳救助隊支部、交流サロン的な場所、そして各登山口へのバスターミナルなどがあればいいんじゃないかと思います。もちろん、ハコモノよりも登山客の実際のニーズに応えられる人材の充実が大事。とにかく、実際のニーズをしっかりリサーチしたうえで実用的なものにしなければいけません。よく地方にある「はい作りましたよ」というアリバイ的なプロジェクトに終わるなら全く意味がない。

まあ、こんな具合に廃墟だとか「商店街やめれば?」なんて、地元にしがらみのない者にしか言えない。だから、よそ者である自分があえて妄想を書きました。そして、こんなことは誰でも一度は思いつくでしょう。なのにやってないという事は、しがらみや予算などのつまらない現実を前にできないのでしょう。そして、僕個人にとっては歩き回って今のような感じの写真を撮る分には、こういう廃墟みたいな町は写欲をそそります。だから、ごくごく個人的には別に今のままで良いのですが・・・。

c0035245_2305121.jpg

EOS5D MK3 AUTO CHINON 135mm2.8 絞り優先オート ISO200

c0035245_234210.jpg

EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO100

c0035245_2362546.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO100

c0035245_238816.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO200 露出補正-1.0

c0035245_2393374.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO100

c0035245_24233.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO100

c0035245_243368.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO200

c0035245_24462.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO100

c0035245_245291.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO100 露出補正-0.7

c0035245_2463560.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO100 露出補正-0.7

c0035245_2512689.jpg

EOS5D MK3 AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO400

c0035245_2533347.jpg

NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO100 露出補正-0.7

c0035245_254922.jpg

NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO100

c0035245_256213.jpg

EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO400

c0035245_2573917.jpg

NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO200

c0035245_30169.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO200 露出補正-0.7

c0035245_31021.jpg

EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO100 露出補正-0.3

c0035245_33514.jpg

EOS5D MK3 AUTO CHINON 135mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-0.3

c0035245_351053.jpg

EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO100

c0035245_364118.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-0.3

c0035245_38759.jpg

EOS5D MK3 AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-0.3

c0035245_39062.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-0.3

c0035245_394784.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO200 露出補正-1.0

c0035245_311118.jpg

EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO100

c0035245_3115477.jpg

NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO200 露出補正-1.7

c0035245_3131733.jpg

EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO200

c0035245_314249.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO200 露出補正-1.3

c0035245_3153964.jpg

NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO200

c0035245_3165190.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO200 露出補正-0.3

c0035245_3175740.jpg

EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO400

c0035245_3191199.jpg

NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO200 露出補正-0.3

c0035245_3203523.jpg

NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO400

c0035245_3221143.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO400

c0035245_323125.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 135mm2.8 絞り優先オート ISO400

c0035245_324158.jpg

EOS5D MK3 AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO400 露出補正+0.7

c0035245_326435.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO400 露出補正+0.3

c0035245_3272321.jpg

EOS5D MK3 AUTO CHINON 135mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-0.3

c0035245_329039.jpg

NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO400

c0035245_3301238.jpg

NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO400

c0035245_3305923.jpg

NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO400

c0035245_3315234.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO400 露出補正-1.0

c0035245_3325363.jpg

EOS5D MK3 AUTO CHINON 135mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-0.7

c0035245_3341242.jpg

EOS5D MK3 AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO400 露出補正+0.3

c0035245_3352018.jpg

NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO400

c0035245_3361412.jpg

NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO400

c0035245_3375580.jpg

NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO800 露出補正-0.7

by hoq2 | 2012-11-20 03:38 | 写真(Naganao snapshot) | Trackback | Comments(0)

【Nagano Snapshot】 松本1

 2011年夏より、長野県・蓼科の別荘地に定住している。1年余りが過ぎ、土地への理解がゆっくりと深まるにつれ、愛着も湧いてきた。そして、いつしかカメラを手に町に出て、写真を撮るようになった。長年撮っている東京とはずいぶん勝手が違うようにも感じられ、しかし、同時に集中的に通ったベルリンとすら、同じような写真を撮っているようにも思う。
  「そこも、ここも、そことここの間も皆同じ」ーーー。そういう信念があるから、これは長野の町のガイドブック的な紹介ではない。どこにでもあるような物体、通り、風景は、どこにいても気になる。だが、写真というものは撮り手の意志とは関係なく、「記録」し続ける側面もある。だから、いつかこれらの写真がたまったら、何かしらの形でまとめて発表したいと願っている。それがもしかして、50年、100年経って、21世紀初めの「地方」というものの、異端の記録になるかもしれないと夢想する。


