カテゴリ:日記( 44 )

神に近い存在 犬たちに感謝を込めて

c0035245_11134111.jpg


これまで、雑誌やwebの連載で、数多くの犬の飼い主さんに、愛犬に寄せる思いをインタビューしてきました。現在も『THE PAGE』で、「愛犬10年物語」という連載を書かせてもらっています。

本来、取材者はあまり自分のことをひけらかさない方が良いと思います。でも、先日3回目の愛犬との別れを経験し、どうしても書き留めておきたい思いがあり、純粋な気持ちが日常に埋没しないうちに、ここに書くことにしました。

初めての犬を迎えて今年で15年目になります。そのゴースケ(フレンチ・ブルドッグ)は3年前の2014年10月に、近所を彷徨っていたのを保護した老犬の「爺さん」(雑種)はそれに先立つ2010年の1月に、そして、つい先日の2017年2月、実家のマリー(ゴールデン・レトリーバー)が旅立ってしまいました。マリーへの思いは、その翌日にフェイスブックに書かせてもらいました。



FBにも書いたように、マリーは心優しい純真無垢な犬でした。浅間山のふもとの静かな環境で、最初は老夫婦と、後には老母と二人、そよ風に吹かれながら静かに暮らしていました。戦前生まれの両親です。今風の理にかなった躾とは無縁で、色々な人にご迷惑をおかけしたのも事実です。僕はいつもいくつかのことを口を酸っぱくして母に直すよう、やめるよう、指摘してきました。でも、結局みんなが優しく微笑んで許してくれる、誰もが愛してくれる、そういう存在がマリーでした。物事は表裏一体であり、「甘い!」と言いたくなる育て方も、その明るい無垢な性格の背景にあることを、周りの心優しき人々は分かってくれていました。同じ親のもとで育った僕自身、それが母の愛情の寄せ方であり、ある種の正論を凌駕する真心であることは、生涯幸せに満ちた姿を見せてくれたマリーのおかげで今は良く分かっています。

c0035245_11542305.jpg

マリーの亡くなったタイミングの「優しさ」については、FBに書いた通りです。「ずっと一緒にいようね。そのために少しだけ頑張ろうね」というのが、人間の思いです。そういう智慧というか、オトナな部分を交えて生きていくのが人間です。でも、動物たちは「ああすればこうなる」と理詰めで考えて生きているわけではありません。もちろん、マリーも「ママやコースケたちが大変だから、先に行って待っているね」という自覚があったわけではありません。ただひたすら、愛を与えること、受け止めることに純粋で全力だったから、それが自ずと結果に表れたのだと受け止めています。もっと長生きしてもらいたかったという思いは変わりませんし、正直、飼い主としてのさまざまな後悔もあります。でもそういうことが素直に俗っぽいことだと思えるほど、マリーの愛は神に近い所にあります。必然ではなく、自ずと然る。その無為自然な「愛」が、人間界で神と呼ばれるものなのだと、私は思うからです。

c0035245_12350269.jpg


マリーの死に際しては、ほかにも美しい偶然がいくつもあったんですよ。マリーには家族以外にも大好きな人が何人もいたのですが、その一人のトリマーのお姉さんには、なかなか取れない直前の予約がなぜかすんなり取れて亡くなる直前に会えました。また、実は亡くなった原因とは全く別の脂肪腫の手術を直近に予定していたのですが、そのまま全身麻酔と手術を受けていたら、もしかして今回の心臓の出血がその時に起きるという結果が待っていて、僕らは自分や今も大いに信頼している先生を恨んでいた結果になっていたかもしれません。そんな悲しいことを優しいマリーが許すはずはないのです。

