カテゴリ:模型( 5 )

【ジオラマ】Stalingrad-eve

c0035245_2441091.jpg

3カ月ほど前から取り掛かっていた3号戦車のジオラマ、完成しました(写真、テキトーですいません。背景を整えるのがメンドくさくて)。Diorama=情景模型のことは日本ではほかにディオラマとかダイオラマとか言うのですが、昔からの「ジオラマ」という日本語が模型少年の日々を思い出すので好きですね。

(設定)
1942年6月、ドイツ占領下の北フランス。東プロシアの騎兵師団を前身に持ち、前年に装甲(戦車)師団として生まれ変わった国防軍第24装甲師団は、訓練を経て“慣らし運転”のため北フランスに駐留していた。転戦を間近に控えたある日、SS宣伝中隊(PK)の女性記者が、愛犬のグレート・デーンとカメラマンを伴い、523号車のもとへ取材にやってきた。
 PKの狙いは、“Signal"(ドイツ軍版Lifeとも言えるグラフ誌)に載せる戦車長へのインタビューと表紙撮りであった。師団マークに「跳ね馬」を掲げ、制服に騎兵部隊を示す黄色のパイピング(通常の戦車部隊はピンク)をあしらった同師団は、間もなく、東部戦線(ソ連)に赴くのだ。騎兵の誇りを胸に激戦地へと向かう新鋭戦車部隊の戦車長が抱負を語れば、快進撃に陰りのみえてきた前線の将兵や国民を勇気づけるはずである。それは、次号特集「東部戦線へ向かう跳ね馬たち」の核になる記事であり、力強い50mm長砲身の3号戦車と金髪碧眼の戦車長のツーショットは、表紙にうってつけだ。
 戦車長は自信に満ちて淡々とインタビューに答えたが、若いクルーたちは犬を連れた金髪美人記者の来訪に大興奮。いざ表紙撮りをしようとカメラマンが自慢のライカIIIaを構えると、全員が美人記者を囲んで集まり、記念撮影の様相となった。カメラマンは内心困ったと思いつつも、「じゃあ、みんなで撮りましょう」とポーズをつける。しかし、後に掲載された表紙は・・・

c0035245_361068.jpg

砲塔上右が戦車長。しかし、本来写すつもりじゃなかった他のクルーたちが勝手に集まり、戦車長よりも目立ってしまっている。記者もまんざらでもなさそうに犬と一緒に真ん中に立ってしまったし・・・ カメラマン、困りつつも立ち位置を指示。
c0035245_444660.jpg

c0035245_4465833.jpg

で、結局右のような表紙に。Photoshopで合成して作りました。左は、本物のSignal 1942年9月号。1945年の敗戦まで、世界中で発行されていましたが、これはフランス語版ですね。同盟国の日本にも多数来ていて、今でも古書店で見かけることがあります。
c0035245_448453.jpg

 というのが、「オモテ向き」の設定です。それだけではちょっと軽いので、ベースを二段構成にして下の段には「占領下の物語」を作ってみました。こちらのストーリーは、

「地元のフランス市民の親子と飼い犬が公園での散歩を終え、階段を上がって大通りに出て家に帰ろうとすると、ドイツ兵たちが集まってなんやら記念撮影をしている。少女は階段を上がるに上がれず、立ち止まってカメラマンをキッと見つめる。母親の方はオトナなので怖いドイツ兵たちからなんとなく目をそらし、たた漫然とその場に立ち尽くすのであった。一方飼い犬の方は、ベンチの下の猫と思わず目が合ったので、「とりあえず」という感じでなんとなくマーキングしてみるのであった・・・」