このシリーズを、以前HP上で公開した【Tokyo Snapshot】、そして、それをベルリンの写真と合わせて発表した写真集『Berlin+Tokyo』の続編的な位置づけで、【Nagano Snapshot】と名付けました。本ブログでは、内容を絞ってまとめる前段階として、撮影日順にあまり点数を絞らずにアップしていきます。将来のための私的な忘備録代わりという側面もあります。

初めての町を歩くことも、何度も同じ町を歩くこともあります。

実現は難しいだろうけれど、最終的には長野県内全市町村を制覇できれば素晴らしいと思っています。



c0035245_0201289.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO400

松本、それは大都会。人がいっぱいいる。「おっ、人!」ー 僕の住む町では、通行人を見つけると色めき立つ。そうならないのは、長野県ではこの松本と長野市だけだ。都会しか知らない人は、こんなことを言われても感覚的に分からずにただボーっとするのみであろう。なんせ東京では、人が誰もいないスナップ写真集が話題になったくらいだ。正月の早朝などに苦労して撮ったと言うが、地方ではNobodyの方が当たり前だ。なんだかんだで、都会って世知辛い。

世知辛さの切れ端程度は松本にもあって、今回は駐車場代が嵩むのが嫌で(松本や長野以外では、中心部でもタダで停められる所がいくらでもあるのが当たり前)茅野駅から電車、いや、汽車で行った。しかし、東京感覚で時刻表を見ずに行ったのは失敗だった。異常にうまい茅野駅の立ち食いそばを食べて切符を買おうとすると、次の普通列車は1時間後だった。仕方ないので、30分後の特急に乗った。交通費節約の面で意味があったのだろうか?

c0035245_036176.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO400

c0035245_037242.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO100

c0035245_0382947.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F8 ISO100

c0035245_0394511.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F8 ISO400

c0035245_0413888.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F8 ISO1600

c0035245_043693.jpg

EOS5D MK3 Carl Zeiss Planar 50mm1.4 ZE 絞り優先オート F8 ISO100

c0035245_0451279.jpg

EOS5D MK3 Carl Zeiss Planar 50mm1.4 ZE 絞り優先オート F8 ISO100

c0035245_0485476.jpg

EOS5D MK3 Carl Zeiss Planar 50mm1.4 ZE 絞り優先オート F8 ISO100

c0035245_050320.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F8 ISO100

c0035245_0524354.jpg

         EOS5D MK3 Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm3.5 絞り優先オート ISO200

c0035245_0551837.jpg

EOS5D MK3 Canon EF85mm1.8 絞り優先オート F8 ISO200

c0035245_0574627.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO200


                      若者が、歩いている!


c0035245_0594954.jpg

          NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO200

c0035245_125314.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F5.6 ISO200

c0035245_171548.jpg

         EOS5D MK3 Carl Zeiss Planar 50mm1.4 絞り優先オート F5.6 ISO400

c0035245_1102654.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO1600

c0035245_1114487.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO1600

c0035245_1125814.jpg

         NEX-7 Sony 50mm1.8 絞り優先オート F2 ISO200

c0035245_1144075.jpg

NEX-7 Sony 50mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO400

c0035245_116071.jpg

EOS5D MK3 Carl Zeiss Planar 50mm1.4 絞り優先オート F3.2 ISO400

c0035245_1174329.jpg

EOS5D MK3 Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm3.5 絞り優先オート ISO160

c0035245_11920100.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO400

c0035245_121327.jpg

EOS5D MK3 Carl Zeiss Planar 50mm1.4 絞り優先オート F3.2 ISO160

c0035245_122454.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO400

c0035245_1235226.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO400

c0035245_1254075.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO400 露出補正-0.3

c0035245_127699.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F5.6 ISO400

c0035245_128431.jpg

         EOS5D MK3 Carl Zeiss Planar 50mm1.4 絞り優先オート F2 ISO100

c0035245_1312194.jpg

         EOS5D MK3 Carl Zeiss Planar 50mm1.4 絞り優先オート F2 ISO100

c0035245_1322887.jpg

         EOS5D MK3 Canon EF85mm1.8 絞り優先オート F7.1 ISO200

c0035245_1344441.jpg

         NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F5.6 ISO400 露出補正+0.7

c0035245_1364084.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO400 露出補正+0.7

c0035245_1381942.jpg

         EOS5D MK3 Canon EF85mm1.8 絞り優先オート F1.8 ISO100

c0035245_1395419.jpg

         EOS5D MK3 Canon EF85mm1.8 絞り優先オート F1.8 ISO100

c0035245_1405595.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F5.6 ISO400 露出補正+0.3