火葬の予約の際にも、こんなことがありました。夜中に遺体となって自宅に帰ってきて、母はいたたまれなかったのでしょう。できればすぐに翌日に火葬したいと言いました。僕はその願いを聞き入れて「個別葬で拾骨ができる」ことを条件に、その中で一番うちらしい質素な所を探して朝一番で電話しました。すると、「たった今、別の予約が入ってしまいまして、早くて明日の午前中になります」とのこと。本来ならいったん切って母の意向を聞いたうえで、他も当たるべきでしたが、僕はなぜか2つ返事で「では、明日の午前中にお願いします」と返答していました。母もすんなり、「ああ、良かったね」と言いました。俗っぽい言い方をすれば、もう1日だけうちにいたかったマリーの導きというふうに思います。火葬後、母も「何もかもきれいに済んだね。最後、1日うちで過ごすこともできたし」と言っていました。人間は、なかなか人の本音が分かりませんし、踏み込めません。自分のためというより、僕たちを思うマリーの思いが、これもまた「思いが通じた」というよりは、「自ずと然る」形で現われたのだと僕は強く信じています。

c0035245_12394918.jpg


火葬の帰り道、母と僕と妻、そして、まだ僕たちと現世で寄り添ってくれているマメと4人で街道沿いの宿場町を散歩しました。その宿場町の入り口に神社があるのですが、そこをお参りして街に出る鳥居をくぐろうとした瞬間、多分、僕の体についていたのでしょう、マリーのフワフワな毛が一塊、風に乗って青空に向かって舞い上がっていきました。まるで、4人で心穏やかにまた歩み始めたのを見届けて安心したかのように昇っていきました。これはさすがに僕の思い込みでしょうが、そういう偶然めいたこともありました。

c0035245_12474393.jpg


次の晩、夢というよりは、未明に目が覚めた僕の頭の中にふわっと浮かんだイメージだと言った方が正確かもしれません。春爛漫の木立に囲まれた庭園の白いゲートが開いて、そこをマリーが尻尾を振りながらくぐっていきます。いつの間にか、傍らにゴースケがいて、マリーは優しい目でゴースケを見ていました。ゴースケは一瞬僕の方を楽しげな表情のまま見て、そのまま庭園の奥に入っていきました。そこからちょっとイメージが飛んで、妙に体つきと動きが若返った父が、マリーやゴースケ、他の動物たち(そこに爺さんがいたかは分からないけれど)と楽しげに走っているのでした(笑)。まあ、これは、僕の願望が作り上げたイメージに過ぎないと思います。でも、夜中に自分の妄想で笑顔になれたのも、マリーやゴースケ、爺さんたちの純情ゆえの「自ずと然る」神の配剤的なものだったのだと思っています。

そして、自分で言うのは口幅ったいのですが、今、僕はやっと心が清らかな大人になれたのかな、と思います。純情な犬の心は、現世から去ると、僕たち飼い主の心に宿ります。爺さんからは悟った鷹揚さを、ゴースケからは無垢な感性を、マリーからは純粋な優しさをもらいました。今までは、まだそれらが僕の心の奥から出ることは少なかったかもしれません。今は、3つの魂を明確に感じることができています。そして、もうしばらく、この心のままに4人で現世を歩いていきたいと思っています。

c0035245_13081760.jpg

by hoq2 | 2017-02-17 13:18 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ゴースケありがとう

c0035245_16422034.jpg


2014年10月28日、ゴースケが他界しました。11歳と3ヶ月。「ゴースケありがとう」。この言葉がしっかり届くように、残された僕たちは日々を過ごして行きます。

僕はよく犬の飼い主さんに取材をします。そして、よくこう質問します。

「あなたにとって愛犬はどんな存在ですか?子供?友だち?分身?」

僕にとって、ゴースケはそのどれでもない、本当に特別な存在です。何かそういった関係に置き換えらることのできない「ゴースケ」そのものなのです。

c0035245_165132100.jpg


ゴースケは、僕たち夫婦が初めて迎えた犬です。本から得たような付刃の知識を鵜呑みにするような、ダメな飼い主でした。たくさん、間違ったこともしてしまいました。でも、ゴースケは頭のいい、自分をしっかり持った子です。僕たちの間違いに屈せず、自分の生き方を通してくれたと思います。だから、「ごめんね」と言いたいことはたくさんあるけれど、やっぱり、「ありがとう」という言葉をかけ続けたい。