という感じ。トリコロールに塗られたベンチはやりすぎ?ちなみに、ドイツ戦車の愛称は、ネコ科で統一されてます(ティーガー=タイガー・虎、パンター=パンサー・豹、レオパルト=レパード・豹など。MacOSと同じですね)。そういう暗喩めいたものをベンチ下の猫に込めてみました。犬の方は、ゴールデン・レトリーバー的な犬ですが、本当はフランスなのでフレンチ・ブルドッグにしたかった。フィギュアがなかったしスクラッチする技術もないので、ここは有りモノで妥協しました。
c0035245_3381813.jpg

c0035245_3441447.jpg

c0035245_3533656.jpg


さて、第24装甲師団のその後の運命なのですが、東部戦線では不運なことにかの第6軍に所属し、スターリングラード攻防戦(1942年6月28日 - 1943年2月2日)に参加します。ドイツ第6軍はスターリングラード市街をほとんど占領するのですが、その後ソ連軍の大反攻があり、逆に市街地内に包囲されていまいます。第24装甲師団も包囲下におかれ、ほぼ全滅してしまいす。わずかな生き残りをもとに1943年3月に再編成されて、ノルマンディーとイタリアを回って東部戦線に戻りますが、1944年春に再び大打撃を受けて終戦間際にはハンガリーなどで戦い最終的には英軍に投降しています。ちなみに、「跳ね馬」の師団マークは、戦後の西ドイツ連邦軍の第3機甲師団に引き継がれ、ニーダーザクセン州のツェレという町には、第1騎兵師団時代からの戦績を刻んだ同師団のモニュメントがあるそうです。

機会がありましたら、製作記も書いてみたいと思います。まったくたいしたことはしてないのですが・・・。
c0035245_421579.jpg

スターリングラード近郊の第24装甲師団の3号戦車J型=ドイツ連邦共和国公文書館の資料より

by hoq2 | 2010-12-30 04:26 | 模型 | Trackback | Comments(0)

戦場写真集

恥ずかしながら、僕が初めて自分で買った写真集は、ブレッソンでもアンセル・アダムスでもなく、『戦場写真集』ってやつである。
といっても、後に自分で撮ることになった↓こういう写真が載ってる感じのものでもなく、
c0035245_1255744.jpg

c0035245_1262895.jpg

c0035245_1264376.jpg

こういうのです。↓
c0035245_130229.jpg

戦車マガジン別冊とかタミヤから出てた、ミリタリー&模型マニア向けのやつ。ドイツのPK(宣伝部隊)隊員が撮った写真とか国防軍のグラフ誌『Signal』向けと思われるような写真が載っていて、ライカやコンタックスで撮ったのでしょう、当時としては画質もよく写真としてよく撮れていることに今の自分は感心するのですが、1枚1枚の写真についているキャプション(説明文)が軍事オタクっぽいというか独特の語り口で、妙に印象に残っていたりする。

最近も同様の『戦場写真集』がたくさん出ているようですが、自分が小学生の頃に見ていた写真集の、80年代初期のあの語り口は健在なのかな?一人の人の個性なのか、ギョーカイ独特の文体なのか、今となってはナゾだ。

というようなことを考えていたら、当時の戦場写真集の雰囲気を再現したくなりました。作りかけのIII号戦車のジオラマを使ってまねてみた。↓
c0035245_1425761.jpg

第24装甲師団のIII号戦車J型(50mm Kwk/L60)。1942年北フランスでの撮影とあるので、東部戦線に送られる前の同年春〜夏の一葉(同師団はスターリングラードで壊滅している)。モノクロのため分かりにくいが、戦車兵の兵科色が通常のピンクの縁取りではなく、黄色なのに注意。第1騎兵師団を前身とする同師団では、騎兵隊の兵科色である黄色を使用していた。犬を連れた女性は胸の記章からSSの所属と分かる。出征前に取材に訪れたPK隊員と記念撮影、といったところか。

なーんて感じだったのだ。「一葉」って写真の数え方、『戦場写真集』でしか見たことない。

by hoq2 | 2010-12-15 01:56 | 模型 | Trackback | Comments(0)