c0035245_142839.jpg

         EOS5D MK3 Carl Zeiss Planar 50mm1.4 絞り優先オート F1.8 ISO100

c0035245_143226.jpg

EOS5D MK3 Carl Zeiss Planar 50mm1.4 絞り優先オート F2.2 ISO100

c0035245_1445216.jpg

EOS5D MK3 Carl Zeiss Jena Sonnar 135mm3.5 絞り優先オート ISO100

c0035245_146683.jpg

         EOS5D MK3 Canon EF85mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO100 露出補正-0.7

c0035245_148648.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F5.6 ISO400 露出補正+0.3

c0035245_1495260.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F1.8 ISO400 露出補正+0.3

c0035245_1514865.jpg

         EOS5D MK3 Carl Zeiss Planar 50mm1.4 絞り優先オート F1.8 ISO200

c0035245_1533215.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO400

c0035245_1545132.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO400

c0035245_1561664.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO400

c0035245_157597.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO400

c0035245_1583083.jpg

         EOS5D MK3 Canon EF85mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO400

c0035245_20573.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO400

c0035245_211751.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO400 露出補正-0.7

c0035245_22235.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO400 露出補正-0.7

c0035245_235064.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO400 露出補正-0.3

c0035245_243981.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F5.6 ISO400 露出補正-0.7

c0035245_261669.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F5.6 ISO400

c0035245_273090.jpg

EOS5D MK3 Canon EF85mm1.8 絞り優先オート F1.8 ISO100

c0035245_285926.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F5.6 ISO400

c0035245_294967.jpg

EOS5D MK3 Carl Zeiss Planar 50mm1.4 絞り優先オート F1.8 ISO400 露出補正-0.7

c0035245_2114339.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F5.6 ISO400 露出補正-1.0

c0035245_2124217.jpg

        NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F5.6 ISO400

c0035245_215214.jpg

EOS5D MK3 Canon EF85mm1.8 絞り優先オート F3.5 ISO400 露出補正-0.7

c0035245_2172656.jpg

        NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F2.8 ISO400 露出補正-1.0

c0035245_2185710.jpg

         EOS5D MK3 Carl Zeiss Planar 50mm1.4 絞り優先オート F2.8 ISO400 露出補正-2.0

c0035245_2212361.jpg

EOS5D MK3 Carl Zeiss Jena Flektogon 20mm2.8 絞り優先オート ISO400 露出補正-2.0

c0035245_2225610.jpg

EOS5D MK3 Carl Zeiss Jena Flektogon 20mm2.8 絞り優先オート ISO400 露出補正-2.0

c0035245_2242981.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F4 ISO400 露出補正-1.0

c0035245_226522.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F4 ISO400 露出補正-1.3

c0035245_2272573.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F2 ISO400 露出補正-0.7

c0035245_2283299.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F2 ISO400 露出補正-1.0

c0035245_2293863.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F4 ISO400 露出補正-0.3

c0035245_2304426.jpg

         EOS5D MK3 Carl Zeiss Planar 50mm1.4 絞り優先オート F2 ISO800 露出補正-1.0

c0035245_2315699.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F4.5 ISO800 露出補正-0.7

c0035245_2334610.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F2.8 ISO800 露出補正-1.0

c0035245_234334.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F4. ISO800 露出補正-0.7

c0035245_2352129.jpg

NEX-7 SIGMA 19mm2.8 絞り優先オート F2.8 ISO800

c0035245_2361114.jpg

EOS5D MK3 Carl Zeiss Planar 50mm1.4 1/60 F2 ISO800

c0035245_2372760.jpg

         NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 1/60 F1.8 ISO400

c0035245_2415663.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 1/50 F1.8 ISO400

c0035245_2431133.jpg

NEX-7 Sony 50mm1.8 絞り優先オート F2 ISO400

日が暮れてからは極寒でした。帰りはタイミング良く普通列車に乗れると思ったら、30分の遅延。鹿との衝突事故があったとか。しかし、これは良くあることです。

c0035245_2461525.jpg

NEX-7 Carl Zeiss Sonnar 24mm1.8 絞り優先オート F4 ISO400

by hoq2 | 2012-11-19 02:47 | 写真(Naganao snapshot) | Trackback | Comments(0)

アイメイト55周年記念誌

c0035245_2156325.jpg


今回は、アイメイト協会の55周年記念誌「EYEMATE 視界を拓くパイオニア」の紹介をさせていただきます。

2012年は、国産盲導犬第一号ペア、河相洌(きよし)さんとチャンピイが誕生して55年目になります。この記念誌は、A4判・フルカラー80ページのなかなか立派な冊子です。