確かに、「難しい子」であったのは間違いありません。人様に多大な迷惑をかけてしまったことも、何度もあります。それも、ゴースケが悪いのではなく、僕たちが至らなかった。この場を借りて、被害を受けた皆さんにお詫び致します。同時に、決して卑屈にならずに胸を張りたいとも思います。「僕たちでなければ、ゴースケと暮らし続けることはできなかった」と。

c0035245_173043.jpg


たくさん回り道をしてしまったけど、「ゴースケにゴースケらしく生きてもらう」ことがいつの間にか僕たち家族の生き方にもつながっていったと思います。ゴースケがストレスを感じたり、逆に喜び過ぎて社会に迷惑をかけるような所に行かない、そういう場を作らない。だから、犬仲間や親しい友人でも、特に晩年のゴースケに会ったことのある人はほとんどいないと思います。

だから、一般的に言う「いい子」とは全然違います。でも、僕にとっては本当にかけがえのない、これからどんな出会いがあったとしても最愛の存在であり、最も尊敬する存在がゴースケなのです。「息子」とか「友」という表現では生易しい。人生で一番苦しい時期に現れ、文字通り共に歩んでくれた。それも、未熟な僕に屈することもなく、さりとて恩着せがましく導くこともなく、媚びるでもなく。ただ、ただ、ひたすらまっすぐに彼らしく生き、僕たちに寄り添って歩んでくれた。

「まっすぐ生きる」ということは、良いことばかりではない。他人に理解しにくいことや、ネガティブに映ることが行動に現れるということでもあります。「自分をよく見せよう」とかそういう作為が一切ないからです。そうやって生きながら、無償の愛を寄せてくれる。それ以上に純粋な愛があるでしょうか?たとえ犬であっても、僕はゴースケほどまっすぐな存在はそうそういないと思っています。これは、しっかり自慢したいことだし、誰がなんと言おうと本人には堂々と誇ってほしいと思います。

c0035245_17145364.jpg


ゴースケはもともと、散歩させるのにも苦労するような、臆病な子です。それが、1歳を過ぎた頃から散歩大好きっ子になり、それはちょうど僕が時間と心の拠り所を持て余していた時期と重なり、ひたすらゴースケと浅草や上野といった下町を散歩する癒やしの日々につながりました。いや、ゴースケの愛情がその一致を生んだ、必然だったのでしょう。その日々がなければ、僕は自分を見失っていたかもしれません。

晩年は死因につながってしまった持病が少しずつ少しずつ進行していたのかも知れません、だんだんと散歩しない子になっていました。最後の週は、あれほど乗せるのに苦労したカートにも乗ったし、最後の日は、大騒ぎするのでもう諦めていた車にも乗った!ちょっとだけ、 僕たちに合わせてくれたんだね。それは肉体的に弱った証拠でもあるけれど、肉体から自由になった今は、いつでもどこでも一緒にいられるね。

そう思うと、僕は自分の肉体が消滅してゴースケの魂と完全に交わることができるまで、残された日々をずっとやさしい気持ちで過ごすことができると思うのです。

c0035245_1734714.jpg


これが僕が撮った、ゴースケの最後の写真になってしまいました。亡くなった日の朝です。正直、心残りなことはたくさんあります。それも、僕たちが今後、マメやほかの犬たちと接するうえで、家族の「長男」として教訓を残してくれたのだと思います。「やるべきことはやった。後悔はしていません」と、立派な飼い主さんのようなことは言えません。でも、これだけは何百回、何億回でも言える。

「ゴースケありがとう!」そして、「永遠に愛しているよ!」

c0035245_17492760.jpg

by hoq2 | 2014-10-31 17:50 | 日記 | Trackback | Comments(1)

