【21st Century Snapshotman 】秋葉原はやはり奇妙な街だった  2017 11/2


c0035245_00125634.jpg

Nikon F3 Ai Nikkor 20mm F3.5 Ilford FP4 Plus

こういうことは言ってはいけないのだろうが、事実だからしょうがない。秋葉原はやはり奇妙な街である。世界標準では児童ポルノそのものであるモチーフがそこかしこにデカデカと掲示され、その中を縫うように歩く5人に一人ほどは外国人である。海外から非難されても全くおかしくない物たちが、ここではむしろ当たり前に受け止められている。残りの世界の常識とは隔絶された聖域都市然としているから、秋葉原はやはり奇妙な街なのである。

c0035245_00221913.jpg

Nikon F3 Ai-s Nikkor 28mm F2.8 Ilford FP4 Plus

c0035245_00275800.jpg

Nikon F3 Ai-s ED Nikkor 180mm F2.8 Ilford FP4 Plus

c0035245_00302505.jpg

Nikon F3 Ai-s ED Nikkor 180mm F2.8 Ilford FP4 Plus

オタクと言えば、古い世代から見れば「不可解な若者たち」の最たるものである。この街にはもともと若者から高齢者まで幅広い層が歩いていたように記憶しているが、以前は中高年層はオタク文化とは離れた所でこの街に用があるように見えた。しかし、今はその部分を年齢で分けるのは困難で、外国人観光客も入り乱れて、電気街を歩く集団は総体としてヌルっとしたオタク層を形成しているように見える。考えてみれば、オタク第一世代といわれる人たちは、既に還暦を迎えているのだ。

c0035245_00401372.jpg

Nikon F3 Ai Nikkor 20mm F3.5 Ilford FP4 Plus

c0035245_00413944.jpg

Nikon F3 Ai Nikkor 20mm F3.5 Ilford FP4 Plus

c0035245_00435033.jpg

Nikon F3 Ai Nikkor 20mm F3.5 Ilford FP4 Plus

渋谷や新宿がマジョリティの欲望を吸い尽くす街なのに対し、秋葉原はマイノリティの価値観を肯定する街なのではないか。僕もオタク寄りの人間である。渋谷でナンパしたり、歌舞伎町の風俗に行ったことなど一度もないけれど、秋葉原のガンダムショップやプラモデル屋に足繁く通った時期もある。自分がマイノリティだからこそ、マイナーで弱い存在の立場や気持ちが分かるはずである。それなのに、“弱者”を乾いた欲望の玩具にするような行き過ぎた文化には、鬱屈とした狂気を感じる。ここは、マイノリティに勇気を与える素晴らしい街だ。だが、開き直ってメジャーになってしまうと、暗い部分が正論に晒されることになる。マイナーかつ激しいものは、もっとアングラでコッソリやるのが筋だと思うのだ。

c0035245_00585592.jpg

Nikon FE Ai-s Nikkor 50mm F1.4 Ilford FP4 Plus

c0035245_01003974.jpg

Nikon F3 Ai Nikkor 20mm F3.5 Ilford FP4 Plus

c0035245_01041502.jpg

Rollei A26 Ilford FP4 Plus

カメラはニコンF3とFEを使用。新聞社時代はニコンユーザーだったので、原点回帰と言えば原点回帰。きっちりと堅実に撮れる間違いのないカメラとレンズなので、逆にあまり語るべきことはない。FEは自宅に眠っていた妻の古いカメラを呼び起こして初めて使用。レンズは5本持っていったが、最近入手した20mmF3.5を積極的に使ってみた。ブログサイズでは分かりにくいレベルだが、思っていたより全体的に甘い印象を受けた。でも、僕のピント合わせが甘かったせいかもしれない。その証拠に結構前ピンのカットが多かった。レンズのせいにするのは時期尚早だ。

c0035245_01185854.jpg

Nikon F3 Ai Nikkor 20mm F3.5 Ilford FP4 Plus

c0035245_01220595.jpg

Nikon FE Ai-s Nikkor 50mm F1.4 Ilford FP4 Plus

c0035245_01233169.jpg

Nikon F3 Ai Nikkor 20mm F3.5 Ilford FP4 Plus

c0035245_01270568.jpg

Nikon F3 Ai Nikkor 20mm F3.5 Ilford FP4 Plus

秋葉原ほど現実とバーチャル・リアリティの境目が曖昧な街はなかなかないだろう。ガンダムやらプラモデルに夢中になっていた頃の自分が、目の前の現実よりもサイド7やらア・バオア・クーの方を向いてこの街を彷徨っていたから、今アキバを歩いている人たちの肌感覚もだいたい分かる。今だって写真という仮想現実そのものを作りに来ているわけなので、カメラを持った自分との親和性は、銀座や渋谷、新宿といった他の東京の繁華街よりも高いと感じる。それがたとえフィルムカメラというアナログなガジェットであっても、かえってデジタルの本質を知るこの街だからこそ、それを包括するだけの懐の深さはあると思う。

c0035245_00292441.jpg

Nikon FE Ai-s Nikkor 50mm F1.4 Ilford FP4 Plus

c0035245_00310892.jpg

Nikon FE Ai-s Nikkor 50mm F1.4 Ilford FP4 Plus

c0035245_00321521.jpg

Nikon F3 Ai Nikkor 20mm F3.5 Ilford FP4 Plus

c0035245_00355795.jpg

Nikon F3 Ai-s Nikkor 28mm F2.8 Ilford FP4 Plus

c0035245_00373192.jpg

Nikon F3 Ai-s Nikkor 85mm F2 Ilford FP4 Plus

c0035245_00403019.jpg

Rollei A26 Ilford FP4 Plus

c0035245_00421255.jpg

Nikon F3 Ai Nikkor 20mm F3.5 Ilford FP4 Plus

c0035245_00434054.jpg

Nikon F3 Ai Nikkor 20mm F3.5 Ilford FP4 Plus

c0035245_00444647.jpg

Nikon F3 Ai Nikkor 20mm F3.5 Ilford FP4 Plus

c0035245_00454553.jpg

Nikon F3 Ai Nikkor 20mm F3.5 Ilford FP4 Plus

c0035245_00480440.jpg

Rollei A26 Ilford FP4 Plus

撮影から2ヶ月経った今、写真を見ながら振り返っても、やはり夢遊病患者のような秋葉原彷徨であった。

c0035245_00523601.jpg

Nikon FE Ai-s Nikkor 50mm F1.4 Ilford FP4 Plus

  




第2回プラチナブロガーコンテスト



by hoq2 | 2018-01-14 01:10 | 写真(Street Snap) | Trackback | Comments(0)