表紙は、県庁で現役バリバリで働く男性使用者です。どうですか?颯爽と歩く姿からは、目が見えない人とは思えないのでは?アイメイトと歩くとは、このように「見えている」ということなんです。表紙撮影用にお願いして今年できたばかりの東京ゲートブリッジを歩いてもらいました。55年の歴史という"ゲート”を抜けて、未来に向かって歩み続けるイメージです。ちなみに背表紙はこのようになっています。

c0035245_2375451.jpg



中は以下の6章構成で、これ一冊読めばアイメイトの55年のすべてが分かります。アイメイト協会監修のもと、編集、写真、記事執筆を担当させていただきました。



アイメイト55年の歴史がビジュアルで分かる <巻頭グラビア>

c0035245_22522488.jpg

c0035245_2255110.jpg

c0035245_22561767.jpg

c0035245_22575638.jpg

c0035245_22581460.jpg

c0035245_22583074.jpg




歴史を作った使用者からの「メッセージ」

c0035245_23154511.jpg

c0035245_23172035.jpg


上のページの河相洌さんは、最初の国産盲導犬使用者です。大学生の時に失明し、すぐに自立のために国内では事実上前例のなかった盲導犬と歩くことを目指します。そして、チャンピイと塩屋賢一さんに出会い、後に続く視覚障害者のためにも、新たな道を切り開いたのです。

 聖書のヨハネの福音書9章に、キリストのもとに弟子が一人の盲人を連れてきて「この人間が見えなくなったのは誰の罪なんだ。親の罪か本人の罪か」と聞くところがある。キリストは「親の罪でも本人の罪でもない。神の栄光がこの人間に表れたためだ」と答える。これはね、ちょっと解釈しにくいんですよ。僕も最初に読んだ時は「神様の栄光なら何も見えなくしなくたっていいじゃないか」と思った。だけど、何十年も盲人として生きてきた今は、体験的に言って僕が見えなくなったのにはやっぱり特別な意味があったのだと思うようになりました。「お前は盲人として生きろ」というふうにね、神様が言ったのだと。塩屋さんとの運命的な出会いとか、具体的な裏付けが色々あっての結論なんですけれどね。
 そういう人生観というのかな、人間観を障害者は持たなきゃいかんと思います。自分が障害を背負ったということには特別な意味がある。その中で自分が力強く生きていくことが、社会全体の人々にどういう影響を与えているか。そういうふうに意識してほしい。今は社会環境も随分改善されて障害者も生きやすくなっていますが、善意の皮をかぶった根本的な差別意識というものも根強く残っていると感じます。それに負けて弱くなっちゃって、例えば「〇〇は差別語だ」などと末梢的なことにこだわって目くじら立てるような狭い根性では、盲人が普通の人間と肩を並べることはできないと思う。それが僕の基本的な考え方。だから、他の視覚障害者にもそれを望みます。


外交官の息子としてカナダで生まれ、戦中を大連で過ごした河相さんは、本当の意味での国際人でもあります。国際人として広い視野を持っていたからこそ、前例や慣習・因習にとらわれず、「盲導犬と歩く」という前人未到のチャレンジができたのだと思います。誰かに言われたから、勧められたから、というのではなく、自分で考え行動を起こしたからこそ、塩屋さんやチャンピイとの出会いが待っていたのでしょう。そして、物事を自分のことだけでは収めず、社会全体に広げて考えるのもまた、芯の通った視野の広い人にしかできないことです。私はこういう人こそが真のインテリだと思いますし、河相さん以上のインテリに出会ったことがありません。

この章では、河相さんのほかに、初の女性使用者で最古参の現役アイメイト使用者でもあり、戦後間もなくアメリカ留学を経験している戸井美智子さん、アイメイトの社会進出に尽力してきた佐藤憲さん、バス乗車や議会の傍聴に力を注いだ荻原文江さんのメッセージも掲載しています。いずれも、含蓄のある内容のインタビューになっています。アイメイト使用者とは、障害があるから社会の施しを受けているという、受け身の存在ではありません。河相さん、戸井さん、佐藤さん、荻原さんのように自ら道を切り開くために、アイメイトと歩むことを積極的に選択した人たちなのです。


塩屋賢一とアイメイトの歩み

c0035245_23541765.jpg

c0035245_23543831.jpg

c0035245_23545635.jpg

c0035245_23555334.jpg

c0035245_23561127.jpg


塩屋賢一(1921〜2010)は、アイメイト協会の創設者であるのみでなく、日本の盲導犬そのもののパイオニアです。現在は、10団体がそれぞれ盲導犬を育てていますが、そのすべての始まりは、塩屋賢一が戦後すぐに出会ったシェパード犬「アスター」と共に実地と研究を重ねて編み出した成果に依っています。他の団体が一般名詞になっている「盲導犬」を使っているのに対し、「アイメイト」という呼称には、オンリーワン・オリジナルな存在だという意味も込められています。「パソコン(PC)」に対する「マッキントッシュ(Mac)」に似ています。この章では、「盲導犬」と翻訳されていた存在が、いかにして「アイメイト」になったのか、当事者の塩屋賢一の生涯と共に綴っています。