3匹勢揃い

c0035245_23233248.jpg


うちには2匹のフレンチ・ブルドッグがいます。ちょくちょく面倒を見に行ったり預かったりする実家のゴールデンを合わせると家族に犬が3匹います。

c0035245_23464928.jpg


もう老犬の域に達したゴースケ。風貌も性格も歳相応にくたびれ丸くなってきました。

c0035245_23495930.jpg


1歳年下のマメは白髪は増えたきたが、相変わらず女子っぽい。

c0035245_23525758.jpg


6歳のマリーはまだまだ若い。つーか、結構いい年の割に中身は全然子供。

天真爛漫なマリーとクセモノのゴースケ、自分が世界一かわいいと思っているマメとは決して仲良くはありませんが、5日ほど蓼科の家で一緒に過ごしています。

ということで、ごく普通の記念写真で絵日記。

c0035245_23595988.jpg


c0035245_01629.jpg


ゴースケとマリーの絡みは少ないが、マメとは距離を置きながらも一緒に枝をかじったりもします。

c0035245_032971.jpg


c0035245_042422.jpg


そして、マメとマリーで諏訪湖一周の旅へ。ドッグランで少し遊んでから湖畔を歩く。

c0035245_06918.jpg


c0035245_07317.jpg


c0035245_083925.jpg


c0035245_093852.jpg


c0035245_0112883.jpg


c0035245_012979.jpg


c0035245_0142814.jpg


c0035245_0161293.jpg


しかし、諏訪湖一周は16kmあり、とても一周は無理。1/3くらいで引き返す。

c0035245_017387.jpg


c0035245_0211315.jpg


c0035245_02254.jpg


c0035245_023030.jpg


そして、人生初の足湯にも(僕が)入った。

c0035245_0241178.jpg


今日は春のように暖かかったけど、明日は寒いらしい。明日、続きを歩くか?

by hoq2 | 2014-02-04 00:26 | 日記 | Trackback | Comments(0)

【横谷峡】 夏休みっぽいこと

c0035245_3203061.jpg



この夏は蓼科も暑い。標高1400mの自宅はクーラーいらずだけど、これ以上暑くなると危ない。救いは、ちょうど世間の盆休みと猛暑が重なっていることか。仕事なんてとてもできませんね。ふだんはカレンダー通りでない僕の生活も、夏休みに限っては世間と合わせています。

そこで、少しでも夏休みっぽいことをと実家のマリーも連れて横谷峡へ。ここは遊歩道が整備されていて夏も涼しくて良いのですが、今年はさすがに川辺にいかないと暑い。特にマリーはレトリーバーなのでずんずん川に入っていきます。ちなみに渓相・アプローチとも最高だが、温泉成分(硫黄)が含まれているので魚はいません。


c0035245_3385829.jpg


c0035245_3402084.jpg


c0035245_3412861.jpg


c0035245_3424618.jpg


c0035245_3433811.jpg


c0035245_3444593.jpg


c0035245_346719.jpg


ゴースケは今回は留守番だったので、昔の写真を。

c0035245_3345958.jpg


c0035245_3371786.jpg


さすがに疲れたようです。家につくとバタリ。

c0035245_3481860.jpg


c0035245_3482886.jpg


古いですが、『WAN』2008年8月号で夏の犬連れ蓼科旅行の特集をしています。横谷峡のほかに犬連れで楽しい場所や犬歓迎のペンション等の紹介もあります。表紙はマメ! 


by hoq2 | 2013-08-15 03:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)

裏山ドッグラン完成

c0035245_2236631.jpg



長年の懸案だった裏山のドッグランがついに完成しました。やってみれば簡単なもんで、延べで半日くらいでできてしまいました。今は自宅にしている蓼科の別荘の裏の斜面に鹿よけのネットを張り巡らせ、敷地内の草刈りをしただけ。まあ、万が一犬が飛び出してもどうってことない山の中なので、最もシンプルな方式です。

