初めての渓流釣りまとめ

c0035245_23133442.jpg


この8月から始めた渓流釣り。お盆の頃からは連日竿を出しました。9月いっぱいでシーズンが終わるので、今年は自分の別荘地内で練習です(来シーズンからは外に出るつもりで)。

別荘地内にあるのは、源流域の小さな枝沢が2本。いわゆる薮沢というやつなので、必然的にちょうちん釣りになります。前の日記にも書いたように、この沢で起きた3年前の重油流出事故の影響を調べるという目的もあります。

東京湾の電気ウキ釣りしかやったことのない僕は、渓流はまったくの初心者です。それに加え、釣りで道具に凝るのは趣味ではないので、こんなどーでもいい感じの装備でやってます。

・地元釣具店で勧められるままに買った2100円の渓流竿4.5m(A)
・上記釣具店で2400円だったのに、ホームセンターでは1000円だった渓流竿4.5m(B)
・最寄り上州屋で980円で買った万能振り出し竿2.7m
・100m480円の道糸1.5号
・がまかつ・イワナ針8号、またはオーナー・ブドウ虫針8号
・ホームセンターの安売り目印
・ガン玉B(東京湾仕様と共用)
・マルキュー・清流王(ブドウ虫)、またはホームセンターで売っている謎の安いブドウ虫
・レフ板のように折りたためる渓流タモ=これだけはダイワのちゃんとしたやつ
・100円ショップのタックルボックス風の物入れ
・安物の防水バッグ、ビク代わり(エギング用?・東京湾仕様と共用)
・フィッシングベストの代わり、DOMKEのカメラマンベスト(写真用品としてはちゃんとしたブランド物です)
・東京靴流通センターの長靴

はい、これで十分です。

釣果の方はというと、15cm以上に限って言えば、毎回1〜2匹はだいたい釣れるという感じでしょうか。重油流出事故があったり、小さな枝沢でもともと良型は少ない場所である、というエクスキューズをさせてもらいますが、最大がイワナ22cm、ヤマメ20cm、アマゴ28cm(本流域に遠征時)で、まだ尺は釣ってません。初心者としてはこんなものなのかな。自分では当初想像してたよりもよく釣れていると思いますが・・・。

c0035245_23401324.jpg

c0035245_23404882.jpg


実地や、別荘地住民や地元ベテラン釣り師に聞くなどして分かってきたこと。

・重油流出以前は、沢を覗けば魚影が見えた。まだそこまでは回復していないが、竿を出せば幼魚の小さなアタリは多い。塩焼きサイズは半日に2匹釣れればいい方。ベテランはコンスタントに尺も釣る。

・良型は源流近くまたは別荘地内最下流に多い。家が多い中間は魚影が濃いがリリースサイズがほとんど。

・完全なイワナ域と言われているが、ヤマメもいる。下流の本流ではイワナ・アマゴの放流をしているが、別荘地内はいずれも天然。イワナはいずれも白斑がなく、オレンジ色の斑紋・腹のヤマトイワナである。これは中部山岳地帯の原種のイワナ。下流の放流域ではニッコウイワナが釣れるので、間違いなく地物だろう。ヤマメの放流はそもそもない。自然分布域で言えば、ヤマメ域ということになる(本流ではおそらく放流魚のアマゴが釣れた)。
c0035245_2351284.jpg

上ヤマメ、下ヤマトイワナ。いずれも別荘地内で釣れたもの。
c0035245_23532546.jpg

別荘地から少し出た本流で釣れたアマゴ。これは放流魚と思われる。

・一部別荘地内を流れる本流はレジャー施設が並ぶ湖から流れ出ている。途中に汚水処理場があり、水質はきれいとは言えない。アマゴのほかに、なんとブラックバスの幼魚がかかった。今は駆除の方向に進んでいるとはいえ、以前はバス釣りのメッカだった湖から流れているのでありえる話だが・・・

そして、この3週間ほどに起きた事件の数々

・竿(A)の元から2節目がバキッと折れる。安竿とはいえ、藪沢での扱いは慎重に・・・。テープで補強して、4.5m→4mの竿として再生。
・竿(B)を予備で購入するも、すぐに竿先が折れる。
・その翌日、再生竿(A)にヌシ級がかかる。すごい引きと戦うこと3分。リリアン(道糸を結ぶ先端の赤い部分)ごとスポッと仕掛けが抜けた。安竿ならではバラシか。いずれにしてもタモがなければ取り込めない感じだったので、「この沢にも、でかいのがいるんだなあ」と、翌日タモ購入。同時に竿(A)(B)を上州屋で直してもらう。ついでに回転式リリアンにグレードアップ。
・ブラックバスが釣れてしまった日。駆除のためにイワナ2匹と合わせて持ち帰ったところ、ちょっと台所に置いて電話をかけている間に3匹とも消えた。傍らに生臭い息を吐くマメが・・・(下写真はイメージです)。
c0035245_083746.jpg

生の川魚は寄生虫など、犬にも良くないと言いますが、翌日、とても良好な生臭いウンコをしました。幸い、その後いつも以上に元気なので安心。しかし、マメという犬は生でバリバリいってしまうワイルドさが魅力だ。

by hoq2 | 2011-08-27 00:11 | 日記 | Trackback | Comments(0)

花火、そして川に魚が戻ってきた

c0035245_22195720.jpg


白樺湖花火大会(8/10)に行ってきました。長野の家に一番近いのがここ。涼しい!清潔!混んでない!近い!湖面!マジメ! 