アイメイトを得ていきいきと暮らす

c0035245_082712.jpg

c0035245_0103585.jpg

c0035245_0105560.jpg

c0035245_0111285.jpg



この章では、現役使用者10人のそれぞれの生き方を紹介しています。失明してショックを受けて閉じこもった日々を過ごした方も、飄々と先に進んだ方もいます。抱える背景や事情はさまざまで、一口に「視覚障害とはこういうものだ」ということは言えません。共通しているのは、アイメイトと暮らす「今」が輝いていること。その輝きを得るまでには、皆さん大変な苦労をされています。そして、今もその過程にいる方が大勢いることも忘れてはなりません。

この記念誌の特徴は、この章を中心に「人の物語」が多く語られていることです。大半の盲導犬関係の本、映像、報道、広報ツールなどは、「犬」を中心に語られているのではないでしょうか?これは私見ですが、「けなげ」で「かわいい」犬が、「頑張っている」。今の日本ではそればかりが強調されている。「けなげ」というのは少し違う気もしますが、確かにそれは事実です。僕も家庭犬であろうとアイメイトであろうと盲導犬であろうと、純真な犬たちが大好きです。彼らに教えられることもたくさんあります。しかし、お涙ちょうだいなだけの映画であったりと、そうした人々の犬に寄せる思いを見透かして金儲けや宣伝をする輩が多いことが非常に残念です。それは一見、犬に寄っているようで、実際は個人や組織の利や欲に犬の純真を利用している。犬差別だと思います。障害者を「かわいそう」と見下して無用なことをする善意の皮をかぶった差別に似ている。

アイメイトの物語の主役は人なのです。対等なパートナーですから、もちろん犬も主役なのですが、人の言葉で語る物語の中心は人であるべきです。犬の"言葉”を聞けない私たちが、勝手に「言葉」で解釈して語るのは傲慢というものです。だから僕は、犬の写真を撮るのです。犬について言葉で多くを語るのは失礼だと思います。

そして、アイメイト協会の理念は

「アイメイト協会の仕事の本分は人間教育である」

というものです。人に対する歩行指導を通じて、自立した人生を切り開くお手伝いをしているということなのです。「盲導犬の訓練所」というよく言われる解釈は間違っています。

c0035245_0315666.jpg



What is Eyemate?

c0035245_036493.jpg

c0035245_0371024.jpg

c0035245_0372943.jpg

c0035245_0374843.jpg


ここでは、よく誤解されたり理解が十分でない、アイメイトの実際を解説しています。

たとえば、「盲導犬」という言葉の持つ危うさに、「利口な犬が盲人を導いて歩いている」という誤解が生じやすいということが挙げられます。アイメイト歩行では、実際は十分に協会で歩行指導を受けた人が犬に指示を出して歩いています。道順は人が頭の中で覚えています。一方、犬は交差点ごとに止まったり、急な車の飛び出しなどに反応して危険を回避したりという自主判断をして安全な歩行をサポートします。だから、人の「目」であり、対等なパートナー、「仲間」を意味する「EYE」+「MATE」=EYEMATEなのです。この点も、あえて「盲導犬」とは呼ばない理由です。

また、アイメイト歩行は、同行者や白杖に頼らずに人と犬のペアが単独で歩くことです。国内の他の育成団体では、単独歩行を認めていなかったり、できなくても良しとすることがほとんどです。「視覚障害の自立支援」の理念から、単独歩行は自立の必要条件だというのがアイメイト協会の考え方です。第二号使用者の松井新二郎さんは「歩行の自由を得れば、盲人の問題は50%解決できる」と話しています。


アイメイトを支える輪

c0035245_056111.jpg

c0035245_0562937.jpg

c0035245_057231.jpg


アイメイト協会は非営利の公益財団法人です。アイメイトの育成は、全国各自治体の委託事業として行われていますが、個人・団体の寄付金や奉仕活動などの善意に頼る面が非常に大きいのです。この章では、後援会活動や繁殖・飼育・リタイア犬奉仕、企業からの支援などの紹介をしています。

特に協会と接点を持たずに個人でできることもいくつかあります。後援会員の皆さんが定期的に行なっている募金活動に寄付金を寄せたり、協力企業・店舗には募金箱もあります。