3号戦車J型完成

AFV復帰一作目3号J型。日々少しずつ作業してようやく完成しました。
c0035245_18122584.jpg

50mm長砲身の3号は最も好きな戦車の一つ。スペースド・アーマーのないタイプのJ型がかっこいいですね。パンツァーグラウ時代(ドイツ軍車輌は43年春ごろからデュンケル・ゲルプ=ダークイエローが基準色になります)の長砲身、というのもポイントが高い。戦車をグレーで塗ってしまうというスタイリッシュさが大戦初期のドイツ軍の良いところだ。

長砲身砲装備の3号戦車J型(http://ja.wikipedia.org/wiki/III号戦車)はアフリカでは「マークIIIスペシャル」と英軍に恐れられたのですが、東部戦線では「時既に遅し」で強力なソ連戦車には敵いませんでした。そういう「空気が読めない」マイペースな感じが好きですね。僕は空気読むの大嫌いですから。

アフリカ軍団仕様も良いのですが、やはりグレーで塗りたかったのと、ジオラマの構想もあるのでキット付属のデカールで東部戦線で活躍した第24装甲師団(http://www.axishistory.com/index.php?id=1297)の車輌としました。東プロシアの第1騎兵師団を母体とする部隊なので、部隊マーク(フェンダー上の白いマーク)は馬をデザインしたものです。この523号車はスターリングラードでの写真が残されていますが、やはり過酷な運命をたどったのでしょうか(第24装甲師団はスターリングラードで包囲殲滅された第6軍に所属していたので、一度壊滅している)?

ジオラマは、スターリングラードに送られる前に、北フランスで待機していた頃のワンシーンを計画中。まだ実戦を経験していないので、チッピングなど派手なウェザリングはせず、仕上げも軽い新車感を出したかったので光沢強めの半光沢にしています。



ジオラマに登場予定のメンメン。搭乗員5人、ライカを手にするSSのPK隊員&同女性隊員、地元の民間人女性&同子供、グレート・デーン、Gレトリーバー(マーキング中)。やたら人数が多くなってしまった。
c0035245_1841569.jpg

by hoq2 | 2010-11-25 18:41 | 模型 | Trackback | Comments(0)

僕が欲しい模型

オタクな話題は夜中の更新でひっそりと・・・。

 前回、僕の模型遍歴を書き、AFV(戦闘装甲車両)&ガンダムモデラーであることをカミングアウトしましたが、だからといって決して戦争を賛美しているつもりではありません。オトコのコなので戦車とかモビルスーツのような戦闘機械は単純にカッコいいと思うし、それらが活躍するWWIIヨーロッパ戦線やガンダムの「ストーリー」には、負の面を含めて教えられたり感じたりします。

 ドイツ軍が好きなのも負けた方のストーリーにより興味があるからで、政治的にナチというわけではありません。そして、戦車などの工業デザインを含め、あの時代周辺のドイツのデザインが好きだからであります。ナチス時代には不遇をかこいましたが、バウハウスデザインなんて最高ですね。

 漫画『エロイカより愛を込めて』の「9月の7日間」(http://amzn.to/dk6dE0)で、KGBの「仔熊のミーシャ」にエルアラメインで「ナチ野郎」と罵られたエーベルバッハ少佐のセリフ「俺のじいさんは国防軍だったんだ」ではありませんが、僕のドイツ軍模型はほとんど、国防軍仕様で作っております(一般的にはSS仕様の方が人気があります。カッコいいから)。

 前のこのカテゴリの記事に書いたように、僕は「現物」よりも「模型」の方が好き。だから、リアルな精密感は当然欲しいのですが、現物と寸分違わないディティールで正確な寸法でスケールダウンすることを求めるいわゆる「完全スケール派」ではありません。模型は模型、現物とは違う模型ならでは魅力が好きだから、「再現度」よりもそのもののカッコ良さ・美しさが大事。もちろん、「再現度」という要素を含んだ魅力を求めているのですが、日本のモデラーに多く見られるように、それに特化したコダワリ方はしていないということです。小学生のころ、友だちと<完全スケールVSディフォルメ><バーリンデン(ベルギーの大モデラー)VSシェパード・ペイン(アメリカの大モデラー)>でよく言い争ったのを思い出す・・・・。