これまで地元の花火というと、柴又や隅田川だったのですが、人が多くて暑いのが僕はもうダメ。白樺湖はその点、始まる直前に行っても駐車場に並ばずに停められてそこから1分の湖畔の芝生に余裕でゴザをしいて座れました。かといって閑散として寂しいということもなく、それなりに人は来ていました。空いている分、打ち上げ場所のすぐ対岸に陣取れたので、これほど近くでじっくり見れたのも初めてかも。正味1時間弱、なかなかの規模の花火大会で、涼しい中でゆっくり楽しめて非常によかったです。

c0035245_22375540.jpg


個人的には、「次は4尺玉2発と5尺玉1発です」とか「花火師さんに届くようにみんなでありがとうと言いましょう!」とか、お姉さんのアナウンスが蛇足だったかな。しかし、こういう学校行事的なマジメさというのは、教育県と言われる長野らしいとも思うのです。江戸っ子感覚だと花火の説明のアナウンスがいちいち挟まるのとか、「みんなで一緒に盛り上がりましょう」とか言われるのはヤボテンなんですがね。しかし、あの混雑じゃあ、隅田川あたりでも粋に楽しむ、というのはできない時代です。だから、白樺湖の花火はやさしくてとても良かった。山を下った諏訪湖では、8/15に全国的に有名な大花火大会があります。そっちは相当混みそうなので、どうしようかな。

そして、花火の翌日(今日ですね)、家の別荘地内の沢で3度目のイワナ釣り。この名もない沢は車山高原から別荘地内を通って、別荘地を出た所で白樺湖から流れる別の川と合流する。初回は別荘地内最下流域で小さいイワナ2匹、そして2回目は最上流域で下の写真の25cmほどの良型と、チビちゃんが釣れました。

c0035245_2246082.jpg

c0035245_22475697.jpg


初回の2匹もリリースサイズだったのですが、初渓流釣りということもあってアワセが遅くて針を飲まれてしまい、持ち帰り。この時の2匹は共にナイスフックできたので、チビちゃんは無事沢に戻しました。

さて、今日はいつも犬の散歩で通る別荘地内の上流域を攻めてみました。前回の場所より少し下流です。こうやって沢全体を攻めているのは、ポイント探索が1つ目の目的。そして、2つ目は「調査」です。実はこの沢、3年前に車山方面から重油が流れたことがあって、魚がいなくなったと地元では言われているのです。それがどこまで回復しているか(いないか)、丹念に調べてみたいな、というのがこの釣行のもう一つの目的なのです。

その今日の釣果は20cm級(塩焼きサイズ)2匹。水源から合流点までの上流と下流で僕のような初心者が釣れるのだから、油汚染の影響はなくなったと言えるのではないでしょうか?沢から道路に出た所で別荘地の管理人さんに会いました。管理人さんは腰から下げていた獲物を見て、とても嬉しそうに「魚が戻ってきたんだね」と言いました。釣りをしていてこういうふうに「ああ良かったなあ」という気持ちになったのは初めてでした。

c0035245_2324483.jpg


本日の一匹目。実は、コイツを釣り上げるまで紆余曲折が。渓流針がなかったのでアジ針で始めたら、3投目でヒット。が、抜き上げた瞬間にバレてしまった。次のポイントでもすぐにアタリがあったが、フックせず。「こりゃあ、針が悪い!」と急いで車を出して針を買いに行き(往復1時間半!)、バラしたポイントの少し下で釣れたのがコイツなのです。大きさといた場所からみて、同じ魚をリベンジしたのだろう。いや、そうに違いない。

2匹目も同じようなサイズ。落ち込みの岩陰から引きずり出した。初めて目印の動きでアタリが分かった。スーっと流れと逆方向に目印が動き、魚信アリ。少し我慢してアワセたらきれいにフックしてた。

c0035245_2393753.jpg

by hoq2 | 2011-08-11 23:10 | 日記 | Trackback | Comments(0)

初イワナ

c0035245_18394865.jpg

先日の管理釣り場でのお試し渓流釣りに続き、天然のフィールドに初チャレンジ。うちの別荘地内の川です。比較的源流に近い所です。川幅が狭くて浅く、流れも相当急なので釣れるのか半信半疑でしたが、型はかなり小さいけど2匹ゲット。渓流での初アタリ、これは一生忘れないでしょう。

c0035245_18573668.jpg


前日に、諏訪湖の近くの釣具屋でひと通り道具を揃えました。藪の中のフィールドなので、フライやルアーは無理と判断。ちょうちん釣りと言うらしいですが。安い4.5mの渓流竿に道糸と針と鳥の羽のような目印をつけただけのシンプルな仕掛けの餌釣りです。エサはまずは店で買えるものから、ということでイクラとブドウ虫でやってみました。

記念すべき初イワナは、流れの落ち込みから1mくらい下流でヒット。イワナを脅かさないように木の陰に隠れるようにしてそっと竿を出したのが良かったのかも。エサはブドウ虫でした。

それからしばらく下流に向かってポイント調査を兼ねて順番に攻めてみましたがアタリなし。帰りがけに釣れたポイントの一段上のちょっとしたトロ場でヒット!エサをイクラに変えた矢先だった。さらに小さいヤツでしたが、2匹を目標にしていたので上出来です。

2匹とも、もちろんリリースサイズでしたが針を飲んでしまっていたので、責任を持って食すことに。当地のイワナは天然モノなので、なるべく大事にしたいのですが・・・。今度は小さいのに飲まれない合わせテクニックを身につけないとなあ。

c0035245_1992912.jpg

c0035245_19104486.jpg


いや、しかし美味かった。プルッとしたアタリと食味、そして気持ちのいい山の空気が味わえる渓流釣りはなかなか良いものですね。いつもの東京湾のハードボイルドな釣りとは対局的な良さがあります。両方を楽しむのが我流なのかもしれない。
c0035245_19191598.jpg

by hoq2 | 2011-08-02 19:19 | 日記 | Trackback | Comments(0)