私個人からはアイメイト・サポートグッズのオンラインショップからのアイメイトグッズの購入をお願いします。インターネット上のみでできるために、最も時代にマッチした個人レベルでの支援だと思うからです。グッズの収益は全額、後援会から協会へ寄付されます。ショップサイトやグッズの充実には、私も仕事として協力しています。ご意見、ご要望があればお寄せください。


尚、記念誌は非売品です。9/30の55周年記念「アイメイト・デー」の式典で配布されたのを皮切りに、現在もアイメイト協会で配布中です。私の所にも若干数残っております。この記事からのご用命はまずは私へご連絡願います。

by hoq2 | 2012-11-18 01:07 | アイメイト | Trackback | Comments(0)

マメびいきの日・浅草

c0035245_16382827.jpg


昨日は、朝早くバッグをしょって散歩。

c0035245_16451212.jpg


c0035245_16464346.jpg


うんちは自分で持ち帰りました。

c0035245_16502620.jpg


そして、アメリカより一時帰国中の犬のしつけインストラクター、川原志津香さんに会うため、東京へ。車でコーフンが押さえられないゴースケには日帰りはきついので、彼は留守番。いつものマメびいきです。

c0035245_16572491.jpg


久々に異常に盛りの少ない都会オシャレパスタを食べ、

マメもアメリカ生まれのベビーと初対面。さすが生まれた時から犬と暮らしているだけあって、とても仲良くしてくれました。

その後下町の仕事場に寄ってNagano Snapshotで使いたかったZeiss Jena の Flektogon 20mm/2.8などを回収し、

c0035245_17134411.jpg


せっかくなので、浅草で大黒屋の天丼を。

c0035245_176114.jpg

c0035245_17165275.jpg


有名店ですが、写真を見て分かるように見た目は黒いし、特においしそうじゃないでしょう。
そして、実際「サクサク、ジューシー、アツアツ」的なことを期待すると怒り出す人もいると思います。

これは、そういうTV的グルメとは一線を画した天丼です。昔ながらの下町の普通の味を普通に守り通しているという、下町っ子にとっては大事なお店なのです。下町の味はタレの色が濃かったりするので味も濃いと勘違いされやすいですが、実は江戸っ子気質のあっさりさっぱりなのです。コンビニやスーパーの味付けのようにベッタリしていないし、関西風の甘い味付けとも対極にあります。そういう味に思い入れのある人間にとっては、定期的に食べたくなる食品の一つ。そうでない人には、むしろオススメしません。

贔屓の「犬印鞄」にも寄りました。

c0035245_17284045.jpg

c0035245_17403244.jpg


道すがらの久々の浅草スナップ。NEX-7 と Zeiss 24mm1.8 & 50mm1.8。

c0035245_17292471.jpg


c0035245_17305088.jpg


c0035245_1731579.jpg




c0035245_17344437.jpg


c0035245_17374297.jpg


c0035245_17384981.jpg


c0035245_17413162.jpg


c0035245_1743036.jpg


c0035245_17435632.jpg


c0035245_17451034.jpg


c0035245_17461189.jpg


c0035245_1747252.jpg


c0035245_17494088.jpg

by hoq2 | 2012-11-17 17:35 | 日記 | Trackback | Comments(0)

諏訪圏工業メッセ

c0035245_18381624.jpg


諏訪圏工業メッセに行って来ました。長野県諏訪地域(諏訪市、茅野市、岡谷市など)を中心とした精密機械や光学機器メーカーが出展する一大イベントです。

湖と山がある諏訪は、「日本のスイス」と呼ばれています。これは江東区を「東洋のベニス」と言うような話ではなく、スイスが時計で有名なように、諏訪も精密機械を中心とした会社や工場が集まる一大工業圏なのです。消費者目線で良く知られている企業では、エプソン・京セラなどですが、部品メーカーは無数にあります。きれいな水と冷涼で清潔な空気が精密機械作りには必要なのです。

かつては、カメラの聖地の一つでもありました。オリンパスのPEN・OMシリーズ、ヤシカの二眼レフや日本製コンタックス、そして我が茅野市のチノンは諏訪地域で生まれました。諏訪圏からは外れますが、マミヤの工場も近隣の佐久市にあり、私の親戚もかつてそこで働いていました。現在の国産ツァイスレンズを作っているコシナも長野県の会社です。