なんでこんな簡単なことを犬たちが9歳・10歳になるまでしなかったのだろうと思うけれど、かなり急な斜面なのでドッグ「ラン」の意味をなさないと思っていたのと、藪が深くて草刈りが無理っぽいと思い込んでいた。草刈りなんかは実際やってみればどうってことないのですが、それは山に定住している今だからこそ言えるのでしょう。都会っ子のままだったら、そのやり方すら分からなかったのだから。

家の裏の森を50m四方囲みました。家自体が斜面にへばりつくように建っているので、当然「庭」というべき敷地も全て完全に斜めです。基本、ブナの林で熊笹や野バラの下草がボーボーでしたが、今年は鹿がよく食べたので少なめ。草払い機でひと通り刈れば何とか犬がケガをしないような環境が作れました。

c0035245_2252085.jpg


c0035245_22545255.jpg


c0035245_22565984.jpg


c0035245_22575443.jpg


c0035245_22595845.jpg



まあ、犬種が犬種だし、あまりに急斜面なので走りません。ボヤ〜ンと突っ立ったり、草を食ったりするくらいです。しかし、50m四方というのは思ったよりもずっと広いのでやはりのびのびできます。


c0035245_2345319.jpg


c0035245_2351331.jpg


c0035245_2375024.jpg


c0035245_2395628.jpg



このために買ったのは「ネット」「杭」「アコーディオンゲート」「ラバーハンマー」の4点。ネットは害獣侵入防止用で長さ50m、高さ1m。大型犬ならもっと高さがあった方がいいかもしれません。杭はこの手のネット用のプラスチック製。ネット張りには自然に生えている木も利用するとして、杭は5mおきに1本計算で10本買いました。アコーディオンゲートは入口用、ラバーハンマーは杭叩き用です。下に同等品のアマゾンのリンクを貼りましたが、全て最寄りのホームセンターで揃いました。しめて7千円くらい。

   

by hoq2 | 2013-08-01 23:20 | 日記 | Trackback | Comments(0)

薪割り

c0035245_0254991.jpg



今年は冬に向けての薪づくりに力を入れています。昨冬は薪が足りず石油ストーブに頼りがちだった。それだとやはり寒いし、燃料代もかかってしまいます。薪のほうが安いかと言うと微妙ではありますが・・・。薪の値段というのはピンきりなので今年は100%原木から自分たちで割るという大変だが安い方法を取っています。その課程を楽しむことを込みにすればかなりお得と言えるでしょう。

原木とは、こういう状態の「丸太」のことです。業者さんに持ってきてもらったり、自分でトラックを借りて運んできたりします。

c0035245_0353132.jpg


c0035245_037616.jpg



まず、チェーンソーで「玉切り」をします。5、60cmくらいの長さに輪切りにしていく作業です。うちでは電動を使っていますが、この作業には少しパワー不足かもしれません。パワーのあるエンジン式が欲しくなりますが、女性でも太い原木もなんとか切れます。不器用な私は苦手な作業なのですが、パワーよりもテクニックかもしれませんね。

c0035245_044349.jpg



出来上がった「玉」は、さらして乾燥させます。今回は既に概ね乾燥している原木なので、すぐに次の「割り」に入っても大丈夫です。

c0035245_0481394.jpg


c0035245_0505652.jpg



そして、割ります。「薪割り」というと斧でパコーンというのを想像しますが、実務的薪割りは油圧式の専用の機械でやります。だいたい、「玉」を四分割。割れやすい部分を見つけないときれいに割れなかったり、簡単なようで奥の深い作業です。まだ売っている薪のようにはきれいに割れません。