 さて、模型の未来が先細りなのはあらためてここで言うまでもないですが、僕らが子供の頃のように、「誰もが一度はプラモデルを作る」という時代はとうに終わった。悪い要素はたくさんありすぎてキリがないですが、僕はいつも「模型化されるアイテムのジャンルの狭さ」を嘆いている。車・バイクを除けば、城とかマイナーアイテムは例外的にあるものの、代表的なジャンルは全部「兵器」なんですね。なんでかというと「それが売れるから」と言えば身も蓋もないのですが、「兵器」にしかユーザーが集まらない時代でもないだろう、そもそもその「兵器」のプラモが全然売れてないじゃない、とも思うのです。

 動物とか自然とか、「生きている物」は基本、プラモデルは苦手ですから、犬とかは置いておいて、街頭スナップ写真をやる僕が欲しいのは、「街」を構成するアイテムです。建物、鉄塔、下町の路地まるごと、とか。
 単品で「昭和の木造アパート」とかリアルに塗って飾るのもいいけど、この写真みたいな「路地」のジオラマとか、作りたいんです。山田卓司氏みたいなセンスも技術もない一般人でも、キットを使えばできるのではと思うのです。
c0035245_2304364.jpg


既に細々と出ている中で、「おっ」と思うものもあります。
◯「大間のマグロ一本釣り漁船第三十一漁福丸 喫水線モデル」(http://www.aoshima-bk.co.jp/kokuchi/gyosen/gyosen_1.htm
◯「1/150 団地 (ホワイト) 2棟セット」(http://www.aoshima-bk.co.jp/scripts/shouhin/shohin-shosai.aspx?cl_id=3&ot_id=22&si_id=552&code_a=08757

 こういうのを各メーカーもっと出して欲しい。来年、バンダイで東京スカイツリー出すみたいですが、そういう有名建築(同潤会アパートとか欲しいよなあ)もいいけど、上の「団地」みたいな「昭和30年代型・木造長屋」とか「郊外型建売住宅」とか、匿名の「町の建物」がいい。あくまでプラモデル(スケールモデル)でやってほしいわけで、鉄道模型のストラクチュアよりも単体の模型としてハイクオリティなものが欲しいし、建築模型のような図面を立体化したものや「フォトモ」みたいのは全然違う。で、AFVの1/35や飛行機の1/48のように各社統一スケールでこういう「平和的な模型」を出してくれれば、立体的な「街頭スナップ」がジオラマで組める。「町の人たち」のフィギュアももちろん。ああ、なんかアオシマの漁船で漁港のワンシーン作りたいね。「テトラポッド」とかあればいいね。

 バカ売れはしないだろうけど、スケールを合わせれば車模型もまだまだいけるし、「戦争」を離れれば、時代や国をまたがってテーマは無限にあると思うけど。模型をミリタリーマニアやアニメオタクのものだけにするのはもったいない。「兵器」で商売するの、もう無理じゃないですか?かのタミヤも全然元気ないしね。

by hoq2 | 2010-11-23 02:33 | 模型 | Trackback | Comments(0)

模型遍歴

c0035245_23639100.jpg

 子供の頃から断続的に凝っているものの一つに「プラモデル」がある。10年おきに集中して作ってはやめ、の繰り返しだ。模型マニア用語で言う「出戻り」というのを繰り返しいる。ただし、僕は元来手先が器用でも造形的・絵画的素養がある訳でもなく、「モデラー」を名乗るほどのものではない。「下手の横好き」というやつだ。