シャトルバスが出るくらいの大イベントで、会場はかなり盛況でした。私の目的はもちろんCHINONです。Nagano Snapshotのプロジェクトの一環でCHINOでCHINONということをしている身としては、ブースを訪れて中の人とお話がしたかったのです。

c0035245_1963254.jpg


手の空いた係の人にNEX-7につけている旧チノンのレンズや5DMK3のCHINONストラップを見せて話していると、重役風の品のいい紳士が「おお」と嬉しそうに話に加わってくれました。現在の会社は、かつてのカメラメーカーのチノンの流れから一度切れて再スタートを切ったとはいえ、「かつてのイメージを継承したカメラを販売するプロジェクトが進んでいる」とのこと。旧チノンといえば、「スチルカメラならジェネシス」ということで、GENESISリスペクトなカメラか、初期の主力製品だった8mmカメラをイメージしたムービーカメラが来年のメッセではお披露目できるとのことでした。また、旧レンズのファンは結構いて、「どっかで売ってないか」なんて問い合わせもあるそうです。

現在のカメラ関係の商品は、デジタルハリネズミというトイデジタルカメラ、そして発売されたばかり新商品が、なんとプラモデルカメラ。いずれも自社開発ではなく、他社製品の販売という形なのが残念ですが、かつても隙間産業(失礼)的側面があったので、トイカメラというのはらしいと言えばらしい。Belamiという伝説のカメラも出していたわけだし。Genesisタイプの新生チノンもいいけど、私は一応「モノクロ専用デジタルカメラ」をリクエストさせてもらいました。ライカで出しているが、バカ高いのであってないようなものだし、キャノンやニコンはそういうニッチな製品は出さないでしょう。それを現実的な価格で売ればチノンらしいと思うけど。ペンタックスあたりに先を越されるかな。

c0035245_19244883.jpg


c0035245_19254874.jpg



他に個人的に興味を持ったのは、魚眼や超広角のコンバージョンレンズを作っているフィットという会社。マスターレンズはキャノンEFでもソニーEでもなんでもいけるそうです。光学機器とは別にペレットストーブも作っている面白い会社です。

c0035245_19314127.jpg



そして、模型メーカーのPLUM。城の模型を探していた時に引っかかりましたが、諏訪の会社とは知りませんでした。アニメ・ゲーム系の製品はマニアックすぎて分からないのですが、松本城、上田城など信州の城が揃ってます。地元の高島城もあります。

c0035245_1942912.jpg


そして、会場内展示で、諏訪地域ゆかりのカメラの展示もありました。オリンパスとヤシカ・コンタックスの歴代名機。残念ながらチノンはありませんでした。

c0035245_19451020.jpg

c0035245_1946153.jpg


c0035245_19474954.jpg

c0035245_19483738.jpg

c0035245_19493166.jpg


おみやげはCHINONのボールペン

c0035245_2024716.jpg


自分も子供時代の一時期を町工場の多い物づくりの町で育ちました。そこは都会の労働者の町でしたが、諏訪はそれとは趣が違って自然があって、物作りがある。工業というと環境汚染、公害のイメージを抱く人も多いと思いますが、諏訪の工業は美しい自然があってこそなのです。

c0035245_1955864.jpg

c0035245_19564085.jpg

by hoq2 | 2012-11-15 19:56 | カメラ | Trackback | Comments(0)

【Nagano Snapshot】 茅野4

 2011年夏より、長野県・蓼科の別荘地に定住している。1年余りが過ぎ、土地への理解がゆっくりと深まるにつれ、愛着も湧いてきた。そして、いつしかカメラを手に町に出て、写真を撮るようになった。長年撮っている東京とはずいぶん勝手が違うようにも感じられ、しかし、同時に集中的に通ったベルリンとすら、同じような写真を撮っているようにも思う。
  「そこも、ここも、そことここの間も皆同じ」ーーー。そういう信念があるから、これは長野の町のガイドブック的な紹介ではない。どこにでもあるような物体、通り、風景は、どこにいても気になる。だが、写真というものは撮り手の意志とは関係なく、「記録」し続ける側面もある。だから、いつかこれらの写真がたまったら、何かしらの形でまとめて発表したいと願っている。それがもしかして、50年、100年経って、21世紀初めの「地方」というものの、異端の記録になるかもしれないと夢想する。


このシリーズを、以前HP上で公開した【Tokyo Snapshot】、そして、それをベルリンの写真と合わせて発表した写真集『Berlin+Tokyo』の続編的な位置づけで、【Nagano Snapshot】と名付けました。本ブログでは、内容を絞ってまとめる前段階として、撮影日順にあまり点数を絞らずにアップしていきます。将来のための私的な忘備録代わりという側面もあります。

初めての町を歩くことも、何度も同じ町を歩くこともあります。

実現は難しいだろうけれど、最終的には長野県内全市町村を制覇できれば素晴らしいと思っています。



c0035245_2234978.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO200 露出補正-1.7