c0035245_0564576.jpg



最後に積む。専用の薪ラックや軒下の雨のかからない場所へテトリスのように積み上げます。一夏過ぎればよく乾くでしょう。

一般的には薪ストーブにはブナやナラなどの広葉樹がいいと言われています。針葉樹は燃え尽きるのが早く、燃焼温度が高すぎてストーブを痛めたり事故の危険があるからだそうです。しかし、特に長野県はカラマツ材が余っていて、針葉樹の薪利用を進めるために専用のカラマツストーブというものも開発されています。うちのストーブは外国製ですが、古い型の単純なストーブなので、それほど神経質になる必要はないだろうと、焚きつけ的に針葉樹を燃やしてから広葉樹を投入する方式をとっています。また、広葉樹も薪に最適と言われるブナやナラにこだわらず、サクラ、シラカバ、キハダなどなんでもありのミックス材です。

広葉樹のコーナー↓

c0035245_1122211.jpg


針葉樹のコーナー↓

c0035245_1132917.jpg



今度の冬は暖かく過ごせるでしょう。

c0035245_1162237.jpg


c0035245_1174037.jpg



山に住んでいると家の周りのそこかしこに倒木もあって木だらけ。それなのにわざわざ遠くから原木を運んでくるというのは不思議な感じがします。もちろん、薪を使うことが環境破壊にならないためには、それをしなければならない。

僕は、特に薪ストーブが石油ストーブや電気ストーブよりもエコだと思っているから使っているわけではありません。角度を変えれば、原発が一番エコだという考え方だって合理的に説明できてしまいます。自分はそういう方面の教養がないので、何が正解か分からないというのが正直なところです。しかし、薪ストーブが「温かさ」という点でベストなのは、蓼科の厳しい冬の実体験に照らして間違いありません。だからということもないのでしょうが、親の仇のように敷地いっぱいに薪を積み上げている家もよく見ます。僕はそれを、薪が切れると発狂してしまう「薪精神病」と呼んでいますが、本当に簡単に凍死できる土地なので、寒さを憎む余り薪に異常な愛情を注ぐ気持ちが分からなくもないのです。

c0035245_2111851.jpg




    

     








by hoq2 | 2013-05-26 02:06 | 日記 | Trackback | Comments(0)

蓼科は雪景色

c0035245_1953553.jpg


半月ほど東京にいて蓼科に帰ってきたら普通に雪景色でした。笹子トンネルの崩落事故で中央道が途中で切れているので、渋滞を避けて真夜中に移動。氷点下10度近いので当然ですが、高速を降りると道路はガチガチに凍結、別荘地の中は結構な積雪で、除雪車が来る前だったからサンバーの四駆でどうにか上がれたが、危なかった。途中で止まったら凍死もあるので命がけです。疲れたので翌日は午後まで寝ていた。ゴースケと散歩に出た後、少しだけ真冬の夕景を撮影。


c0035245_19115758.jpg


c0035245_1913267.jpg


雪が冷たいので、ぎこちない歩きのゴースケ。

c0035245_19151835.jpg


c0035245_1915554.jpg


c0035245_19163177.jpg


c0035245_19171384.jpg


c0035245_1918818.jpg


c0035245_19184515.jpg


c0035245_1919182.jpg


c0035245_19195164.jpg


c0035245_1920284.jpg

by hoq2 | 2012-12-11 19:21 | 日記 | Trackback | Comments(0)

冬の空気 八ヶ岳


c0035245_21185688.jpg


今日は八ヶ岳がよく見えました。

暖かい季節は、遠景の山がもやってしまう。肉眼ではっきり見えても(見えるような気がしても)、写真でくっきりと表現するのは非常に難しい。冬の訪れが遅い今年、身が切れるようなクリアな空気にようやく近づいてきたようです。

c0035245_2123536.jpg


c0035245_21273298.jpg


c0035245_21353135.jpg


c0035245_21293520.jpg


八ヶ岳は別荘地のいつも散歩コースからも見えます。

c0035245_2138388.jpg


c0035245_21485717.jpg


時間帯にもよるのでしょうが、今日は下界からの方がよく見えた。完全にクリアになるのは、もう少し寒くなってから。まだ、空の色が少し濁っている。スノーシューでガボッチョでも行くか。そして、藤原新也の『俗界富士』みたいなことをしたいと少し考えている。

c0035245_21542966.jpg


c0035245_2158384.jpg


c0035245_2205047.jpg

by hoq2 | 2012-11-20 22:03 | 日記 | Trackback | Comments(0)

