<   2011年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

NEX3購入

c0035245_23363474.jpg


ついに、コンパクトデジタルカメラデビューしました。と言っても、これをコンパクトデジタルと呼んでいいのか分かりませんが、ソニーのミラーレス一眼、NEX3です。

僕はカメラマンでありながら、今まで事実上コンパクトのデジタルは持っていませんでした。フィルム時代はいわゆるバカチョンカメラではない、ちゃんと写るコンパクトなカメラに選択肢があったのですが、デジタルはずっとこれと言ってなかったためです。僕の場合、小さいカメラは日々持ち歩いて外出のついでに何か撮ったり、街頭スナップのメインまたはサブ機で、、という使い方をします。フィルム時代にこの役目をしていたのがコンタックスG2(AFレンジファインダー)と、リコーGR1s(28mm単焦点コンパクト)です。G2はツァイスレンズ群の中でも特に名玉揃いのGレンズが使えますので、写りは言わずもがな、GR1も当時はライカ並などと言われていました(僕はそれほどでもないと思ってますが)。

一方、デジタルになってからは、GR1のデジタル版のGRDしか「写る」機種がなかった。で、このGRDを周りはみんな買っているのだけど、僕は手を出しかけては引っ込めていた。第一に銀塩版のGR1がそれほど好きではなかったこと。GRレンズは確かに良く写る方だと思うけど、いわゆるライカオヤジたちが褒めすぎな嫌いはあると僕は思う。また、その「味」も好みではない。第二に、フィルムではコンパクトもレンジファインダーも一眼も35mmという同じフォーマットであったのに対し、デジタルの場合はコンパクトカメラのセンサーサイズが一眼のものよりも全然小さいこと。僕の使い方では、仕事・作家活動ともにメインで使う一眼との整合性が欲しいのですね。

で、しばらくこの分野はフィルムで頑張っていたのだけど、去年、「銀塩やめ!」宣言(ピンク・レディーの「解散やめ!」宣言に対して後ろ向きな響きだが、自分としては前向きな「やめ!」)をしたら、このコンパクトレスがすごく気になった。日常生活の中で写真を撮る機会が減り、これはまずいと思い始めたのです。そんな中、オリンパスpen(デジタルの)などのマイクロフォーサーズシステム規格のレンズ交換式コンパクトカメラが出始めた。まあ、センサーサイズはまだ35mm換算の半分なんだけど、そのへんで妥協するか、と思っていた。でも、PENは割高感があったし、あの「女子カメ」なアプローチは気恥ずかしい。で、パナソニックの同系機でいいかと。いや、パナはパナで色々納得できない部分がありましたが、「もう待てない」となりかけていた。

そこに、ソニーがマイクロフォーサーズに乗らずに独自規格の異端児を出してきたわけです。これは入門〜中級機のデジタル一眼と同じAPS-Cサイズ(約1.5倍で35mm判換算)。光学ファインダーとそれに伴うミラーを廃したことで一眼レフを小型化したもの、と言っていいでしょう。GR1よりも大きいが、コンタックスG2やM型ライカよりも小さい。つまり、僕にとってはとても良いサイズなのです。しかも!ソニー=ミノルタと言えば、現在はツァイスレンズの供給先です。ツァイス信者としては、ソニーはずっと気になっていたのです。

で、先日「銀塩やめ!」以降、売っぱらったコンタックス一眼&Gレンズで得た資金を持って、ヨドバシに行ったわけです。NEXには、NEX3と上位機種のNEX5があるのですが、まず目に飛び込んできたのが「3」の投げ売り価格。サンキュッパでレンズ2本付き。「5」のパンケーキレンズ1本セットより1万円以上安い。「5」の方が人気なので「3」は生産中止になったようで、在庫放出価格だったみたい。5と3はスチールの写りと機能は全く同じ。違いは、
・動画性能が5の方が上・・・動画は興味ないのでOK。
・5が金属ボディなのに対し、3はプラスチック・・・これは、金属の方がいい。
・シャッターの配置やグリップ形状が違う・・・何度も握り比べた。手が小さい自分には、どちらかというと女性向けの「3」の方が握りやすかった。

結構迷いました。カメラで1〜2万ケチってもしょうがないが、予算は5万数千円以下。そうすると、5なら16mm(24mm相当)のパンケーキレンズセットになる。3だと、18~55(28〜80相当)のズームレンズがついても十分なお釣りが来る。そして、決め手になったのが、コンタックスGレンズがつけられるマウントアダプターの存在。そう、こういうこともあろうかと、一番NEXで使い出がありそうなGビオゴン28mmだけは売らずに残しておいたのです。「3」なら予算内でマウントアダプターも買えるので最初からレンズが3本!になり、しかも、僕にとって「5」のアドバンテージはボディが金属だということだけ。決まりです。

NEX3+16mmパンケーキレンズ+18〜55ズーム
c0035245_0323947.jpg

特に16mmは24mm相当なので、これは良いGR1の代わり。
ズームは色々な画角で撮りたい時、レンズ交換したくない時に重宝する。

ビオゴンを装着した勇姿。今年中?にNEX用純正のツァイス24mmも出るとのこと。高いだろうが、そっちも楽しみだ!
c0035245_034175.jpg


そして、デジタル版・オレ流街頭スナップセット。
c0035245_0401741.jpg

フィルム時代は、RTSIII +プラナー50/1.4、G2+ビオゴン28mmが基本形だった。今回、5DMKII+プラナー50/1.4ZEとNEX3+16mm(24mm相当)という同等のコンビ達成。プラナー買っておいて良かった〜。
5DMKII+純正28mm/2.8&NEX3+B28mm(42mm相当)も組める。G2の標準レンズは50mmでなくて45mmだったんだけど、それがすごく使いやすい画角だったので、NEXで42mm相当になるビオゴンを残したのはその狙いがあったのです。レンズの「格」としては売ってしまったGビオゴン21mmの方が上なんだけど、日常使いにはあまりにシャープすぎることと、30.5mm相当というハンパな画角は嫌だなあということで、こっちを売ってNEX購入資金としたわけです。

さて、すでに実写テストは終えました。良いです。ビオゴンも使えます。特に取り回しの良さから、犬を撮るのに最高。詳しいレポートは次回に。

by hoq2 | 2011-04-06 00:48 | カメラ | Trackback | Comments(0)