 でも、「模型」というものがどうしようもなく好きである。その理由は写真が好きなのと一緒だ。現実に目の前にあるものを二次元にスケールダウンした写真同様、模型は実物の乗り物やアニメのキャラクターをスケールダウンして立体的に模したものだ。だから、写真と同じように写像である。

 写真は2D、模型は3Dの違いはあれど、絵や彫刻のように一から自分で作り上げるのではなく、カメラ/キットが道半ばまでやってくれる。決して画家や彫刻家への負け惜しみではなく、僕は自分の内面を一から形にしていくタイプではなく、「そこに既にあるもの」を感じて解釈して仕上げたり提示することが好きだ。「僕を見て」という欲求は案外薄くて、淡々としかし集中して「そこにある」ものを感じることに快感を覚える。

 一方で、「そこにあるもの」に自分・カメラ・キットというフィルターを通さねば気が済まないという面もある。フィルターを通して「現実とは似て非なるもの」になった模型や写真のほうが、現実よりも美しいと思ってしまう。だから、素晴らしい景色そのものよりも、それを素晴らしく切り取った写真の方が好きだし、実物の戦車や車にはあまり興味がなくて、上手な人が作った模型を眺めている方がずっと興奮する。

<40年の模型遍歴>
◯幼児(日本)・・・近所の模型屋に一人で行って、真っ青になって探しにきた親にロボダッチを買ってとせがむこと数回。幼稚園くらいでマッハゴーゴーのキットを作った記憶が。
◯小1〜小3(カナダ)・・・兄がヘリコプターをパクトラタミヤで塗っていたのを横で見ていた記憶。やがてモノグラム?のパットン戦車(米軍・ベトナム戦争)を作りはじめた兄に「ボクも作りたい」と言うと、「お前はドイツ軍だ」と言われるも、結局何も作らず?
◯小4〜小6(日本)・・・第一次ブーム。「お前はドイツ軍だ」の兄とは別の兄に手伝ってもらい、初めてのスケールモデル、タミヤのキングタイガー(リモコン)を作る。迷彩塗装のみ、色を塗る。その後、戦艦武蔵とか宇宙戦艦の方のヤマトを作った記憶。やがてガンプラブームにどっぷりはまり、「リアルタイプ」が出るころまでほとんど全MS/MAを作った。ガンプラでプラモ作りの基礎を身につける。このころにはプラモ仲間もできて、やがてスケールモデルの世界にも本格進出。タミヤMM中心に、やはり自分はドイツ軍、友人はアメリカ軍。HJ、PANZERなど購読。イタレリの1号戦車やモノグラムの1/32四号H型も作ったと言えば、分かる人にはどんな小学生か分かるでしょう。
◯中学(ロンドン)・・・模型友だちと離れたことと、日本よりも模型関連が入手難ということもあって、落ち着く。エアフィックスのスピットとかイギリスらしいキットなどちょぼちょぼ。塗装はもちろん、ハンブロールの筆塗り。そういえば、ボブキャットという全然乾かない水性塗料もあった。
◯高校(以後日本)・・・ほとんどやらず。写真を始めた。ポケ戦のガンプラでポリキャップを知ったくらい。
◯大学・・・まったくやらず
◯20代・・・地方勤務をしていた一時期、2年くらい集中してAFV製作。ドラゴン、エッチングパーツ、モデルカステンなどが出てきて活気づいたころ。ドイツ軍中心に結構な台数作った。WWIIドイツ軍ものの新作が出ると模型屋に予約を入れるくらい。おかげで半「積んどくモデラー状態」。ジオラマも2、3。作らなかったキットは転勤時に模型屋に引きとってもらい、その後しばらく休作。
◯30代・・・2年くらい、ガンプラの進化にびっくりしてはまる。MG初期〜中期を中心に作る。
◯最近・・・ガンプラのさらなる進化にびっくり。何体か出戻り的習作をガンプラで作り、現在AFV復帰1作目に取り組んでいる。

以上

by hoq2 | 2010-11-22 03:18 | 模型 | Trackback | Comments(0)