マメびいきの日・浅草

c0035245_16382827.jpg


昨日は、朝早くバッグをしょって散歩。

c0035245_16451212.jpg


c0035245_16464346.jpg


うんちは自分で持ち帰りました。

c0035245_16502620.jpg


そして、アメリカより一時帰国中の犬のしつけインストラクター、川原志津香さんに会うため、東京へ。車でコーフンが押さえられないゴースケには日帰りはきついので、彼は留守番。いつものマメびいきです。

c0035245_16572491.jpg


久々に異常に盛りの少ない都会オシャレパスタを食べ、

マメもアメリカ生まれのベビーと初対面。さすが生まれた時から犬と暮らしているだけあって、とても仲良くしてくれました。

その後下町の仕事場に寄ってNagano Snapshotで使いたかったZeiss Jena の Flektogon 20mm/2.8などを回収し、

c0035245_17134411.jpg


せっかくなので、浅草で大黒屋の天丼を。

c0035245_176114.jpg

c0035245_17165275.jpg


有名店ですが、写真を見て分かるように見た目は黒いし、特においしそうじゃないでしょう。
そして、実際「サクサク、ジューシー、アツアツ」的なことを期待すると怒り出す人もいると思います。

これは、そういうTV的グルメとは一線を画した天丼です。昔ながらの下町の普通の味を普通に守り通しているという、下町っ子にとっては大事なお店なのです。下町の味はタレの色が濃かったりするので味も濃いと勘違いされやすいですが、実は江戸っ子気質のあっさりさっぱりなのです。コンビニやスーパーの味付けのようにベッタリしていないし、関西風の甘い味付けとも対極にあります。そういう味に思い入れのある人間にとっては、定期的に食べたくなる食品の一つ。そうでない人には、むしろオススメしません。

贔屓の「犬印鞄」にも寄りました。

c0035245_17284045.jpg

c0035245_17403244.jpg


道すがらの久々の浅草スナップ。NEX-7 と Zeiss 24mm1.8 & 50mm1.8。

c0035245_17292471.jpg


c0035245_17305088.jpg


c0035245_1731579.jpg




c0035245_17344437.jpg


c0035245_17374297.jpg


c0035245_17384981.jpg


c0035245_17413162.jpg


c0035245_1743036.jpg


c0035245_17435632.jpg


c0035245_17451034.jpg


c0035245_17461189.jpg


c0035245_1747252.jpg


c0035245_17494088.jpg

by hoq2 | 2012-11-17 17:35 | 日記 | Trackback | Comments(0)

初雪


c0035245_19591755.jpg


朝起きて窓を開けると雪が積もっていました。東京は今頃は紅葉でしょうか?


c0035245_2023625.jpg


c0035245_2051611.jpg


嫌がるゴースケと喜ぶマメを連れて散歩。


c0035245_2064714.jpg



c0035245_2075512.jpg



c0035245_209595.jpg


寒さに縮こまるゴースケに対し、



c0035245_2012217.jpg


マメは雪の上を走る。

c0035245_20145597.jpg


c0035245_20383888.jpg


c0035245_20222376.jpg


c0035245_2019564.jpg


c0035245_20253910.jpg


車のタイヤがまだノーマルのままなので、町に降りて新品のスタッドレスに交換。ついでにホイールも。町は晴れたりみぞれが降ったりという天気。夜、別荘地に帰って来ると道路にもしっかり積雪があった。スタッドに替えてなかったら家まで辿りつけないところでした。

by hoq2 | 2012-11-14 20:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)