4回目にして、いよいよ茅野市の中心部を歩きます。この日は私が住む山中の別荘地は初雪が降りました。町に降りると雪はありませんでしたが、みぞれが降ったり急に晴れたりと荒れ模様。5DMK3とNEX-7につけるレンズはもちろんCHINONです。晴天以外で使うのは初めてですが、どうなるでしょうか?


c0035245_2211418.jpg

 EOS5D MK3 AUTO CHINON 135mm2.8 絞り優先オート ISO400

c0035245_22133139.jpg

 NEX-7 AUTO CHINON 135mm2.8 絞り優先オート ISO400

c0035245_22173917.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO400

c0035245_22191556.jpg

 NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO400

c0035245_22211670.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO400 露出補正-1.7

c0035245_22224646.jpg

 EOS5D MK3 AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO400

c0035245_22235210.jpg

 NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO400

c0035245_2225014.jpg

 EOS5D MK3 AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO400

c0035245_22263119.jpg

 EOS5D MK3 AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO400 露出補正-1.3

c0035245_2229567.jpg

 EOS5D MK3 AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO400 露出補正-0.7

c0035245_22304772.jpg

 EOS5D MK3 AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO400

c0035245_2232270.jpg

 NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO400 露出補正-1.3

c0035245_22334859.jpg

 NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO400

c0035245_22344294.jpg

 NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO100 露出補正-2.0

c0035245_223621100.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO200

c0035245_22375040.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-1.0


いつも車で通り過ぎるだけだったこの神社、実は犬射原(いぬいばら)神社というそうです。このあたりは昔、犬射原と呼ばれていて、祭りの日には「犬追物(いぬおうもの)」という行事が行われていたそうです。犬を的にした流鏑馬ということらしいのですが、昔と今では犬に対する価値観が違います。騒ぐのはやめましょう。

c0035245_22474055.jpg



c0035245_2249913.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO200 露出補正-1.0

c0035245_22505534.jpg

 EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO100

c0035245_2252264.jpg

 EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-1.3

c0035245_2253742.jpg

 NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO100

c0035245_225545.jpg

 NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO200

c0035245_22555975.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100

c0035245_22574869.jpg

 NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO100

c0035245_22593472.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正+1.3

c0035245_231298.jpg

 EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO400

c0035245_232865.jpg

 NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO100 露出補正+0.3

c0035245_2335582.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO200

c0035245_23571.jpg

 EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO200

c0035245_237949.jpg

 EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO200 露出補正-1.0

c0035245_23886.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO100

c0035245_23111012.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO100 露出補正+1.0

c0035245_23121674.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO50

c0035245_23133014.jpg

 NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO100

c0035245_2314422.jpg

 EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO200

c0035245_23162392.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO100

c0035245_23172337.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO200 露出補正-1.0

c0035245_2318497.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO200 露出補正-0.7

c0035245_23194472.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO200 露出補正-1.0

c0035245_23204266.jpg

 NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO200 露出補正-1.0

c0035245_23213041.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO200 露出補正-1.0

c0035245_23224868.jpg

 EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO200 露出補正-1.0

c0035245_23242127.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO200 露出補正-0.3

c0035245_232595.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO200 露出補正-0.7

c0035245_23262130.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO200

c0035245_23271555.jpg

 EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO200

c0035245_23294235.jpg

 NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO100 露出補正-0.3

c0035245_23311469.jpg

 EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO400

c0035245_2332430.jpg

 NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO400 露出補正+0.3

c0035245_2333458.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO400 露出補正-2.7

c0035245_2334267.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON MC 55mm1.7 絞り優先オート ISO100 露出補正-0.3

c0035245_2335613.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON 135mm2.8 絞り優先オート ISO160

c0035245_23362160.jpg

         EOS5D MK3 AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO100

c0035245_23372992.jpg

 EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO100 露出補正-1.7

c0035245_23383791.jpg

         NEX-7 AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO200 露出補正-1.0

c0035245_2340969.jpg

 NEX-7 AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO200

c0035245_23423546.jpg

 NEX-7 AUTO CHINON 35mm2.8 絞り優先オート ISO200

c0035245_2341657.jpg

 EOS5D MK3 AUTO CHINON MC 28mm2.8 絞り優先オート ISO200


チノンレンズ、晴天でも曇天でも行けますねえ。現代の目では、危うい描写もあるけど、それがうまく味になっていれば良いのですが。

by hoq2 | 2012-11-14 23:44 | 写真(Naganao snapshot) | Trackback | Comments(0)